のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で100種類の野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

トウモロコシがトンネルの中で大きく育っている。
20210505_141438_copy_2268x3024


👇は、種まきに失敗した枝豆の生き残りを同居させた画像である。
20210505_141458_copy_2268x3024


👇は、畝の反対方向から撮った画像である。
20210505_141624_copy_2268x3024


20210505_141654_copy_2268x3024


トンネルの穴から葉が飛び出してしまったものもある。そろそろトンネルを外す時期か。
ハクビシンがそろそろ動き回っているので、その対策もしなければならない。


20210505_141705_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

『ゴボウのタネは、一昼夜水につけてからまくと発芽がそろいます。好光性種子(光があるとより発芽しやすいタネ)なので、覆土は薄くします。』

ゴボウの立体栽培の準備が終わっていたので、一昼夜水につけた種を蒔いた。
20210508_073922_copy_2268x3024


ゴボウのリードする谷の部分に伸びるように、種の位置を決めて3粒ずつ蒔いた。発芽後に1苗に絞る。
20210508_073903_copy_2268x3024


種を置く位置に、浅く穴を開けて種を入れた。縦に3粒ずつ蒔いた画像。
20210508_073914_copy_2268x3024


種を蒔いた後に、その上に燻炭を撒いて種を地面に押し固めた。
20210508_074359_copy_3024x2268


➡前の記事へ「


 本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

20㎞離れた女化の畑に行った。
先日、踏み固めた枯草が飛ばないように、遮光ネットを利用して被せた。カボチャの蔓の敷き藁の役目も兼ねている。遊び畝は6畝あるが遮光ネットが3畝分しかなかったので、とりあえずキュウリネットで残り3畝は抑えた。

20210508_111609_copy_3024x2268

井原本からの抜粋


2


3


不耕起栽培である。株間1mで中間に穴を掘って、待ち肥に化成肥料を2つかみぐらい撒いた。
その跡、草木灰をたっぷり撒いた。
20210508_111548_copy_2268x3024



下の画像の粒粒は、化成肥料である。
20210508_111542_copy_2268x3024




 👇の画像で、ブルーのシートは隣の畑との境である。隣にカボチャの蔓が這って行かないように、敷き藁は置かなかった。
20210508_111519_copy_2268x3024


👇は、遮光ネットが足りなかったので、キュウリネットで敷き藁代わりの枯草が飛ばないように抑えた。
20210508_111502_copy_2268x3024


次の週の5月16日には、定植する予定である。その時に遮光ネットを持って行って、残りの3畝に張ろうと予定している。
20210508_111453_copy_2268x3024



➡前回の記事「



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


↑このページのトップヘ