のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

2020年01月

一昨年、ラリーノというミニキュウリの種を購入して、自家採種しようと考えた。
しかし、ラリーノは雄花が咲かないきゅうりだった。
つまり、種を採種することはできなかった。
そのことを知らないまま、種を採ろうと熟すまで収穫しなかった。
熟したラリーノを割ってみたら、種ができていた。
一緒に作っていた地這いきゅうりの雄花とラリーノの雌花が自然交配したのだった。

1a77c603




ラリーノと地這いキュウリの交配種を育てた。
13㎝から15㎝ぐらいの中型種のキュウリができた。
春に作った時は、どういうわけか雄花の咲かない節成りのキュウリであった。
親のラリーノに似ていた。

夏作で、ジベレリン処理をして、雄花を咲かせようとした。偶然、雄花の咲かないきゅうりにジベレリン処理をするとしっかり雄花が咲くことを知った。
しかし、何もしないキュウリにも雄花が咲いた。

地這いキュウリなど、夏になると雄花ばかりで、なかなか雌花が咲かない。
キュウリ自ら夏の暑い時期には、植物ホルモンであるジベレリンを出して、雄花を多くして体力を消耗させないようにさせているのだろうか。

ラリーノの交配種は、春先の気温が低い時期には親と同じように雌花しか咲かなかったが、夏の高温時には、雌花も雄花も普通に咲いた。

c2de339c-s


親のラリーノに似たきゅうりが生った。


0f308c46-s


節なりに近い感じで沢山の実を付け、雄花もたくさん咲かせた。

今年は、ラリーノの交配種だけを作ろうと思っている。
昨年度までは、ラリーノと地這いきゅうりの中間種の固定ができないものかと考えていたが、色んなものができたほうが面白いと思うようになった。
夏の時期には、雄花も咲くわけだから簡単に自家受粉して採種が可能である。
10株植えれば、10株とも微妙に形や大きさが違う。
特徴は大きさだけでなく、皮が薄く柔らかい。また地這いキュウリのように棘があったり、ゴツゴツした感じではない。またラリーノのようにツルンとした感じでもない。中間の肌の感じだ。

なので、これはこれで色んな大きさの、いろんな形のできるきゅうり「ラリーノ交配」で面白いのではないかと。
それにしても、きゅうりというのは不思議な野菜だ。受粉しなくともきゅうりが育つのだから。



本日も、ポチット投票をお願いします。

2練馬大長尻大根 9-1




花茎や花蕾を食べる野菜を何種類か作っている。
茹でるだけで簡単に食べられるし、美味しい。
それに、トウ立ち野菜なので3月から4月頃の野菜の端境期に重宝する。

20200127_085827-2268x3024
ノラボウ菜
20200127_085833-2268x3024
種がこぼれて畑の隅に生えたおのればえの株だ。
20200127_085840-2268x3024
花芽が大きくなっている。
20200127_085927-3024x2268
こちらは畑に定植したものだ。

な花
20200127_085946-2268x3024
初めて作ったので、時期をずらして第3弾まで作った。
20200127_090012-3024x2268
第2弾
20200127_090028-2268x3024
第1弾は現在食べている。
20200127_090034-2268x3024

アスパラ菜
20200127_085955-2268x3024
アスパラ菜はそろそろ終わりである。


 本日も、ポチット投票をお願いします。

 2練馬大長尻大根 9-1


今日は、ピーマン、シシトウ、唐辛子の催芽蒔きをした。
昨年は2月の初旬であったが、5月の連休頃に定植したが苗がやや小さかった。
今年は、余裕を持って1週間早めた。

20200129_083206-2268x3024

トマトの台木と茄子の台木の追加の催芽蒔きをした。
トマトの穂木の催芽蒔きは、3日遅れの2月1日を予定している。
20200129_083228-3024x2268


一番温床の内部温度の高いAブロックに、設置した。
 20200129_090442-3024x2268


温床の内部温度は62℃であった。
20200129_090422-2268x3024

カルガナスは、1月18日に催芽処理したもので、今日で11日目である
20200129_090612-2268x3024

30の内15株が発芽している。
20200129_090607-2268x3024

台木の茄子の命は1月19日に催芽処理した。今日で10日目である
20200129_090624-2268x3024

30の内10株ぐらいの発芽である。
20200129_090618-2268x3024


20200128_085634-3024x2268
発芽のプレテストした画像である。1月14日に催芽処理したもので、現在15日目である


 本日も、ポチット投票をお願いします。


 2練馬大長尻大根 9-1



ミニビニールハウスが空いていたので、冬野菜が作れないものかと、温床で発芽育苗した葉物野菜を暮れに定植した。
当初は、トンネル栽培していたが先日ビニールを外して見たら、玉レタスが日中の温度上昇で蒸れて枯れてしまったものが出た。そこで、ビニールを外して栽培することにした。

20200126_101626-3024x2268
『ちょい辛ミックス4』というサラダ野菜である。


9
   

種袋の画像の野菜を調べてみた。
20200126_101617-2268x3024
サラダからし菜
10



20200126_101525-2268x3024
ちりめんからし菜
11



20200126_101553-2268x3024
三池たか菜
12




20200126_101514-2268x3024
紫たか菜
3





『ちょい辛ミックス4』は、セルトレイに適当な粒数を蒔き、本葉が出たらセルごと定植してしまう。収穫は、ある程度育ってきたら何株かまとめて収穫して野菜サラダで食する。
2
サラダ野菜は、玉レタスよりも蒸れに強かった。

玉レタス
20200126_101426-2268x3024


所々空いているのは、蒸れで枯れてしまった。
20200126_101416-2268x3024
 

本日も、ポチット投票をお願いします。

 2練馬大長尻大根 9-1

今年は白菜が豊作だったので、大好きな白菜の漬物を沢山作った。
毎日のように食べている。
2度漬けをしているが、2度目に漬ける時は、あがった水は全部捨ててしまう。そして、新たに塩を加えないのでどちらかというと薄味に仕上がる。

20200124_083656-3024x2268

ブロッコリーは、友人も作っているので、何時でも収穫できる。
20200124_082253-3024x2268

春菊は、不織布をべタ掛けしたので寒さで傷んだりしなかった。
20200124_081903-3024x2268

アスパラ菜である。そろそろ終わりに近づいている。
20200124_082031-3024x2268

な花である。こちらはこれからどんどん収穫できるようになるだろう。
20200124_082121-3024x2268


本日も、ポチット投票をお願いします。

 2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ