のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で100種類の野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

👇の画像は、坊主知らずである。昨年6月に収穫し干しネギにして置いた。そして、梅雨の直前に植え付けた。
それがいけなかったようだ。根が出る前に軟腐病のようなものに罹って、どんどん溶けて行った。
今までに、その時期に植え替えた経験も、またネギが溶けていく経験もなかったので、そのままにして置いた。そうしたら、3分の2ぐらいが溶けてしまった。

8か月ぐらいかかって、ようやくここまで復活した。
20210302_073043_copy_2268x3024

👇は、採種しようと思っている下仁田ネギである。
20210302_073049_copy_2268x3024

👇は、足長美人である。坊主知らずの改良品種で、白い部分が長くなるようである。まだ、違いを確認できていない。坊主知らず同様、昨年の梅雨時期に瀕死の状態にまで作落ちしてしまった。
何とか、数も増えてきたので、4月ごろになったから株分けして、量産体制に入るつもりである。
20210302_073100_copy_2268x3024






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

👇は、一番大きな子持ちタカナの株である。
何処に子が着いているのかわからない。
20210302_073138_copy_2268x3024

👇は、拡大画像である。よく見ると、頂点に小さな子が固まっているのがわかる。
20210302_073144_copy_2268x3024

他の小さな株にも、株の頂点付近に子が固まって着いている。
20210302_073149_copy_2268x3024

大きさに関係なく、時期がくれば花芽のように、どの株の頂点にも子が着くようである。
20210302_073151_copy_2268x3024

今年分かったことは、トンネルをして上手に育てれば越冬させられることと、時期がくれば大きさに関係なくどの株にも子がビッシリと着くことである。
20210302_073205_copy_2268x1701

去年までは、葉の付け根に子ができるのだと思い込んでいて、なかなか出来ないので育ちが悪いのだろうと、途中で破棄してしまったこともあった。
20210302_073158_copy_2268x1701

まだ、収穫時期をはっきりとは理解できていない。そして、子と言っているのは、果たして葉芽なのか、それとも花芽なのかもわかっていない。
20210302_073208_copy_2268x1701



『子持ち高菜は、一般的には脇芽を収穫されるのですが、主軸の頭にも芽が沢山付きます。その頭の部分の塊がバラされずにそのまま販売されていたので買ってみました。これは「祝蕾」で、一塊で大小10数個の芽が付いていて随分重みがあります。』転載元

密植して植えてあるので、まだ10株ぐらい残っている。
20210302_073214_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


👇は、日曜日にジャガイモを植えた畑である。
一雨降ってシットリとした。
20210302_072740_copy_2268x1701



👇は、ニンニクの畝である。
こちらも、恵みの雨となったようである。
20210302_072807_copy_2268x3024



👇は、ジャンボニンニクであるが、普通のニンニク並みの大きさである。一片ニンニクを埋めたわけであるが小さかったためだろう。
20210302_072818_copy_2268x3024



👇は、ホワイト6片である。株間を15㎝×30㎝と広くとったので、ゆったりと育っている。
20210302_072825_copy_2268x3024



👇も、同じホワイト6片であるが、こちらはあとから植えたもので、株間を15㎝×15㎝と玉ねぎ用の7穴マルチを利用したものである。上のニンニクのほうが早く萌芽したのに、こちらのほうが茎の伸びが早くなっている。
20210302_072833_copy_2268x3024




👇は、YUKI紫ニンニクである。昨年作ったときに、鱗片が小さく分げつしてしまってたくさんの鱗片ができてしまった。個性なのか、作り方が悪かったのかわからない。
20210302_072840_copy_2268x3024




👇は、中国ニンニクの比較的大きな鱗片を種に使ったが、全部発芽したがその後の生育が悪く枯れてしまったものもある。ちょうど真上に樫の木があり、樫の実が落ちたことで具合が悪かったのだろうか。
20210302_072845_copy_2268x3024






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ