のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

近所の農家の畑では、トウモロコシ栽培が減少している。
露地栽培では、ハクビシンやアライグマが多発して、防獣ネットでしっかりと囲わないと、隙間やネットのたるみを見つけて侵入されてしまう。
友人や隣の大先輩もトウモロコシ栽培をやめてしまった。
私もトウモロコシ栽培は、ミニハウスに逃げ込んでいる。
トウモロコシ以外でも、落花生やイチゴは狙われる。
イチゴ栽培や落花生栽培を中心とした畝を作り、防獣ネットと防鳥ネットで囲って、棚は常備させることを検討している。
IMG_20240603_31259

👇は、高さ140㎝の防獣ネットである。イチゴ栽培では、この防獣ネットと足りない部分を防虫ネットで囲むことで、害獣とカラスから守ることができた。
カラス対策は、屋根の部分を防鳥ネットで囲うことにした。
IMG_20240603_30334


👇は、第1菜園のミニハウスである。ここでは、中玉トマトの水ストレス栽培を行っている。
今年は、実長苗で連作を行っている。まだ、目立った連作障害は出ていない。
IMG_20240603_23531


👇は、天井に着きそうになったので蔓下ろしをした画像である。
第1房が地面に着いてしまったので、スイカの受け皿を利用して、房の下に敷いた。
IMG_20240603_23908


👇は、今年初めて作っているシンディースウィートである。
IMG_20240603_22824

👇は、毎年作っているフルティカである。
昨年は、F2を作って見た。形や大きさがバラバラであったが、食感や美味しさは親に引けはとらなかった。今年は、購入種を使っている。
IMG_20240603_22446


👇は、シンディースウィートの挿し木苗である。
露地のミニトマトの畝に5本ぐらい挿し木苗を植えてあるが、残っている苗である。
このまま伸ばして、親株が5段ぐらいまで実がなったら摘芯して、挿し木苗と交代しようと考えている。
1


👇は、秘密基地の周りのフェンスに植えた、アップルゴーヤである。
IMG_20240603_4124


アップルゴーヤは、アルビノタイプで緑の色素が弱く、初期栽培はゆっくりである。
👇は、徐々に葉に緑が乗って来て、勢いがついてくる段階のようである。
IMG_20240603_3612


👇は、食用のヘチマである。フェンスの東側半分はヘチマの領域である。
IMG_20240603_1647



👇は、第1菜園の一口の棚に這わせる普通のゴーヤである。
IMG_20240603_0923


昨年もこの場所に植えたが、今年は鉢栽培にして、鉢事穴を掘って埋めた。
この場所は、雨が降ると水路になる場所なので、肥料が流れ出てしまうので、鉢に肥料を撒いて流れ出ないようにした。
IMG_20240603_1274



👇は、西側の段差のある土手に棚を作って、ハヤトウリを這わせようと考えている。昨年は、アップルゴーヤを作った。画像奥の北側に植えたこともあって、育つのに時間がかかってしまった。
今年は、南側に鉢栽培した物をそのまま埋めた。
IMG_20240603_0126


この場所も雨が降ると水路になるので、肥料が流されないように鉢栽培のままとした。
IMG_20240603_0510




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第3菜園のインゲンの棚である。
IMG_20240602_52714

👇は、モロッコインゲンである。
IMG_20240602_48715



モロッコインゲンの花が咲き始めた。
IMG_20240602_46302



👇は、蔓インゲンの花である。
IMG_20240602_52368



👇は、第1菜園のミニトマトの棚である。10品種25株位植えてある。
ミニトマトは、友人と二家族分である。
IMG_20240602_48267


👇は、トスカーナバイオレットである。無肥料栽培であるが、かなり良い感じで生育している。
IMG_20240602_4615


👇は、食べ蒔きした乙女の涙を長年育てている。どうやら固定種だったようだ。
IMG_20240602_5299



👇は、第3畑の小玉スイカの棚である。今年は空中栽培をする予定である。品種は、黄色の小玉スイカ、嘉宝西瓜(固定種のオレンジ掛った黄色で楕円の小玉スイカで薄皮)、シュガーベイビー(固定種の赤丸型で黒皮の小玉スイカで甘い。皮が厚いのが難点)そして、まる八紅小玉F4である。
IMG_20240602_50294


植え付けが遅かったので、まだ行燈の上まで達していない。もう少しである。
IMG_20240602_47844



👇も、綺麗な葉を伸ばしているが、まだネットに絡ませるほどは伸びていない。
IMG_20240602_50994



👇は、初収穫のジャンボニンニクである。今回は、「ジャンボニンニクの味噌マヨ炒め」という比較的簡単なレシピで調理してもらうことにした。昨年までは、全部黒ニンニクにした。相方はジャンボニンニクの姿を現物では見たことが無かった。黒ニンニクは、秘密基地で拵えたので、ジャンボニンニクの姿を始めて見て、大きいことに驚いていた。
IMG_20240602_20296



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 



昨年度は、サツマイモの施肥においてNPKの割合を2-8-12とした。
窒素を少なくし、リン酸とカリを増やすことで、サツマイモの成長を促進した。
しかし、今年は無肥料で作付けを行うことに決めた。
この畑でのサツマイモの栽培は、5年目を迎えた。
2年前からまったく施肥をしていない大先輩の畑でサツマイモを作付けたところ、2年連続で豊作となった。
昨年度は、シルクスウィートには2-8-12の施肥量がちょうど良かった一方、紅はるかは蔓ボケ気味で収穫までに時間がかかった。
そこで、今年は無肥料栽培に挑戦してみようと思った。

👇は、草マルチを退かして、苗を植え付けた画像である。

IMG_20240601_58838


IMG_20240601_59353


👇は、畑の中央に棚を作った所に植え付けが終わって、敷き藁をサツマイモの葉に被せた画像である。この時期は晴れると日照が強くなるため、葉を枯らさないように、敷き藁を日除けとして使用した。
IMG_20240601_57900


👇は、メインのサツマイモの棚である。
垂直栽培を行う場合、畝間が狭いと隣り合う植物同士が日照を遮ってしまうことがある。
そのため、今年は昨年度よりも広い畝幅にした。
メインのサツマイモの畝には、下の画像の1畝だけに紅はるかを植え付けた。
後の2畝は、それぞれ西の端と中央に1畝ずつ作付けた。
紅はるかは、シルクスウィートよりも蔓や葉が伸びるのが旺盛で、蔓ボケしやすい特性があるようだ。
IMG_20240601_56932


👇の2畝は、シルクスウィートである。
この3畝で垂直栽培すると、シルクスウィートは普通に育つのだが、紅はるかは本数も少ないし、栽培時間が長くなってしまう。
おそらく品種の違いだろうと思うが、紅はるかの場合には日照条件を良くしてあげないと、生育に影響してしまうようだ。
IMG_20240601_55656


👇は、植え付けが終わった後、葉の上に敷き藁を敷いて日除けをし、水をかけて湿度を高め、葉を枯らさないようにしたものである。
 IMG_20240601_5624


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ