のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で100種類の野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

YUKIさんから頂いたほおずきトマトに花が咲いた。
小さな種で、どこに蒔いたかわからないくらいだった。
3ポットに蒔いたが、初めての種まきだったので、出た芽が何なのかわからなかった。
培養土は自家産を使っているので、雑草の種が土に混じっていることがある。
小さいうちは雑草の芽なのか、ほおずきトマトなのか特定できなかった。

20191014_084834-1620x2160


苗らしく生ったところで、3株をまとめて植えた。
雑草のようにも見えた。
20191014_084851-1620x2160

2つのポットに芽が出たが、1つはなぜかナスの芽だった。
ほおずきトマトはナス科なので、こちらがてっきりほおずきトマトだと思った。

20191014_084837-1620x2160

つれづれなるままに…愛猫と白い箱の菜園と
ほおずきトマトの糖度
http://nekomataikka98.blog.jp/archives/18719227.html#comments

品種はパインアップル
c19976a6

d0d11a57

e77b8dbb
数年前ナチュラルハーベストから購入したパイナップルの香りのする甘いほおずきトマト
9e582dd4-s
私が買った2015は15粒で756円+送料でしたからやや値下がりしています


10. Posted by ÝUKI   2019年08月11日 14:44
>>9
『のじさん
来年ぜひそだててやってくださいませ。
収穫までこぎつけるかどうか微妙ですが今からでも育つことは育ちます。
発芽温度はナス同様で高温性ですが踏み込み温床があるから楽勝かと
ポットにまとめて蒔いて本葉2,3枚で独り立ちさせます。
定植後は矮性のため整枝の必要もなく放任で
病気の心配はほとんどありませんがテントウムシだましや葉ダニに注意です。
熟すと落ちますから拾って洗って乾かして数日追熟させて食します。
次年からはおそらくおのればえしますから拾いあげて育てれば手間いらずです。
またわからないことがあれば聞いてください。』


もう一つは、カエルの子さんから頂いたピッコラカナリアの種を採って、何粒か蒔いてみた。
カプリエメラルドも種を蒔いたが、全て病気になって瀕死の状態である。
その中で、ピッコラカナリアが4個の実をつけた。

20191015_073450-1620x2160

ピッコラカナリアもカプリエメラルドも来年まで待てないので、抑制栽培で種を蒔いたが、前回の台風の時に、ほとんど傷だらけになって病気になっていた。
その後ミニハウスに取り込んだが、元気を取り戻すことはなかった。
F2の実が4個生ったので、種を採って来年はF2とF3の味比べをしようと思う。


20191014_084915-1620x2160




本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6


  毎年、ニンニクの栽培では、玉ねぎ用の穴開きマルチを利用してきた。
株間が15cmなので、ニンニクは15cm~20cmなので、問題はない。

しかし、今年は多肥栽培にして、大きなニンニクを作ろうと思っている。
そのため、玉ねぎ用のマルチの代わりに「もみ殻+糠マルチ」を採用した。

下の画像は、風雨の強かった台風19号の去った後に撮った画像である。
強風でも吹き飛ばされず、結構な量がニンニクの畝に残っていた。

20191014_085327-1620x2160


もみ殻だけでは、簡単に台風などの強風では飛び散ってしまっただろう。
しかし、その上に糠を撒くことで、糠を餌にしようとたくさんの微生物が土中から集まってくる。
微生物は糠を分解し、糊のような感じにして、もみ殻をくっつけてしまう。

糠を畑に撒くと、土が団粒化されフカフカになると知ったので、葉物野菜の畝に糠をまんべんなく撒いた。すると糠同士が微生物によって分解され、くっついて固まる。糠の下では微生物がどんどん土を団粒化させていく。土が柔らかくなれば生えていた雑草も抜きやすくなる。新しい雑草の芽は遮光され出難くなる。

今までニンニクを穴あきマルチで作ったのは、土中にたくさんの病原菌が生息し、べと病などが泥と一緒に跳ねて野菜につくと、病気になりやすいと聞いたので、その泥跳ねを防ぐためだった。昨年は、穴の周りにもみ殻を撒いた。もちろん一番大きな目的は防草であった。

今回は、畝幅を20cmにしたので、玉ねぎ用の穴開きマルチを使えないので、「もみ殻+糠マルチ」を採用したのである。

黒マルチほどの泥跳ね防止や防草の効果は望めないが、多少の効果はあるだろう。また、雑草が出ても糠による土の団粒化で、雑草が抜きやすくなるだろう。

20191014_085335-1620x2160



今回、新しいもみ殻と糠をまんべんなく撒いて、マルチを補強した。

20191014_090655-1620x2160





本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

房総のむら「風土記の丘エリア」の一角に下見に行ってきた。

20191014_104338-2160x1620



毎年、大学の友達と裏同窓会なるものを開いている。
今回は、私達が幹事ということで散歩のできる近場の場所を選んだ。
それが、本日下見に行った場所である。

ホーム画面エクスブローラー14



入り口 左側に受付

正常画面1





20191014_104954-1620x2160



商家の町並み 道路左側画像

20191014_105829-2160x1620



商家の町並み 道路右側画像
20191014_105817-2160x1620




武家屋敷



プリンター

杉玉作りの実演

20191014_110139-2160x1620





20191014_104747-2160x1620



千葉県立房総のむら 周辺のグルメ・レストラン


ホーム画面


千葉県立房総のむら から 0.1 km

料理ジャンル: 和食




千葉県立房総のむら から 0.1  km
料理ジャンル: 和食

 千葉県立房総のむら から 0.7 km

料理ジャンル: 和食, 寿司, フュージョン



 千葉県立房総のむら から 1.7 km

料理ジャンル: カフェ・喫茶店




本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

↑このページのトップヘ