のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

スイス ベルン No3
4/4 金
世界遺産ベルン旧市街観光
 
フランスの高速鉄道。最高時速320キロ。
 


パリ市にある「リヨン駅」の時計台
 
 

 
 

 
 
「リヨン駅」という駅名はパリからリヨンへ向かう鉄道の起点、あるいは旧パリ・リヨン鉄道の駅という意味である。パリ市内やその近郊では単に「リヨン駅」と呼ばれる。なお、リヨン市には「リヨン駅」という名の駅はない。

 

 
定年間際で病気を患い早期退職したそうで、その時に人生観が変わり海外旅行を楽しんでいるとのことだった。
 


 
大学生のお孫さんとの二人旅。5日目にご婦人には大変にお世話になった。
また、大学生のお嬢さんにもWiFiのつなぎ方を教えていただいた。
 
 


2階席の真ん中あたりに食堂車があり、軽食や温かい飲み物を頂くことができる。
 
 
 


パリからリヨンを通ってジュネーブに着く

 

 
 

 
 


スイスの物価と月収
 
『スイス人の平均月収が50万円、 最低賃金は34万円 。レジのアルバイトは時給1,500円、家のお手伝いさんは時給2,500から3,000円。
 
物価ランキングでも世界一高いスイスで日常生活で見慣れた価格は、卵10個が 約580円、トイレットペーパーは12ロールで 約750円 など等。(ちなみに1.5リットルの水は約950円。
 
市内中心部の2LDK(60~70平方メートル)の家賃は、約16万円から約25万円。』
 


 
ベルン

 

 
 


ベルンのバラ公園にはバラではなく水仙が咲き誇っていた。

 

 
 
ベルン熊公園
 
熊が4匹飼われていると言うが、3匹見つけることが出来た。
 

 
 


 
『ベルン(Bern)という市の名前の語源については、幾つもの説がある。その一つにベルトルト5世が近隣の森で、一番初めに仕留めた動物が熊だったことから、 熊=BärにちなんでBernとされたと言う説が好まれているようだ。』
 
 

 川を挟んだ隣がバラ公園、そこからのベルン旧市街の景観

 
 
 
バラ公園の土手には、ソメイヨシノの桜の花が満開だった。

 
 
ベルン旧市街地に入る
 


大聖堂
 

 
 

 
 


 

 
時計塔
 


時計台の前でパフォーマンスをする大道芸人に気を取られてしまった。
 


グリンデルワルト
 
 

 

スイスの大学進学率
『人口比でノーベル賞受賞者数は世界最多、国民一人当たりの特許申請率も世界トップレベルのスイス。大学生の学力低下が叫ばれて久しい日本とは対照的に、スイスの大学は教育レベルの高さで国際的高水準を保っている。大学に進学する若者は約20%と、スイスの大学進学率はかなり低い。その理由は、9年間の義務教育終了後、大学進学に向けた普通高校と、学校と実務を兼ね備えた職業訓練とに教育の道が分かれるからだ。』
 
『中間試験では4割の学生が試験に落ち、さらに卒業試験では2割の学生が落ちた。卒業試験には六つの口答試験と三つの筆記試験があり、そのうちどれか一つでも合格しないと、半年後にまた全試験をやり直すことになる。再試験にも失敗すると、もうその学科にはいられない。それまでの5、6年間が無駄になってしまう』
 
 

 

ベルデーレホテル
スイスのホテルは四つ星だった。
二部屋あり、寝室の横にはトイレとシャワールームが別に備え付けられていた。
もちろん居間の隣のシャワールームはバス付きであった。
 

 
手前は居間で奥が寝室である。
 

 
 


しかしながら、私たちの部屋から見えるのは中庭だった。
一方、他の方達は、スイスの山々が間近に見える最高の部屋であった。
 

 
 

 
 
 
 

 
(緑色) 軍隊を保有していない国家。
(青色) 志願制の国家。
(オレンジ色) 3年以内に徴兵制を廃止予定の国家。
(赤色) 徴兵制を施行している国家。
(灰色) 不明。

 
ふと感じたことは、日本はアメリカ頼りで、今の自衛隊で国が守れるのかと考えてしまった。ま、中国や韓国が攻めてくるのは、私が死んだ後だろうから。いいか。
 
 
 
 
[2014/04/10 07:17



スイス ユングフラウ No4
4/5(土)スイス観光
 

 
 
本日は、世界遺産ユングフラウ観光である。観光時間約6時間。
 

 
 グリンデルワルトの朝の風景
 

 
クライネ・シャイデック駅でユングフラウ鉄道に乗り換え、ヨーロッパ最高地点の鉄道駅、ユングフラウヨッホ駅へ向かう。
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 

 
 

 
 
ユングフラウヨッホ駅
 

 

 
 
駅からエレベーターで標高約3571mのスフィンクス展望台へ登る。

標高3571mのスフィンクス展望台

 
  

 
 
手に持っているのは、ユングフラウヨッホ訪問証明書である。
 

 
 ユングフラウ鉄道開通100周年記念アトラクション
 
 

 
 
 
 氷の通路を通って行くと、そこには氷の作品があった。
 

 
 
 
 
展望台の外に出ると、そこは氷点下の世界。
あっという間に手はかじかんでしまった。
 

 
 
寒さの中、これでもかと記念撮影。
 

 
 
 世界遺産アレッチ氷河 

 
 
 
待ちに待った昼食。
ユングフラウヨッホ駅のレストランでのスイス料理を食べた。
名前は忘れてしまった。
 
 

 
 

 
 
なにやら、怪しい外国人が迫ってきて、キャーキャー騒ぎはじめた。
画像には見えないが、面白い日本人女性を見つけて、喜んでいるようだった。
 
 
パトラッシュを中心にして35人の記念写真
 

 
 
 
ツアー客の中に、どう見ても怪しい人物がいた。
 

 
全員が無事、下山することが出来た。
3571mというと富士山の高さに近い。
空気が薄く、酸欠で頭が痛くなった。
 
 
帰りの電車の中で、先ほどの商売犬パトラッシュとの撮影である。
本当は、タレントなので無料での撮影はお断りなのだが。
 
 
 
気持ちはハイになって、誰とでも見境無く記念写真を撮る。
ポイントは首に巻き付けている自家製の「藍染め作品」である。
 

 
 
かなり低い所まで列車は降りてきて、車窓からはのどかな麓の風景が見渡せる。
 

 
 
 

 
 

 
 
「具合はどう?だいじょうぶ?」
「うん。なおった。酸素が薄くてね、手が動かなくなったのよ。」
 

 
私が彼女を見かけた時は、例の奇妙な外人達が「キャーキャー」騒いでいた時の中心にいたのだったが。外人以上に激しく飛び跳ねていたと思った。
3571mの高山で、飛び跳ねてはいけない。
 
 

 
 

 
続いて、バスに乗ってザンクトガレンの観光へと向かった。
 

 

 
 

 
世界遺産ザンクトガレン修道院内大聖堂観光 
ザンクトガレン修道院 - Wikipedia
 

 
 
 
 

 

 
 
 
スイスからドイツに行く途中にオーストリアの一部を通過した。つまり、今回の旅は、フランス→スイス→オーストリア→ドイツの4カ国巡りの旅であった。
 
オーストリアの家並みと風景を車窓から撮った。


 
 

 
 

 
 


 
 
そして、バスはホテルに到着した。
しかしながら、私の体調は、最悪の状態となっていた。
パリでもスイスでも、田舎ものの私には、あのカッチカッチのパン食は、なじめない。
それどころか胃酸過多で、胸焼けが悪化してしまっていた。
 
 
 
ホテルビッグボックス

 

 
 
ホテルビックボックスのとなりの総合スーパーに、妻と二人で胃の薬を買いに行った。
薬屋さんには薬剤師さんのような女性が二人いたが、どちらもドイツ語を話した。
私はフランス語ならペラペラだが、ドイツ語は苦手だった。
英語の少し話せる妻が、なんとか「胃酸過多」というのを説明した。
 
私が持っていた「太田胃散」のサンプルを見せたが、日本語で書いてあった成分表を理解して貰うことは出来なかった。
 
なんとか、妻の英語と私のパントマイムで、薬を買うことは出来た。
 
 
 
夕食のメニューである。
 
 

 
 

 
 

[2014/04/10 19:26



フランス パリ市内観光 No2
4/3(木) フランス パリ観光
 
パリ市内はほとんどが歴史を感じさせる重厚な建物ばかり
 
パリはフランスの首都で、Île-de-France(イル=ド=フランス)地域圏の首府。
現在パリ市内の人口は約219万人で、面積は約105km²。
パリは、北緯48度50分、東経2度20分に位置していて、日本の稚内(北緯45度)よりも北。
しかしながら、温かい北大西洋海流と偏西風により、一年を通して比較的温暖。
 

 

 
☆ルーブル美術館 2時間観光
 

 
『エロスの接吻で目覚めるプシュケ』、アントニオ・カノーヴァ。
1787年に制作依頼、1824年に完成
 

 
その裏側からの画像がまたいい。
 

 
 
 
『ミロのヴィーナス』はルイ18世の時代にルーヴル美術館に収蔵された彫刻。
 


 
レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』。
レオナルドがフランソワ1世の宮廷に滞在していたときに現在のかたちとなったと言う。
 

 
じっさいに『モナ・リザ』を撮ろうとすると大変である。
 

 
 
 
 

『民衆を導く自由の女神』、ドラクロワ(1830年)

 
ルーブル美術館をくまなく観光するなら3日間は必要だろう。
2時間という時間で見るとするならほんのさわりの部分かも知れない。
 
 

 
 
 
さて、美術鑑賞の後は、フランス料理の「エスカルゴ」をいただく。
私のイメージとしては、子供の頃に食べた「タニシ」である。
さほどうまい物ではない。
こんな物が名物料理とは、フランスも貧しかったに違いない。
 

 
☆凱旋門
 
『凱旋門(がいせんもん)は、軍事的勝利を讃え、その勝利をもたらした将軍や国家元首や軍隊が凱旋式を行う記念のために作られた門。発祥の歴史は古代ローマ時代まで遡る。』
 
☆コンコルド広場
 
『1755年、アンジュ=ジャック・ガブリエルによって設計され、当初ルイ15世の騎馬像が設置されていたため「ルイ15世広場」と呼ばれていた。その後、フランス革命の勃発により、騎馬像は取り払われ、名前も「革命広場」に改められた。フランス革命中には、ルイ16世やマリー・アントワネットへの処刑が行われた刑場でもある。』
 

 
 

 
 
 
☆ベルサイユ宮殿 1時間30分観光
 
『ヴェルサイユ宮殿は、ルイ14世が建造した宮殿である。そのため、フランス絶対王政の象徴的建造物ともいわれる。ルイ14世をはじめとした王族と、その臣下が共に住むヴェルサイユ宮殿においては、生活のすべてが絶対王政の実現のために利用され、その結果さまざまなルール、エチケット、マナーが生まれた。』
 
 
 

 
 

 



☆エッフェル塔
 
『フランス革命100周年を記念して、1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のために建造されるべくコンペティションが開かれた。ここで、ギュスターヴ・エッフェルほか2者の案が採用になった。設計者がステファン・ソーヴェストル、モーリス・ケクランとされたり、エッフェルは工事を請け負ったにすぎないとされたりするが、当時ソーヴェストルとケクランは、2者ともエッフェル社の社員で、エッフェルとともにコンペに参加していた。最終的にはエッフェルが著作権者となり、この塔の名前の由来になった。』
 

とにかく忙しい。
一日でパリにある有名な建造物を全部見ようとするのだから、無理がある。
 
「さあ、ここがパリのエッフェル塔ですよ。急いで下さい。次の日程が押してますから、ぱっぱっぱっと記念撮影して、とっとっとっとバスにお帰りください。」という感じだろうか。
 
 

 
 
なにやらデモがあった。
楽器を奏でながらおよそデモとは思えないデモであった。
 

 
 
 
☆セーヌ河クルーズ 1時間
 
 

 
 

 
 

 

 
 

 
 

 
 
パリのホテル泊
 
さて、ディナーはどんなものだろう。
 

 

 
メインディッシュ ジャガイモとローストポーク

以上。
 
旅アンケートに答えた。
「食事 評価 1」
[2014/04/09 08:42

フランス モン・サン=ミシェル No1
4月1日 火曜日 成田出発 13:55 
 
全日空 NH205便
 

 
座席はとても狭いが、長旅には映画やビデオを視聴することが出来る。
 

 
機内食は、洋食と日本食があり、今回は日本食を食べた。
個人的な感想は、今回の旅行での食事で一番美味しかったのが機内食という感じであった。涙
 

 
19:25   パリ 4/1 シャルル・ド・ゴール空港着 
飛行時間 12時間30分

 

 
 
カンパニール パリ エスト ポルト ド バニョレ ホテル泊
 

 
このホテルに3泊することになるが、お世辞にも良いホテルだったとは言えない。
 
「※バスタブ無しのシャワーのみのお部屋となります。」と、旅物語のしおりには書いてあったが、部屋ごとに違うため、期待されないように、あらかじめバスタブ無しと書いておくそうである。
 
旅慣れた人たちのツアーのようであり、「旅物語」よりは「ルックJTB」のほうがランクは上だと言っていた。
 
と言うわけで、この後、年寄りには「終活」のような過酷な行軍が続くこととなる。
 
 
 
2日目の朝は、小雨模様であった。
女性陣に大人気の「モン・サン=ミシェル」観光である。
しかしながら、パリ市内からバスで359kmの移動である。
 
車窓からのパリ市内の道路状況である。
朝の通勤ラッシュ。
これから片道5時間ぐらいのバスの旅が始まった。
 

 
パリと言えば、セーヌ川が流れている。
3日目には、セーヌ川のクルーズが計画されている。
 
セーヌ川は、くねくねと曲がりながらゆったりとした流れである。
 

 
 
愛想の良いドライバーと記念の撮影だ。
旅行用の笑顔も身についてきた。
 
 

 
 
 
パリ市内を通過して高速道路に乗ると、このような風景が、延々と続くことになる。
見渡す限り、小麦畑かこのような菜の花畑である。
 
フランスは農業国であったのか、パリ近辺には山がないようだ。
 
 

 
昼頃に、ようやくモン・サン=ミシェルに到着した。
地平線の真ん中に見える三角の形のものがそれである。
海の中に浮かぶ小さな小さな島のお城である。
 

 
 
モンサンミッシェルへ行く道は、諸事情で乗り入れが出来ない。
シャトルバスに乗って島に上陸しなければならない。
そのため、バスが駐車できて、シャトルバスに便利なレストランでの昼食となった。
 
この地区には、名物の「プラールおばさんのオムレツ」がある。
 
「名物に上手いのも無し」という日本のことわざがあるが、ここの名物のオムレツは、ほとんど詐欺のような感じだった。
 
皿にのった薄卵焼きを、フォークでひっくり返したら、泡だけで、味もなく、単なる卵味だった。
 
 
 

 
 
 
 
さてメインディッシュは、シャケのムニエルとカッチカッチのパン一個。以上。
 

 

 
 
わざわざ、ここまで来て、牛の置物と記念撮影することはないと思うが。
撮りたいというのだから、なにか思いがあるのだろう。
 
 

 
さて、ようやく目的のお城をバックに記念撮影。
この道路のために、水流の流れが悪くなり、道路の回りにどんどん砂が堆積して、島ではなく半島のようになってしまったようで、道路を撤去する工事を始めたようである。
 
 
 

 
空から見た時に英仏海峡に浮かぶ要塞のような修道院の姿を取り戻す工事でもあるようだ。
 
 

モン・サン=ミシェル - Wikipedia
 
モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)は、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島であり、同名の修道院がある。モン・サン=ミシェルは「聖ミカエルの山」の意で、旧約聖書にその名が記される大天使・ミカエルのフランス語読みに由来する。行政上はル・モン=サン=ミシェルというコミューンを形成する。
カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年「モン・サン=ミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった。」
 
 
モン・サン=ミシェルの位置
 

 
今回の添乗員さんは、総勢35名という人数を一人で面倒見ることになっている。年の頃は40代前半か、良く走り回ってサービスをしていた。
辛口の彼のユーモアが、和やかな雰囲気を常に作り出していた。
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

  
頂上の広場で添乗員さんとフランス人のガイドさんの説明を聞く。

 

 
 
 
修道院下の狭い路地は店が立ち並び観光客で溢れている。
 

 
 
2時間の観光が終わり、
同じ道をパリ市内まで戻ってくる。
 
 
 
 
[2014/04/08 21:19]

↑このページのトップヘ