のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

👇は、ネギの種を催芽処理で発根させたものをポット蒔きした。
20220112_081345_copy_2268x3024



👇は、同様にして発根させた茎ブロッコリーである。
20220112_081352_copy_2268x3024



👇は、ジベレリンに浸けてから、ポット蒔きしたトリバムビガーの種である。
昨年は、ジベレリンとトマトトーンに浸けてから、播種した。
何もしないで播種したものも、しっかり発芽した。今年は、種も1年経っているので、念のためにちょっと濃い目の100ppmでジベ処理した。
20220112_081403_copy_2268x3024



👇は、昨年度のトリバムビガーの発芽状況の記事から転載
2020年度のトリバムビガー  催芽処理テスト
催芽処理    1月4日播種
発根  埋込  1月13日(9日目)
             ジベ処理orトマト―トーン(発芽促進剤)
トリバムビガーの発根画像
20210113_075129_copy_2268x3024

2020年 1月4日播種のトリバムビガー 播種後20日目 ジベ処理
20210123_143529_copy_2268x3024





👇は、温床のBブロックの画像である。
今回、ネギ、茎ブロッコリー、トリバムビガーの種をポット蒔きしたものを、温床で発芽させるために場所を確保した。
20220112_082346_copy_2268x3024



画像下の3ポットが、ネギと茎ブロッコリーとトルバムビガーのポットである。
湿度維持のために、ビニールを被せた。
20220112_082520_copy_2268x3024




👇は、参考資料である。昨年はジベレリンは使わず催芽処理で発根させた。今年は100ppmのジベレリンに浸けてから、催芽処理したものと、直接ポット蒔きしたものと両方試みた。種は昨年まる八さんから頂いた。
IMG_20220111_151934

100ppmを作るには、👇の50mgの顆粒を、500mlのペットボトルに溶かせば良い。
20220112_073519_copy_2268x3024

👇が、500mlのペットボトルである。
20220112_074441_copy_2268x3024



ブドウ(ピオーネ)のジベレリン処理は、25ppmである。
 IMG_20220112_115204




👇は、2020年の記事からの転載である。

👇の12/29の青ポットは、トルバムビガーの種を直播きしたものである。
この画像は1/19撮影なので、播種後22日目の発芽ということになる。
トルバムビガーの自家採種の種は、何もしなくとも20日位で発芽するという結果である。
もちろん発芽温度は、30℃前後が必要である。

1/13の青ポットは、ジベレリン処理で発根後に播種した物である。
ジベレリン処理は、50ppm液に30秒浸した。
20210119_075212_copy_2268x3024





➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




👇は、冬になると日照が悪くなる第3菜園の画像である。
露地栽培の120日白菜の晩輝、トンネル内は春菊、子持ち高菜、晩輝が植えてある。そして、右側のトンネルは、絹さやとスナップエンドウである。
20220112_082816_copy_2268x3024


トンネルは、防虫ネットのみである。
20220112_082850_copy_2268x3024


中の画像であるが、寒さに負けずに元気に生長しているようだ。
20220112_082833_copy_2268x3024


👇は、第1弾のほうれん草である。先日の雪に埋もれてしまったが、すこぶる元気である。
20220112_083140_copy_2268x3024


👇は、トンネル内の春菊である。1,2回収穫して終わってしまった感じである。トンネルは不織布とビニールで二重にしてあったが、寒さには勝てなかったようだ。
20220112_082904_copy_2268x3024


👇は、同じトンネルの真ん中に植えてある子持ち高菜である。寒さには、かなり強そうな感じである。
20220112_082926_copy_2268x3024


寒さで凍みたりしていないようである。何とか春まで頑張ってほしい。
20220112_082949_copy_2268x3024



👇は、120日白菜の晩輝である。今年初めて作っているので、どのように育っていくのか楽しみである。
20220112_083108_copy_2268x3024



👇は、露地栽培の120日白菜の晩輝きである。苗が余ったので、日当たりのすこぶる悪い場所だが、試しに植えてみた。結球しなくとも春に菜の花で収穫する予定である。
20220112_083021_copy_2268x3024


 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

👇は、四季蒔きキャベツ、春キャベツ、ハーフムーンレタス、茎ブロッコリーの催芽処理である。
キャベツの発芽適温は、15℃~30℃と結構幅が広い。
IMG_20220111_082245


IMG_20220111_100425

ハーフムーンレタスは、一晩でほぼ100%の発芽率であった。
20220111_075232_copy_2268x3024




👇は、催芽処理して発根したものを、ポットに移植したものである。
20220111_081054_copy_2268x3024





IMG_20220111_100345


キャベツの発芽適温は、15℃~30℃と結構幅が広い。
👇は、ポットに直播で発芽させたものである。播種後、約1週間後の画像である。
20220111_081034_copy_2268x3024

湿度維持のために、ビニール袋を掛けてある。
20220111_081210_copy_2268x3024



IMG_20220111_100806

ネギは、キャベツなどよりも低い温度で発芽するようだ。適温は15℃~20℃と幅が狭い。27℃以上だと夏眠し、発芽しなくなるようだ。
20220111_081221_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ