のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で100種類の野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

綿の花が咲き、実がなり、そして割れた。
20191015_085222-1620x2160
春に、ブロ友のカエルの子さんから綿の種を頂いた。種を蒔いたら4本の苗ができた。やがて、花が咲き、実が生り、割れて真っ白な綿が現れた。

割れた実の中から綿の塊が4個出てきた。
20191015_085230-1620x2160


その中の一個を伸ばしてみたら6個の塊があった。
20191015_085552-1620x2160

その6個の塊から綿を取り外したら、中身はどうやら種だった。
20191015_085607-1620x2160

分解した綿の部位を、一同に並べてみた。
explorer


綿を取り出したあとの殻である。
20191015_090122-1620x2160

木になっている実が割れた画像
9132aecd-s

真っ白できれいな綿の塊が生っている。
d40a82e8-s

綿の花が受粉して、しばらくすると実が膨らむ。
e59b1dd9

絵手紙に描くために、枝ごと切り取って家に持ち帰った。
d95461d1-s

現在の綿の木の全体像 綿の実はたくさん生っている。
20191015_085705-1620x2160

以下はtenki.jpからの引用文
『綿はアオイ科の植物。越冬が難しいため、園芸では一年草扱いです。7月~9月に開花し、アメリカ産は全体がクリーム色、日本産は中央が小豆色をしています。どちらも、翌日ピンク色になって萎んでしまいます。花が落ちると、子房がふくらんで緑色の固い実がどんどん大きくなり、やがてはじけて、中からふわふわのコットンが顔(お尻?)を出すのです。

実の中は、小部屋に分かれています。密生する綿毛に包まれて、種子が数個ずつ。綿実油もとれます。
長く伸びた綿毛の繊維「リント」は 布・化粧コットン・不織布などに、種子にくっついた地毛「リンター」は レーヨンなどの原料に。生の綿毛は水の入った管状で、乾燥すると特有の「よじれ」ができます。それが絡み合ってつながり、長い糸となるのですね。
庭などで育てたものを クリスマスツリーの飾りやマスコットにして楽しむ人もいます。綿花は11月〜12月の晴れた日に収穫します。1本の木から両手一杯分くらいの綿がとれますが、クッションなど大物を作るのはなかなか大変。ちなみに大人のTシャツ1枚分には、60個くらいの綿花が必要なのだそうです。』

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

午後7時30分の開花直前画像 No1
explorer

午後8時40分の開花画像

PA151912

午後9時05分の開花画像
PA151915



午後7時30分の開花直前画像 No2
エクスブロラーエラー

午後8時40分の開花直前画像
PA151913

午後9時05分の開花直前画像
PA151916



午後7時30分の開花前画像 No3
プリンター

午後8時40分の開花前画像
PA151914

午後9時05分の開花画像
PA151917


台風にも負けなかった月下美人(台風一過の次の朝の画像)
ホーム画面エクスブローラー


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

ブロッコリーの収穫。
頂花蕾を収穫した。
久々の購入苗である。
種蒔きを忘れて、年内収穫が間に合わないだろうと12株ほど数年ぶりに買ったものだ。

20191011_085816-1620x2160

頂花蕾が大きくなりすぎた。
20191011_085531-1620x2160

消毒していないので虫に食われている。
20191011_085606-1620x2160

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

↑このページのトップヘ