のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

2020年10月

10月23日に、追加で植えたホワイト6片の畝。
20201028_075343_copy_3024x4032

掘り出したニンニクに、根が出ている。
画像は、10月28日朝のもので播種後6日目。
根が出やすくなるように、皮を剥いて植え付けた。
まる八さんの記事によると、一晩水に浸しておくと、傷つけず簡単に皮が剥けるようだ。
IMG_20201028_150328

10月29日朝の画像    芽が出た。7日目
20201029_075137_copy_2268x3024


ジャンボニンニクが、ようやく芽が出始めた。
20201028_075416_copy_3024x4032

ジャンボニンニクの萌芽
20201028_075427_copy_3024x4032

から2さんのムカゴは、まだである。皮を剥いて植え付けてある。
20201028_075446_copy_3024x4032

スーパーのホワイト6片は、100%の発芽率であった。
20201028_075547_copy_3024x4032

YUKI紫ニンニク  鱗片がくっついている傾向がある。
20201028_075556_copy_3024x4032

中国ニンニク 発芽率は100%であった。
20201028_075602_copy_3024x4032



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


下の画像は、9月8日に播種した超極早生の『春いちばん』である。
画像の白い棒は、比較用の割り箸(約20㎝)である。
太さも十分に育っているので、定植も間近である。

20201028_074638_copy_3024x4032

春いちばんの全体画像
20201028_074746_copy_3024x2268

下の画像は、早生の『ソニック』である。こちらは、9月15日に播種した。
まだ、太さが足りない感じである。
3-1


ソニックの全体画像である。
20201028_074910_copy_3024x4032

晩成の『ノンクーラー』である。9月20日に播種した。今まで中晩成種を作っていたので、播種時期は、9月15日から9月20日頃と決めていた。このころに播種すると、低温感応によるとう立ちが防げた。播種時期は、品種や地域によって違うようだ。
20201028_075103_copy_3024x4032


井原本による玉ねぎの苗作りについて。
3



下は、中晩成種の平安球型黄である。こちらも9月20日の播種である。
20201028_075129_copy_3024x4032


下は、上記の苗がモグラに入られて、どのくらいのダメージがあったのかわからなかったので、9月30日に保険のために播種した。
結構、被害があったので、苗は小さいが何とか間に合うだろう。
井原本でも、中間地は9月24日ごろの播種が良いと書いてある。
20201028_075158_copy_3024x4032






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >




丹波の黒大豆を実がしっかり入ったものだけを、収穫した。
食べたいだけ食べて、残ったものは正月用の黒豆にしたり、来年度の種に使ったりする。
20201024_162316_copy_3024x4032


私が自分で茹でた。
レシピは、洗って、両端を切り、塩もみする。
沸騰したお湯に3分30秒、やや硬めにゆでる。茹でるときの塩加減は、適当
ゆで上がったらざるにそのまま空けて、自然に冷ます。
20201025_070401_copy_2268x3024



現在の豆の生育状況
20201027_090909_copy_2268x3024


実が丸くなっているものとまだ膨らんでいないものと混じっている。
20201027_090943_copy_2268x3024



去年は欲張って二畝作ったが、ほとんど種残ししかできなかった。今年は、ゆったりと1畝に絞ったのが功を奏した。今まで、ソラマメでも落花生でも、畝数を増やすことを重視して、のびのび育てることをしていなかった。そのため結果的に収穫量がそれほどでもなかった。
今回は、食べきれないほど実が生っている。
20201027_090950_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

今年は、サトイモが順調に育っている。
これまでにセレベス3株、土垂4株を収穫して食べた。
20201027_090047_copy_2268x1701



下の画像手前が東側になり、日当たりの悪い畑の中では一番良い場所なので、大きく育っていた。
大きなもの順に3株ほど掘りだして、食べたり、お裾分けをした。
親芋を種芋に使ったので、大きな子芋が3個から4個収穫できた。しかしその割には孫芋は少なかった。
20201027_090103_copy_2268x3024



下の画像は、土垂である。
株は小さくなっているが、小芋は結構育っていた。こちらも手前から4株ほど収穫済みである。
土垂は、残りあと10株ほどある。
20201027_090150_copy_2268x3024




下の画像は、真ん中の畝のセレベスである。
15,6株植えてあるので、きっと食べきれないだろう。今まで、サトイモはたくさん作っても、冬場に3,4回しか食べなかったので、土垂を10株ほど作っていた。それでも種がたくさん残った。
去年からセレベスを作ってから、サトイモ料理の回数が増えた。
20201027_090358_copy_2268x1701



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

オオマサリの種をハウス内で乾かしていたら、何者かに食べられた。
食べかすを見ると、小動物のようだ。
20201027_085817_copy_2268x3024


ネズミを良く見かけるので、奴らの仕業かも知れない。
20個ぐらい囓られた。その中で、半分囓ったのか6、7個あった。
20201027_085813_copy_2268x3024

低い台から、ネズミが行けないように、高い所に吊るして干した。
20201027_085827_copy_2268x3024

少し種を補充した。
20201027_085837_copy_2268x3024

干してある残りはあと4株である。5、6株分は、自分たちが、すでに食べていた。
20201027_085901_copy_2268x3024



入りロの扉は、二重にしてある。
20201027_085937_copy_2268x3024

これは、ハクビシン対策で厳重に囲ったもので、一度も浸入されなかった。
しかし、ネズミの通れる穴は、見逃しているかも知れない。
20201027_085952_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ