のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で100種類の野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

井原本によるタネ蒔きの極意 玉ねぎの種まき編
e8d0b9bd
種蒔きは、何時も悩ましい。
夏場の種蒔きは、特に水をどうするかで悩む。
井原氏は、そんな迷っている者に、歯切れよく言い切っている。

『ほんの少しの湿り気が有るだけで、種は芽を出す。心配するなと。』

20200916_074551_copy_2268x1701


雨上がりで十分な湿り気のあった畝に、タマネギの種を蒔き、乾いた土を覆土し、足で踏み固めた。その上に不織布を掛けて、乾燥防止をした。

芽は、しっかりと出た。
20200916_074557_copy_2268x1701




下は、人参の種を蒔いた畝である。
人参は、好光性の種子なので土では無く、籾殻燻炭を覆土した。
もちろん、覆土したあとは、足で踏み付けて地面に押し付けた。
20200916_074831_copy_2268x3024



思っていた以上に、発芽した。
毎年、何度か蒔き直ししたりしていた。
しかし、今年は一発で発芽した。

20200917_143333_copy_2268x3024

良くみると、蒔いた種が全部発芽している感じで、ぞっくりと出ている。

まだ、先人の教えを信じ切れない自分がいる。
それぐらい、今まで種蒔きで失敗してきたせいだろう。

井原氏は、本の中で『蒔き過ぎると、間引きで嫌になるぞ。だから1、2cmに1粒ぐらい、粗に蒔け。』と書いていた。

芽が出ない場合のリスクを考え、100均のだからと、3袋分も蒔いてしまった。

20200917_143340_copy_2268x3024




下は、ほうれん草を蒔いた畝だ。

20200917_143310_copy_2268x1701



こちらも、蒔いた種が全部発芽しそうだ。
先人の言っている事を信じろと、畑の神様までが言っているようだ。
20200917_143317_copy_2268x3024






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

乾燥させておいた鷹の爪をミキサーで粉にした。種は硬いので、篩に掛けてもう一度種だけをミキサーにかける。
篩は、100均の水切り金網である。
20200916_082244_copy_2268x3024
袋の中で篩に掛ける。

今年のトウガラシは色が良い。
20200916_082459_copy_2268x3024

一味唐辛子の入れ物は、100均で色々なものを買って来た。同じ物が少ない。
3




鷹の爪は、日本産の唐辛子では、上位の辛さなので、激辛と表示した。
3-1







手に、ほんの少し振りかけて味見した。
今年は新しい種を買ったので、じわりと辛さを感じた。
IMG_20200916_113338

今年は、鷹の爪よりももっと辛い『プリキーヌ』をブレンドした一味ならぬ「ニ味唐辛子」を作る。
20200916_090140_copy_2268x3024


さらには、鷹の爪の10倍辛いと評判の『島唐辛子』をブレンドした「ニ味唐辛子」も作る予定である。
20200916_090218_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

下は、グランドペチカの発芽状況である。
1年前の種芋を使ったので、発芽は早い。しかしながら、力のないしわしわの種芋なので、芽も弱々しい。もう少し大きな芋なら、良い芽が出たのかも知れない。
20200915_082650_copy_2268x3024

春に使う種芋が、1株から2,3個採れれば良いと思っている。1年前の種芋を使うと、枯凋期が早くなり収穫が早くなるので、来春までの休眠期間に余裕がでる。
20200915_082702_copy_2268x3024

下は、今年の春に収穫した種芋を使っている。
さすがに新しいだけあって、発芽した芽もしっかりして力強い感じだ。
20200915_082726_copy_2268x3024

下の出芽も、茎が太くてしっかりしている。
IMG_20200915_100918

土を持ち上げて顔を出した。
IMG_20200915_100945

今まさに地面を持ち上げている状態だ。
IMG_20200915_101020




下は、今年の春に収穫した種芋を使った、ニシユタカの畝である。
休眠期の短い品種は、秋作が楽である。
20200915_082609_copy_2268x3024

種芋が新しいだけあって、こちらも発芽した芽に勢いがある。
20200915_082623_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ