のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で100種類の野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

👇は、温床の全体画像である。
サツマイモの芽出しをやってきたが、腐ってしまうものが多数出てきたので、温床の1部屋をサツマイモの伏せこみに使うことにした。
20210227_110957_copy_2268x3024


Aブロックは、切り返ししたばかりで、現在は温度上昇中である。
20210227_111005_copy_2268x1701


現在64℃に上昇している。

1

👇は、Bブロックである。切り返し後4日目であるので、かなりの勢いで温度上昇している。
20210227_111021_copy_2268x1701

現在55℃に上がっている。
5fc65423-s



👇はÇぶろっくである。切り返しをして1週間が過ぎたので、そろそろ温度が下降期に入った。
20210227_111030_copy_2268x1701

現在53℃ぐらいである。
70bc2318-s





そして、👇はⅮブロックである。この場所にサツマイモ伏せこんだ。
今年は、腐ってしまうものが多数出たので、温床の堆肥と土を混ぜ込んで、サツマイモの苗代にした。

20210227_111041_copy_2268x1701


土を混ぜたばかりなので、内部温度は25℃であるが、徐々に上がっていくだろう。
これで失敗したら、今年は苗を購入することになる。
14986918-s


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


去年のグランドペチカの種芋が1畝分あるので、秋作の種芋を作るために植え付けることにした。
秋作は、その年の気候に生育日数が左右される。昨年のように暖冬であれば12月中旬ぐらいまで育てることができるが、早くに霜が降りてしまえば、そこで終わってしまう。
1年前の種芋を使うと、枯凋期が早まる傾向がある。そうすると休眠期の関係で、秋作の出芽が早まり、時間が稼げる。
20210227_140603_copy_2268x3024

第2畑のキャベツの隣の畝に、種芋作りのジャガイモを作付けした。
元肥に鶏糞を1袋、3‐10‐10の化成肥料を1㎏撒いた。
化成肥料は、単肥を組み合わせた。硫安130g+過リン酸石灰435g+硫酸カリウム435g。
いつもは14-14-14の高度化成肥料を使っていたが、20㎏1400円ぐらいの安い肥料なので、カリウムに塩化カリウムが使われていることが分かった。
芋類には、塩化カリウムは筋っぽくなるので、使わないほうが良いということを知った。
20210227_135403_copy_2268x3024

◆イモ類には、硫酸カリを

『塩化カリに含まれている塩素が、繊維質を発達させ同時に糖を消耗すると考えられており、デンプンの生成に悪影響がある
デンプン質の作物、特にイモ類には悪影響(イモのデンプン値が下がる)が知られているので避ける。

配合肥料や化成肥料の安価なものは、カリ分として塩化カリを配合している。
イモ類に化成肥料を使う場合は、価格の高いものか、あるいは芋専用を使ったほうが良い。これらには硫酸カリが使われている。』

20210227_135854_copy_2268x3024

少し深めに種芋を埋めた。まだ寒いので、芽が出るまでに少し時間がかかるように深植えした。
20210227_140543_copy_2268x3024


両側から土をしっかり掛けて、畝を立てた。
20210227_141525_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

毎年、サトイモと生姜を越冬させている、野菜残渣槽である。今年は、頂いたこんにゃく芋を途中から穴を掘って、一緒に越冬させた。
20210227_093540_copy_2268x3024

野菜残渣槽の底の温度は、16℃であった。
20210227_093554_copy_2268x3024

上に乗っている残渣を取り出した。
20210227_093603_copy_2268x3024

上のほうには、カブトムシの幼虫が入り込んでいた。
キャベツや白菜の野菜残渣が冬場にたくさん出るので、どんどん重ねていくと発酵して温度が上がる。
その熱が、底のほうにも伝わっていくのだろう。
20210227_093609_copy_2268x1701


半分ぐらい残渣を掻き出していくと、もみ殻の層が出てくる。
この、もみ殻の下にネットに詰めたサトイモや生姜を、埋め込んである。
20210227_094249_copy_2268x3024

もみ殻を掻き出すと、オレンジのネット袋が現れる。
20210227_094350_copy_2268x3024

👇は、一番下から30㎝ぐらいのところに、ネット袋に燻炭に包んで入れたサトイモや生姜を取り出した跡である。
20210227_094912_copy_2268x3024


👇の画像が、取り出した芋類である。
20210227_095201_copy_2268x3024

👇は、燻炭に水を浸み込ませ湿度を確保し、その上にもみ殻を被せた。
並べてあるのは、こんにゃく芋である。2年芋や木子がちゃんと越冬できた。
20210227_100157_copy_2268x3024

2年子のこんにゃく芋である
20210227_100202_copy_2268x3024

👇は、木子である。芽が出ている。
20210227_100209_copy_2268x3024


👇は、生姜である。2品種作っている。
20210227_101704_copy_2268x3024

ブランド品に「近江生姜」があるが、こちらは一般品の「大身生姜」である。
大きさも、性質も近江生姜と同じような感じである。
野菜残渣槽の中の温度が上がっていたので、芽が出ている。
20210227_101715_copy_2268x3024

生姜は、湿度と温度が無いと枯れてしまうか腐ってしまう。2年前まで温床で越冬させようと努力したが、温度が高すぎることと湿度をうまく取れないで、枯れさせてしまった。
野菜残渣槽は、燻炭に水を浸み込ませて袋に入れておくと、春までしっとりとしていて、湿度は90パーセント近くある感じである。
20210227_101725_copy_2268x3024

👇は、ブランド品の近江生姜である。
生姜の種は、1㎏あたり1000円以上するので、種生姜が越冬できれば毎年たくさん作れる。
近江生姜も大身生姜も大きくて、佃煮にしたり、冷凍保存しておくと一年中利用できる。
20210227_102132_copy_2268x3024

近江生姜も芽が出ていた。
20210227_102140_copy_2268x3024



👇は、土垂である。我が家では昔から作っているこのサトイモが人気である。
こちらでは、土垂のことをバカ芋と呼んだりする。我孫子市や柏市の方言のようだ。
私の生まれ故郷の高萩市では、サトイモと言ったらこの土垂のことであり、ヤツガシラと区別していた。他に品種は無かった。
20210227_102424_copy_2268x3024

私の住んでいる我孫子市では、土垂の親芋は食べないで、畑に捨ててある。
子芋と孫芋を食べる。親芋を2年前から種芋に使っている。太い芽が2本も3本も出る。そのまま育てても十分に育つ。ただ、親芋ばかりに栄養が取られて、子芋が少ない感じがする。今年は、1本の芽を育ててみることにするつもりである。

20210227_104047_copy_2268x3024


👇は、セレベスである。
昨年は、とても美味しかったが、今回は早採りしたものを食べたときに、灰汁があっておいしくなかった。そのイメージが強く、我が家では土垂だけ食べることになった。
しかし、セレベスの種芋をたくさん保管したので、普通に作ることにした。
20210227_104059_copy_2268x3024

セレベスは、元気な芽が伸びていた。なのでプランターの培養土に埋めた。
20210227_104104_copy_2268x3024


20210227_104115_copy_2268x3024

まだ、畑の地温は上がっていないので、しばらくビニールハウスで保管しておくことにした。
燻炭に水を浸み込ませて、湿度を保ちその上にもみ殻で覆って、寒さから守る。昨年は、生姜を早く定植してしまったため、土中温度が低く新しい根が伸びずに、最初の芽が枯れてしまった。
十分に暖かくなるまで、ビニールハウス内で育苗して置くことにした。
20210227_105936_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ