のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

👇は、ブドウハウスである。ピオーネと巨峰を育てている。
ピオーネは1房30粒を目標に、巨峰は35粒を目標に、日差しが強すぎる日はブドウハウスの摘粒作業を行ってきた。
IMG_20240619_45805


👇は、ほぼ摘粒が終わった房の画像である。
摘粒は、込み合っている物や周りの粒と比べて小さいものを落とした。
全部で70房から80房生っているので、結構時間がかかる。
IMG_20240619_43267


👇は、30粒ぐらいの房に摘粒した画像である。
IMG_20240619_46224



IMG_20240619_42781


👇は、秘密基地の西側にある境界の土手である。
以前は杉の木が何本か植えてあった山の続きである。地主は教え子の親の山であったが、菜園を始めた時に邪魔になる木は自由に伐採して良いとの許可をもらっていた。
三角土地の様な場所だったので5,6本の杉や樫木が生えていた。相棒に切り倒してもらった。その後は、篠山になっていた。
昨年から篠竹を刈り払い機で整備して、燕麦の種を蒔いたりした。
今年は、さらに開墾してカボチャと紫ダイジョを植えてある。
IMG_20240620_3432


👇は、HAL_Kさんから種を頂いたバターナッツを2株植えてある。
IMG_20240620_31338



バターナッツの雌花が咲いている。
IMG_20240620_3271



南北に10mの長さで、幅は5mぐらいの土手になっている。
IMG_20240620_34735


👇は、ハマユウの花が咲いている。
IMG_20240620_33603



👇は、第1菜園のサツマイモの垂直栽培の棚である。一番西の外れである。
黄色いカンナが咲いているのは境界の土手である。隣の畑は1mぐらい下がっている。
カンナは大きくなるので、夏には刈払い機で刈り取ってしまう予定である。
IMG_20240620_32860




👇は、紅はるかの苗であるが、画像のように生長点のある蔓から複数本の脇芽が出ている。
昨年は、脇芽もすべて垂直に棒に縛り付けた。しかしながら何本も出てくるので、ものすごい葉の量となってしまった。
シルクスウィートは、脇芽の数が少なくすっきりとした株となった。
シルクスウィートは110日ぐらいで収穫できたが、紅はるかは140日ぐらいの時間がかかった。
どうやら蔓ボケ状態になってしまったようである。
今年は、脇芽が多すぎる時は、切り取って間引きしてみようと思っている。
0109

サツマイモの蔓から出ている脇芽や葉が多すぎると、蔓ボケ(ツルボケ)と呼ばれる現象が起こることがある。蔓ボケは、根を肥大させるべき養分が葉や茎に優先的に使われ、根が大きくならない状態を指す。』


👇は、シルクスウィートが2畝、紅はるかが1畝植えてある棚である。昨年、紅はるかを植えたら蔓と葉が多かったため蔓ボケ状態になり、収穫に日数が多くかかったので、紅はるかは、1畝にして他の2畝は西の端と畑の真ん中に1畝作った。
IMG_20240620_29444



👇は、同じ日に植えたシルクスウィートである。
こちらは、生長点から1本の蔓が伸びていてすっきりしている。
脇芽は余りでないので、風通しも良くすべての葉に日が当たり、芋の育つ日数も短くて済むようである。
紅はるかと一緒に育てて見て、品種によって育ち方が全く違うことが分かった。
IMG_20240620_30257




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、1週間ぐらい前に除草した第1菜園つくね芋を植えてある畝間である。
IMG_20240619_38207


結構草が生えている。これを放っておくと直ぐに草だらけになってしまう。
IMG_20240619_36622


両畝を草刈り用の鍬で。雑草を欠き切ったのちに、熊手で集めて隣の土手に捨てて終わりである。
10分も掛からない作業である。
1週間か2週間に1回のペースでやって置けば、草まるけにはならない。
IMG_20240619_46401



👇は、先日防獣ネットと防鳥ネットで囲ったネットハウスの中である。
現在オオマサリとオクラとキュウリを作付けてある。
オオマサリの畝間に小さな草が生えていたので、中耕の感じで畝間の土を移動させた。
ここも10分ぐらいの作業時間で終わった。
IMG_20240619_39503

反対側から撮った画像である。オオマサリとオクラとキュウリが植えてある。
IMG_20240619_4025

👇は、秘密基地の入り口のビワとサクランボの木である。
3



👇は、ビワの木を上に高く伸びていた枝を横に伸ばしている画像である。
これはまる八さんの果樹園のビワの仕付けを見て真似したものである。
食べ蒔きしたビワであるが、来年か再来年には、花が咲き実がなるだろう。
IMG_20240619_38986


👇は、昨年の春に苗木で購入したサクランボの佐藤錦とナポレオンである。
今年で接ぎ木後3年目の木となる。
サクランボも上の画像のように大木になってしまうので、鉄パイプを組んで枝を横に縛り付けて、低い高さに仕立てようと思っている。
IMG_20240619_37657

2




👇は、本日の収穫した野菜である。
ラリーノホワイトとどかなり千成
IMG_20240619_38270



アロイトマト
IMG_20240619_4496



シンディースウィート、ぷちぷよ、フルティカ
IMG_20240619_45319


碧南鮮紅五寸人参
IMG_20240619_44404


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、6月に採取した篠原早生白玉葱の種の発芽テストの画像である。
6月14日に、タッパーにキッチンペーパーを敷いて10粒の種を浸水させた。
それを19℃の貯蔵穴に入れて発根を待ち、6月18日に取り出した。
6粒が発芽した。採種した種は、十分に熟成していたと思われる。
IMG_20240618_40581


👇は、引き続き発根した種をポットに植え付けて発芽させてみる。
IMG_20240618_43931


👇は、今年の篠原早生白玉葱の栽培計画である。
十分に熟成した種を採ることが出来たようなので、下の計画で、7月1日、7月15日、8月1日と3回に分けて、種を蒔いて育苗する。
昨年は、8月1日に畑の苗床に直播したために、遮光ネットはしたものの酷い発芽率だった。
その後、9月1日に購入した加津佐13号の種を浸種発根させてからセルトレーで育苗した。
こちらの苗作りは上手く行った。
なので、今年はすべて浸種発根してからセルトレーで育苗する計画である。
1


👇は、本日の雨の中のアロイトマトの様子を撮った画像である。
「アロイトマトは、露地栽培でも実割れをしないことが知られています。
実割れの主な原因は、以下の点です。
乾燥が続いた後の急激な雨降り: 土壌が乾燥した状態が続いた後に大雨が降ると、根が急に水分を吸い上げて実が肥大します。しかし、実の皮が急激な肥大に追いつかず、亀裂が入ってしまいます。
アロイトマトは、この点で他の品種よりも耐性があるとされています。」
アロイトマトの露地栽培は、すでに6,7年は続けている。
昔のトマトのように、露地栽培で作っても雨が降っても実割れしたことは無い。
アロイトマトは、奥田春男氏が、F1桃太郎トマトを自家採種し、2000年に固定に成功したものである。
IMG_20240618_41510
IMG_20240618_4227


👇は、黒ピーマンである。肉厚のピーマンで熱を加えると緑色に戻る。
青臭さが無く甘いピーマンである。固定種である。
IMG_20240618_43469


👇は、紫唐辛子である。こちらも黒に近い濃い紫色であるが、熱を加えると緑色に戻るシシトウである。大和の伝統野菜の固定種である。
IMG_20240618_42630


👇は、上から万願寺、バナナペッパー、紫唐辛子である。
そして、とんがりパワー、黒ピーマンである。
とんがりパワーは、やがては大きくジャンボピーマンとなる。
IMG_20240618_413

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ