のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

👇は、白菜の畝である。防虫ネットでトンネル栽培をしていたが、結球が始まりつつあるのでネットを外した。害虫防除は、必要に応じて殺虫消毒をしていこうと計画している。
20211015_084256_copy_2268x3024

👇は、70日白菜である。12月初旬の収穫を期待している。昨年は、11月下旬に収穫できた。
20211015_091006_copy_2268x3024

少しずつ結球に向かっている感じである。
20211015_091019_copy_2268x3024



👇は、中晩成種の冬峠である。昨年は、早生も中晩生も同時期に種を蒔いて育苗したが、品種の差は少し出ただけだった。なので、今年は遅い品種はそれなりに送らせて種を蒔いた。年を越してから収穫する予定である。
20211015_084407_copy_2268x3024
 

👇は、120日白菜の晩輝である。2月ごろに結球するという晩生種の白菜である。
昨年、友人が苗を購入し、もう少しというところで、タイムアウトになってしまったものと同じ品種では無いかと思っている。➡3月12日の白菜の画像。
20211015_084512_copy_2268x3024

間引きを忘れていて、慌てて1株にした。
20211015_085147_copy_2268x3024



➡前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

葉物野菜が、大きくなってきた、そろそろ収穫出来そうである。

👇は、な花のようで、花蕾が出てからの収穫である。ちょっと間引きが必要である。
20211013_082754_copy_2268x3024

👇は、ミックス野菜とのらぼう菜である。のらぼう菜は、移植が必要だ。
20211013_082758_copy_2268x3024

👇は、レタスである。レタスは、少し移植が必要だ。
20211013_082803_copy_2268x3024

👇の真ん中が、ハーフムーンレタスである。こちらも移植が、必要なようである。
20211013_082806_copy_2268x3024

👇は、ミックスレタス野菜である。こちらは、そろそろ収穫時期である。
20211013_082810_copy_2268x3024

👇は、飛鳥茜蕪である。奈良の伝統野菜で、塩漬けで食べている。
20211013_082818_copy_2268x3024

飛鳥茜蕪の全体画像であるが、間引きと除草が必要である。
20211013_082823_copy_2268x3024


👇は、葉物野菜をまとめて植えてある畝である。次の畝の準備と、種を蒔いて苗作りをする必要がある。
20211013_082827_copy_2268x3024


 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

👇は、秋ジャガイモの畝である。
芽当りのあったジャガイモを、8月23日に植え付けた。グランドペチカとながさき黄金である。
萌芽したのは、9月5日頃で、ながさき黄金のほうが早かった。
元親がインカの目覚めで、非常に休眠期の短い品種(30日未満)なので、その血を引いているため、デジマやニシユタカと同様に、二期作に向いた品種なのだろう。
20211013_082546_copy_3024x2268

👇は、ながさき黄金である。2条植えてあるが、先日の台風接近の時に2条を寄せて、防虫ネットをベタ掛けして暴風対策をした。そのためくっ付いて1畝のようになっている。
20211013_082551_copy_2268x3024

👇は、グランドペチカである。ながさき黄金よりは若干スマートであるが、太い茎が伸びている。
20211013_082559_copy_2268x3024


👇は、グランドペチカが、蕾を持っている画像である。何株かに見られる。
20211013_082610_copy_2268x3024

👇の画像は、グランドペチカの茎の太さを撮ったものである。白い粒は、追肥で撒いた硫酸カリである。
20211013_082631_copy_2268x3024


👇は、横たわっている感じの、ながさき黄金の株である。
20211013_082656_copy_2268x3024
今回は、2品種に絞って2条ずつ作付けしてあるので、普通の作型で栽培している。
ながさき黄金は、秋作は今回初めてである。
種芋は、1条に35個ずつ植え付けてあるので、発芽しなかった物を含めて2品種とも60株以上はあるので、食用分と春の種芋分は、十分に確保できると思っている。




➡前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ