のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で100種類の野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

今年の玉ねぎ栽培は、元肥に1畝45kgの鶏糞を投入した。2.5kg/㎡の量である。肥料はその1発だけである。
しかし、全体的に下の畝は、育ちがバラバラである。原因として考えられるのは、鶏糞を撒いて耕してから、苗を定植するまでに1ヶ月の期間寝かせてしまったこと。もう1点は、苗が伸びすぎていたのでカットして植えた事である。

👇は、超極早生春一番である。玉の大きさが3cmに膨らんできた。

20210225_081740_copy_2268x3024


全体的に、まだ玉は膨らんではいない。
20210225_081753_copy_2268x3024

春一番は、全部で100本植えてある。
3月下旬の収穫を目指している。昨年は、3月31日に何個か収穫できた。
20210225_081758_copy_2268x3024

👇は、早生のソニックである。
こちらは、特に育ちがバラバラになっている。
肥料が効いた所と、そうでない所の差が激しい。
原因は、上にあげた以外は、全くわからない。

もう一度、マルチを剥がして耕耘しなおそうとも思ったほど、土が固まっていた。
20210225_081830_copy_2268x3024


ソニックは、大きく育った苗と小さいまま溶けてしまったり、小さいままの苗が出ている。
20210225_081845_copy_2268x3024


👇は、中晩成種の平安球型黄玉ねぎである。
こちらの畝は、鶏糞を蒔いて耕耘した後、10日ぐらいで定植した。
苗を大きく育っていたが、葉を切らずにそのまま定植した。活着も良かった。
20210225_081917_copy_2268x3024


全体的に育ちはまだまだであるが、全体的に同じような大きさに育っている。
20210225_081922_copy_2268x3024



👇は、晩成種のノンクーラーである。
20210225_081944_copy_2268x3024



定植したときに苗の大きさは、どちらも同じようであったが、ノンクーラーのほうが全体的に大きく育っている。
20210225_081952_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


👇は、第3弾のほうれん草である。
収穫を始めた。
20210224_081849_copy_2268x3024

👇は、トンネル栽培で越冬した子持ち高菜である。
20210224_081903_copy_2268x3024

株の中心に、子が固まっている。1株収穫してみたらコリコリ感のある立派な子であった。
20210224_081912_copy_2268x3024


👇は、別の株の中心の子の塊である。
20210224_081921_copy_2268x3024

👇もまた別の株の中心に育っている子である。
20210224_081928_copy_2268x3024

👇は、一番大きな株であるが、上の画像のような子の塊がみられない。
20210224_081940_copy_2268x3024

👇は、「のらぼう菜」である。交配したのか、葉の広いものもある。
あるいは、葉の広いものが「のらぼう菜」かもしれない。
20210224_081951_copy_2268x3024

👇は、花が満開となってアスパラ菜F2である。
20210224_081959_copy_2268x3024

👇は、育ちの悪かった「な花」である。
20210224_082003_copy_2268x3024

👇は、レタスであるが残念ながら溶けてしまった。
20210224_082007_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

温床の2月24日の画像である。
温床の内部の育苗状態の観察記録である。
20210224_081016_copy_2268x3024


Aブロック 切り返し時は内部温度は24℃であったが、2日後には51℃に上がっていた。
1


Aブロックは、セルトレイでミックス野菜の発芽、ネギの育苗、サツマイモの芽出し。
20210224_081023_copy_2268x3024

👇は、Bブロックである。トマト、ナスの台木の育苗、第1弾のナスの育苗。
20210224_081035_copy_2268x3024

Bブロックの内部温度が、42℃に低下している。明日か明後日には、切り返しが必要である。
20210224_081038_copy_2268x3024

👇はCブロックである。ナス科の育苗をしている。
白い発砲板で覆っている場所には、ケースに入れたサツマイモの芽出しをしている。
20210224_081044_copy_2268x3024

Cブロックの内部温度は、60℃である。
20210224_081047_copy_2268x3024


Çブロックのサツマイモのケース内の温度は、28℃である。
5fc65423-s


👇は、Dブロックである。ミックス野菜、レタス類、カルガナスの第2弾等を発芽させている。
内部温度は、56℃である。
603b5cf5-s




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ