のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

キャベツの年間栽培の実験
昨年までの栽培では、1月、2月、3月、4月、10月、11月、12月の7か月の収穫が出来た。
今年度は、5月、6月、7月、8月、9月の5か月の収穫を目指す。

5月収穫予定のキャベツが2個残っていたが、青虫が何匹かいてこれ以上置いておけないので、5月1日を待って、収穫した。



5月1日収穫 ←2018年9月23日播種

9月23日以降の播種であれば、5月収穫が可能であることが分かった。

20190501_113334




今年の実験栽培

キャベツの年間栽培 計画(前期)
1月初旬日播種(温床)→5月~6月収穫          1月5日播種
1月中旬播種(温床)→ 6月中旬収穫          1月26日播種
2月中旬播種(温床)→7月収穫  2019年度予定  2月23日播種
3月中旬播種 →8月収穫  2019年度予定      パス
4月中旬播種 →9月収穫  2019年度予定     4月15日播種        
5月中旬播種 →9月下旬  2019年度予定     5月15日播種予定    



1月5日播種→ 収穫予想6月初旬

20190501_151332






1月26日播種→ 収穫予想 6月初旬から中旬

20190501_151530






2月23日播種→ 収穫予想 7月初旬

20190501_151409







4月15日播種→ 収穫予想 8月~9月

20190501_151213



本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)


イメージ 5  イメージ 6



秘密基地の駐車場に小さな庭園を造った。
それは、秋に紅葉を楽しむ箱庭だった。

しかし、一向に紅葉する様子は無かった。
葉が虫に食われたり、紅葉する前に枯れて落ちてしまった。

しかし、春になると奇麗な淡い緑色の葉が展開する。
こちらは、毎年期待を裏切ることは無い。



20190430_154858






下の画像の大きなほうの木は、メグスリノ木である。
そして左側は、シラキと云う秋に真っ赤に紅葉する木である。


20190430_154907







下の2本の木は、どちらもハウチワカエデある。
この葉が秋に全部真っ赤に紅葉したら、どんなにか奇麗であろう。
しかし、残念ながら毎年期待しては、裏切られてしまっている。


20190430_154917





下の3本の木は、すべてモミジである。
どれかはイロカモミジであるが、忘れてしまった。
イロハモミジの紅葉は、京都の嵐山が有名である。


20190430_154931







20190430_154943





真ん中の背の高い木は、ナナカマドであるが一度も紅葉したことは無い。
東北地方や北海道では、秋に真っ赤に紅葉する木である。


20190430_155021







本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)


イメージ 5  イメージ 6




一畝に3条作ったのがそもそも無理だったようだ。
1株を脇芽5本に剪定したまでは良かった。

その後、孫芽まで出てきていっぱいになったらそのままにしてしまった。
まるでジャングルのようになってしまった。

20190430_141703_R





中を覗いてみた、余り着果していないようだ。
風通しも悪いだろうし、受粉も上手くいかなかったのかもしれない。
数が半端じゃないので、全体で考えればたくさん収穫は出来るだろうとは思っているが。


20190430_141432_R






下の画像は、余った苗で1条だけ種採り用に植えたものである。

20190430_141632_R





ほとんど放ったらかしだったが、しっかりと着果しているようだ。
周りに障害物も無く、風通しも良かったのでしっかり実をつけたのだろう。


20190430_141601_R


















本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)


イメージ 5  イメージ 6





↑このページのトップヘ