のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

👇は、第1菜園のミニハウスでトマトの水ストレス栽培を行っている。
現在、水やりをストップしてトマトの木を注意深く間作しながらストレス栽培を行っている。
トマトの品種は、中玉トマトのフルティカ、シンディースウィート、ミディアムルビーの3品種を作っている。
IMG_20240611_14727


👇は、中玉トマトのシンディースウィートの画像である。
一番房が色づき始めている。
今回は、第1房が通常の大きさに育って1個が色づき始めてから、水やりをストップしている。
2本の独立した苗があるのは、挿し木した苗を続けて栽培するためである。
IMG_20240611_20806


👇は、シンディースウィートの5段目迄の房が、着果した画像である。
この段階で、頂芽はカットしてある。
他のフルティカやミディアムルビーも同様に育っている。
IMG_20240611_2482

👇は、露地栽培の大玉トマトのアロイトマトの画像である。
開花してから、斜め植えをしたので、下のほうで着果している。
着果した株の大部分は、摘果したがいくつか1個だけ残して育てている。
無肥料でアロイトマトを2畝作っているが、残っている肥料分の違いか、畝によって育ち方に差が出ている。
IMG_20240611_15471




👇は、露地栽培のミニトマトのトスカーナバイオレットである。
ミニトマトは、苗の大きさが間に合ったので、寝かせ植ではなくそのまま普通に植えてある。
品種によって育ち方に差が出ている。
画像のトスカーナバイオレットやピンキー、鈴なりミニなどは、勢いよく育っている。
もちろん、すべて無肥料栽培を行っている。
IMG_20240611_15848



👇は、紫ダイジョを育てている畝である。
この畝には、大きなムカゴと雁首を植えてある。
木を大きく育てて、種用の大きなムカゴを収穫するものと、早採りして食べきりサイズのダイジョを収穫する計画である。
IMG_20240611_3684

👇は、日当たりの良い休耕地に紫ダイジョの小さめのムカゴを植え付けて、来年度の種薯を育てる計画である。
自然薯のムカゴを種芋にするには、約2年かかり、ムカゴは1年育てると一本種(1年苗)になり、その後さらに1年かけて食用の大きさまで成長する。
紫ダイジョの小さなムカゴは、自然薯のムカゴの大きさよりは大きい。
きっと、1年後には種芋に使える一本種になるかもしれない。
IMG_20240611_479

👇は、第1菜園の西側の日当たりの良い場所に丸形のつくね芋を植えている。
昨年は、春から夏に掛けて日陰になってしまう場所に植えてしまったので、日照不足で芋が大きく育たなかった。
今年は、一番日当たりの良い場所を選んで、作付けた。
IMG_20240611_4978


👇は、ツケウリのハグラウリである。
大きくは育っているが、ウリハムシがたくさん集まってきているので、トレボン粉剤を葉に掛けて、ウリハムシが集らないようにした。
IMG_20240611_43947


👇は、ウリハムシに齧られた大きな葉と、ハグラウリの雌花である。
IMG_20240611_43566




👇は、1株だけ同じ畝の一番南端に植えてあるマクワウリである。
マクワウリは、去年初めて作って2,3個収穫できたものを食べてみたら、ほんのりと甘くて美味しかった。
IMG_20240611_45189


👇は、マクワウリの雌花である。人工授粉はしていない。放任栽培である。
IMG_20240611_44310


👇は、5月30日に植えつけた紅はるかである。
植え付け後12日目の画像である。
植え付け後、葉を枯らさないように藁で日陰を作り、晴れた日は水を掛けて葉の周りの湿度を上げた。雨の日も何日かあったようで、結構たくさんの葉が枯れないで残った。
IMG_20240611_17801


サツマイモの葉が枯れてしまうと、芋の数が少なくなって大きな芋が2,3本着くような感じに育つ。
葉が枯れなければ、形の良い芋が5,6本育つようである。
IMG_20240611_18121



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、露地栽培のミニトマトである。
防鳥ネットをやっていなかったので、カラスに突かれたようである。
IMG_20240610_55195


👇は、ミニトマトの棚に防鳥ネットを掛けた画像である。
IMG_20240610_54420


👇は、隣の大玉トマトの棚にも防鳥ネットを掛けた。上のほうには防鳥糸を張った。
IMG_20240610_5461

IMG_20240610_55611



👇は、万願寺唐辛子である。
万願寺は「黒あざ果」と言われる植物色素のアントシアニンの発生で、黒くなるのが特徴である。
IMG_20240610_20822


👇は、アメリカ産のバナナペッパーである。
IMG_20240610_20396


👇は、大和の伝統野菜の紫唐辛子である。
茎も花も莢も紫色のシシトウである。
IMG_20240610_19577


👇は、黒ピーである。
めずらしい固定種の黒紫色のピーマンである。
IMG_20240610_19914



👇は、とんがりパワーである。
IMG_20240610_21235



👇は、シシトウ、ピーマン、ナスの畝とネギの畝に雑草が目立ってきた。
雨が止んだので、除草をすることにした。
IMG_20240610_29513


👇は、ネギの畝から西側全部の除草作業をした後の画像である。
作業用腰掛台車に腰かけて、捻じり鎌を使って1時間以上かけて除草した。
IMG_20240610_2991





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、自宅から20㎞離れた女化のカボチャ畑である。
前回は、2週間前に来ている。
2株ほど枯れていたので、予備の物を植え付けたが、1株は活着しないで枯れてしまっていた。
IMG_20240609_43133


草もあまり生えていなく、カボチャの木も大きく育っていた。
隣の畑や通路に飛び出さないように、蔓を中央に集まるように向きを変えた。
IMG_20240609_47119


👇は、ロロンカボチャである。
ロロンカボチャは、昨年まではF3の自家採種したものを作っていた。
今年は、種を新しく購入したものである。
👇は、自然交配させているので、着果したかどうかは次に来た時にわかるだろう。
かぼちゃは、開花後完熟するまでには45~50日掛かるようである。
45日後は、7月24日頃である。
収穫は、付け根の茎がコルク状に変化したのを見て判断している。
IMG_20240609_42826

すでに着果して大きく育っている物も何個か出来ていた。
👇の畝には、東京カボチャを植え付けてある。
IMG_20240609_46593



👇は、東京カボチャが着果して、大きく育っている画像である。
東京カボチャの着果が早く、すでに4、5個の着果が確認できた。
次に来るのは6月23日頃なので、その時には収穫時期が判断できるかもしれない。
IMG_20240609_44157


👇は、東隣の畑の方から撮った全体画像である。
IMG_20240609_25860



👇は、今年初収穫した『味なコーン』と言う品種名のトウモロコシである。
「すごく甘くて、生食OK!」と言うふれこみである。
やや小ぶりのトウモロコシであるが、茹でて食べてみた。
相方が、今まで一番甘いトウモロコシだと言った。すごく甘くて、生食OK!は本当だった。

IMG_20240609_46736

👇は、6月3日の脇芽のトウモロコシの画像である。
脇芽欠きをしなかったので、雌花が受粉して肥大している。
脇芽にできたトウモロコシを、今までに収穫したことは無い。
果たして脇芽に着いたものに、実が出来ているのだろうか。
2


👇は、上記の脇芽にできたトウモロコシを、収穫した画像である。
3株の脇芽に着いた、トウモロコシである。

IMG_20240609_46365

👇は、皮を剥いた画像である。皮を剥いたら、複数本に分かれて実が着いていた。
もう少し熟成させれば、食べられるものになったかもしれない。
でも、食べたくなるような形では無かった。
トウモロコシ第2弾の脇芽は、すべて欠くことにした。
IMG_20240609_4651



妻の絵手紙 「ガクアジサイ」

IMG_20240609_13723

 
メドゥセージ
IMG_20240606_3762


ミニひまわり
IMG_20240606_36698

ベコニア

IMG_20240606_35577



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ