のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。


牛久の雛祭りに行った。

20190303_121332_R




20190303_121348_R




20190303_121401_R













20190303_121631_R




20190303_121647_R




20190303_121656_R




20190303_121718_R




20190303_121727_R




20190303_121754_R




20190303_121815_R




20190303_121833_R




20190303_121851_R




20190303_121910_R




20190303_121936_R




20190303_122008_R




20190303_122028_R




20190303_122035_R




20190303_122054_R




20190303_122109_R




20190303_122132_R




20190303_122148_R




20190303_122227_R




20190303_122332_R




20190303_122351_R






20190303_122517_R


20190303_122447_R






20190303_122549_R




20190303_122601_R




20190303_122524_R


20190303_123107_R









ミニハウスがほぼ完成した。

残っていたのは、妻側のビニール張りであった。
北側になる入り口の妻側は、ハウスで使ったお古の厚めのビニールを使った。
網戸サッシの上の部分は、防虫ネットを張った。
冬時だけ網戸サッシはビニールで覆うつもりだ。



イメージ 1




南側の妻側は、ハウス内の温度が上がりハウス丈夫に熱がこもる。
ユンボさんのアドバイスもあり、妻側の上3分の1の面を熱逃がしのために、内側に防虫ネットを張り、外側をビニールで覆う二重構造にした。
夏はビニールは外せるようにしてある。

イメージ 2



南側からハウスの全体像を見た画像である。
小さなハウスであるが、長さが10mぐらい有るので、結構使い勝手が良さそうだ。

イメージ 3



ミニ耕耘機が、入り口から入るかどうかを確かめてみた。
ゆったりと楽々入ることを確認した。

イメージ 4





ハウス内はミニトマトを2畝作る予定である。
耕してみた。Uターンできるかどうかを確認した。



イメージ 5





切り返しをしながら、なんとかUターンした。

イメージ 6





行って帰っての往復で奇麗に耕耘できた。

イメージ 7




ハウスの平側の防虫ネットの裾を土で埋めた。

イメージ 8






暴風対策で使うラセン杭

イメージ 9




ラセン杭を埋めた。
マイカ線でハウスが暴風で飛ばされないように、両平側に4,5か所設置する予定。それは明日の仕事。

イメージ 10




2019/2/3() 午前 6:27 妻の花壇の花 記事転載



妻が管理する我が家の花壇。
春は今かと頭を出し始めた水仙。

イメージ 1



何種類かの水仙の鉢がある。
ラッパ水仙である。
背の高い花もあれば、ミニもある。

イメージ 2



こちらは芽が小さいので、きっとミニ水仙かも知れない。
イメージ 3


パンジーの花は昨年の暮れから咲いている。
霜が降りても、雪が降っても枯れることは無い。
寒さに強い花だ。
イメージ 4



南側の一日中日の当たる最高の場所に、鉢植えされている。
イメージ 5




南側に面した塀に掛けられたパンジーの軍団。
ここは春になると、フラワーロードの入り口となる。
春が、一年中で一番賑やかとなるフラワーロードである。
イメージ 6

↑このページのトップヘ