のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で100種類の野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

昨年の9月23日に播種したキャベツを初めて収穫した。
やわらかそうで美味しそうにみえる。

20190313_092248


 
他に植えるものがなかったことと、苗を作りすぎたのでたくさん植えてしまった。
春作は育つスピードが早いので、きっととちゅうで割れてしまうだろう。

PicsArt_03-13-01.30.19

もう直収穫出来そうである。
PicsArt_03-13-01.30.59


PicsArt_03-13-01.31.38





今年は、エンドウ豆は防寒対策をきちんと行った。
不織布と防風ネットを二重にしてトンネル栽培にした。


去年大失敗したスナップエンドウである。
今年は、一畝分ごっそり作った。

イメージ 1



画像右側の小さいのが砂糖エンドウである。

背丈も低い種類なので、これから充実してくるのだろう。

イメージ 2




絹さやである。こちらも元気に育っている。

イメージ 3









気温が上がって、玉葱の生長が著しい。
冬の間は葉先が冬枯れ状態で、今にも枯れそうな不安が感じられた。

この畑では、昨年大失敗していた。
肥料分のまったくない畑だったようで、植えつけたあとの根の活着が悪く、その後の生長も悪かった。

今年は、元肥に鶏糞を一畝1袋ずつ蒔いた。
追肥も月に1回づつ4回行った。
追肥は、最初の1回は高度化成肥料(14-14-14)のみだった。
2回目以降は、化成肥料とバッドグアノ、アズミンを1:1:1の割合で施した。
4回目は、バッドグアノは止めて、化成とアズミンを1:1の割合だった。



晩生種 平安球型黄玉葱

イメージ 1


イメージ 2




中晩生種 奥州玉葱


イメージ 3




イメージ 4



早生種 泉州玉葱

イメージ 5




イメージ 6




↑このページのトップヘ