友人のトマトの畝を垂直仕立て栽培で作っている。
その作業は、時間のある私が担当している。
最近の画像をまとめた。

20190613_090240-1620x2160
アロイトマト


20190613_090259-1620x2160
ダイソーの中玉トマト

20190613_090339-1620x2160
フルティカ 中玉

20190613_090429-1620x2160
プチぷよ

20190613_090521-1620x2160
プチぷよ

20190613_090616-1620x2160
アロイトマト

20190613_090610-1620x2160
アロイトマト

20190613_090646-1620x2160
ピッコラルージュ

20190613_090653-1620x2160
ピッコラルージュ

20190613_090919-1620x2160
食べ蒔きトマト実験栽培

どの種類のトマトも健康的な色をしており、葉が生き生きと育っている感じだ。
しかも露地栽培での無農薬栽培である。

垂直仕立て栽培では、下のほうのわき芽を取らない。そのため葉の数が多い。

最初の頃は、何ヵ所も縛らないとならないので、とても面倒だと思った。しかし時間が経つと下の脇芽が伸びたころ縛り直せば、3ヶ所ぐらい縛ればある程度の高さまで大丈夫なことが分かった。

通常の支柱作りでも、4,5ヶ所ぐらいは縛ることになる。
手間としては、同じぐらいである。

 本日もポチット投票お願いします。


 2練馬大長尻大根 9-1