のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

👇は、一昨日の第2菜園の露地栽培のイチゴの畝の画像である。
からりと晴れた良い天気だった。
20240224_101929_copy_1512x2016


イチゴの品種は、章姫である。
近年は、甘くて美味しいイチゴの苗が園芸店で買えるようになった。
品種登録の期間が過ぎたためである。

この章姫も、以前は近くのイチゴ農家で作っていた物を、ハウスまで行って完熟の物を購入して食べていた。
20240224_101940_copy_1512x2016


昨年初めて章姫を作って、何個か収穫して食べた。
小さい粒の品種だと思ったら、結構大きなものが収穫できた。➡昨年の記事
20240224_102006_copy_1512x2016


👇は、ビニトン無しで育てている章姫である。
昨年、夏に冷蔵庫で冷やして、冬採りイチゴ苗を作ろうとして、失敗した苗である。
イチゴが大好きなので、たくさん収穫して食べたいと思っている。
なので、今年から露地栽培のイチゴに力を入れて行こうと、気合が入っている。
20240224_102011_copy_1512x2016





👇は、人気品種で園芸店で購入できそうな品種をグーグルBardで調べたものである。

近年イチゴの品種で登録期間が終了した品種を教えてください。

グーグルBardさんの解答
近年登録期間が終了したイチゴの品種はたくさんありますが、その中でも特に人気があった品種をいくつかご紹介します。

·        
章姫

章姫は、1992年に栃木県農業試験場(現在の栃木県農業技術センター)で育成された品種です。果実は円錐形で、大きさは中程度です。果肉は鮮紅色で、甘みが強く、酸味が少ないのが特徴です。日持ちが良く、輸送性に優れているため、市場で広く流通していました。

·        
おいCベリー

おいCベリーは、2002年に千葉県農業試験場(現在の千葉県農業総合研究センター)で育成された品種です。果実は円錐形で、大きさは中程度です。果肉は鮮紅色で、甘みが強く、酸味が少ないのが特徴です。章姫よりも果実が柔らかく、ジューシーな味わいです。

·        
さちのか

さちのかは、1994年に長崎県農業試験場(現在の長崎県農林水産技術センター)で育成された品種です。果実は円錐形で、大きさは中程度です。果肉は鮮紅色で、甘みが強く、酸味が少ないのが特徴です。果実が柔らかく、香りが良いのが特徴です。

·        
とよのか

とよのかは、1975年に兵庫県農業試験場(現在の兵庫県立農林水産技術総合センター)で育成された品種です。果実は円錐形で、大きさは中程度です。果肉は鮮紅色で、甘みが強く、酸味が少ないのが特徴です。果実が硬く、日持ちが良いのが特徴です。

これらの品種は、いずれも栽培が容易で、家庭菜園でも人気がありました。



👇は、昨年の夏に植え付けたサニーレタス、サラダ菜、結球レタスである。
半年も頑張っている葉物野菜である。

20240225_083240_copy_2268x3024


レタスは、ナメクジが中に入るので小さい時から収穫して食べている。
しかし、今回収穫しなかったレタスが結球している。
今現在なら、ナメクジも出ていないので収穫することにした。
2個だけ収穫して、持ち帰った。
20240225_083246_copy_2268x3024

20240225_083253_copy_2268x3024

20240225_083259_copy_2268x3024



👇は、現在積極的に収穫しているレタスである。
20240225_083313_copy_2268x3024


結球レタスのほうが柔らかくて美味しい。でも我が家では、ちょっと硬めのレタスを食べている。
これからレタスが結球するのは春先になるので、きっとナメクジが入るので無理だろう。
20240225_083320_copy_2268x3024



👇は、ミニハウスで促成栽培予定のミニキュウリの発芽画像である。
品種は、どかなり千成とラリーノホワイトである。
どかなり千成はジベ処理して、無理やり雄花を咲かせて自家受粉させた種を使っている。
ラリーノホワイトは、ブロ友さんが夏に雄花が咲いたタイミングで、自家受粉させた種である。
20240225_144312


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

👇は、第4菜園で露地栽培しているそら豆である。
20240222_103851_copy_3024x2268


👇は、最初に植え付けた畝で、12月に主枝をカットして5本仕立てにしたものである。
20240222_103929_copy_2268x3024


すでに花がいくつか咲いている。株も順調に生育している。
20240222_103936_copy_2268x3024


👇は、余った苗を後から植えた畝である。まだ主枝は切り取っていない。
20240222_103948_copy_2268x3024


脇芽が4、5本に増えてきている。
20240222_104000_copy_2268x3024



👇は、第2菜園でビニトン栽培をしているそら豆である。
20240222_105524_copy_2268x3024


👇は、ビニトンを外した画像である。
20240224_101816_copy_1512x2016


朝の冷え込みで、枝が倒れるてしまったが、午後には元気を取り戻した。
どの株にも、花がたくさん咲き始めている。
露地栽培のそら豆と比べて、花の数と脇芽の数が全く違う。
20240224_143600



👇は、1株に何本の脇芽が出ているかを、確認するために撮った画像である。
数えたら、20本位に増えていた。
昨年は放任したが、今年はある程度本数を少なくする予定である。
20240224_143641


👇は、とりあえず1株のみ脇芽をカットした画像である。
切り取った脇芽の本数を数えたら、15本であった。
20240224_144040


👇は、脇芽を取り除いた株である。
花の咲いた元気の良い脇芽を、7本残した。
2畝に30株ぐらい植え付けてあるので、一気に剪定するのは大変なので、少しずつ作業を進めていく予定である。
20240224_145338



自家産のサツマイモは、1月で食べつくしてしまった。
それで、いつものお婆ちゃんの八百屋で紅はるかを購入した。
1袋200円のⅯサイズを選んでいたら、
「Ⅿサイズなら、1箱1700円のが1200円に値下げしたので、お得だよ。」
と、お婆ちゃんから声が掛った。
20240224_113223_copy_1512x2016



家に持ち帰って、数を数えたら22本入っていた。
1箱の値段が、消費税を入れて1250円だったので、1本につき57円の格安サツマイモであった。

今週一週間は、天候が悪かったので、お店を休んでいた。
風が強かったり、雨が降った日は、お店を閉めているとのことだった。
そのため、
お店の中に箱詰めのまま1週間も置いていたようである。
寒さが原因で、箱の中のサツマイモがいくつか腐れが出てしまったようだ。
なので、良い物だけ詰め替えて、値段を下げたようだった。
20240224_113039_copy_1512x2016


👇は、午後から秘密基地の薪ストーブで、石焼き芋にした。
午前中は、友人が1週間分の焼き芋を焼いてた。
20240224_145652


👇は、焼きあがりつつある紅はるかである。
焼きあがった物を家に持ち帰って食べて見たら、熟成がかなり進んでいて、とても甘い焼き芋であった。
2箱購入してあるので、明日から全部を焼き芋にして、冷凍保存する予定である。
20240224_145658



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

2、3日前までは、25℃を超える夏日のような天気から、一気に冬に戻ったようである。
朝に、畑に行ったらうっすらと雪化粧されていた。
昼頃には、みぞれから雨に変わった。
20240223_073222

👇は、第1菜園から周りの様子を撮った画像である。うっすらと雪が積もっている。
20240223_073304


👇は、温床の全景である。このような寒い日は、温床の世話が主な仕事となる。
 20240222_083044_copy_1512x2016


👇は、Aブロックである。
ジャガイモの浴光催芽を行っている。
手前のタッパの中では、紫ダイジョの雁首を越冬させている。
20240222_083052_copy_1512x2016


👇は、Bブロックである。無花果の挿し木とパイナップルの越冬をさせている。
また、手前のタッパでは、ミニキュウリをポットで発芽させている。
20240222_083104_copy_1512x2016



👇は、Çブロックである。
ここではトマト、ナス、ピーマン、シシトウ、唐辛子類の育苗を行っている。
ナス科は、種の蒔く時期を2週間ほど早く蒔きすぎてしまったので、出来るだけゆっくりと生長させている。
そのため、温床の内部温度を20℃~30℃ぐらいの低温で育苗している。
20240222_083113_copy_1512x2016


👇は、Ⅾブロックである。
ここでは紅はるか、シルクスウィートの芽出しを行っている。
こちらの内部温度は、70℃ぐらいになっている。
温床に板を敷いて、その上にトレイを乗せてある。
土の温度が、20℃~30℃ぐらいになるように調整している。
20240222_083121_copy_1512x2016


👇は、Eブロックである。
ここでは、長崎こがねの浴光催芽を行っている。温床は、休眠状態にしてある。
20240222_083128_copy_1512x2016




👇は、ブドウハウス前のミニ菜園に植えてあるブルーベリーである。
20240222_083240_copy_1512x2016



👇は、手を伸ばしても収穫できないくらい大きく育ってしまったので、1年前に芯止めしたものである。
それまで、剪定をしないで伸び放題にしてしまったことが、良くなかったようである。
20240222_083253_copy_1512x2016


👇は、花芽が着いてきたので、その様子を撮ったものである。
3本の木がある中で、画像の1本は植えた時から、適度に剪定をしてきたので、何とか普通に実が生っている感じである。
真ん中の一番古い木は、3,4年前から剪定をしてきたので、今年ぐらいから花の数が多くなることを期待している。
20240222_083404_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ