奈良大和地方の伝統野菜の『紫唐辛子』。辛くはない。シシトウである。特徴は出芽の時から紫色で、他の唐辛子類とすぐ見分けがつく。花や茎も紫色、もちろん実も紫色だ。そして最後は真っ赤になる。食べると歯応えを感じ、味わい深い。在来種として長い間作り繋げられてきた理由が理解出来る。

花壇の中でも、立派に観賞用として個性を発揮する。

20190911_070353-1620x2160



プリッキーヌ。タイ原産の世界でベスト10に入っている辛いトウガラシ。トムヤンクンに使われている。私が手に入れたのは、花屋さん。観賞用だった。YUKIさんは、玄関先の鉢に植えて、観賞用と調味料に利用している。上手な利用の仕方だと思う。
20190911_070403-1620x2160


当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1