のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

2021年08月

オオマサリが順調に育っている。今年は1畝減らして2畝作った。種が余ったので2株植えとした。今年の出来次第で、来年も同じように作付けしようと考えている。
20210827_151936_copy_2268x3024


試し掘りしてみた。2株植えは、1株植えの1,5倍ぐらいの収穫量だと聞いている。
果たしてどうだろうか。昨年は9月4日に試し掘りをしている。その時は、1株で30粒ぐらいの収穫量であった。
20210827_152100_copy_2268x3024


今回は、2株植えである。画像では、あまりついていない感じであるが、枝のあちこちに着いていた。
20210827_152144_copy_2268x3024


👇が2株に付いていた量である。大小60粒ぐらいあった。単純に1株植えの2倍の量であった。
畝幅が少しだけ広かったが、1粒ずつ植えるよりも株数を増やした方が、単純に収穫量は増える感じである。
20210827_152554_copy_2268x3024


隣の畝の2株分を掘り起こした。
20210827_153049_copy_2268x3024


家に持ち帰ってすぐに茹でられるように、水洗いして重さを測ってみた。
20210827_153445_copy_2268x3024


4株で、ちょうど1㎏の重さであった。
20210827_153454_copy_2268x3024
 



➡前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

今年は、モグラ対策のために畔波板を50㎝の深さに埋め込んだ。毎年玉ねぎの苗床として使う予定である。日当たりの良い畑のど真ん中に、苗床を設置した。広さは畝幅1m×畝長4mである。
20210827_093716_copy_2268x3024_1


IMG_20210827_165936


タマネギの苗作り 播種予定日
①超極早生 春一番    4
ml 8月28日 苗数目標200本~300本
②早生   ソニック   5ml 9月11日 苗数目標300本~400本
③中晩成  ノンクーラー 
5ml 9月18日 苗数目標300本~400本

昨年度の苗数
①超極早生 春いちばん  播種9月8日  植付11月2日   苗数100本+小苗50本
早生   ソニック   播種9月15日 植付11月2日   苗数140本
中晩成種 平安球型黄  播種9月20日 植付11月14日 苗数300本
晩成種  ノンクーラー 播種9月20日 植付11月14日 苗数300本




以下は井原本の玉ねぎ作りについて。転載

1
2
3





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



 

この畑で里芋を作って3年目になる。畝をズラして作っている。半日しか日照が無いことが里芋にとっては良いのかも知れない。毎年豊作の感じである。

下は土垂の畝である。今年は2畝作った。
20210825_083313_copy_3024x2268

今年はセレベスに引けを取らない位大きく育っている。
20210825_083322_copy_2268x3024



追肥と土寄せを既に2回行っている。そろそろ試し堀りをしようかと思っている。
20210825_083325_copy_2268x3024




下はまる八芋である。親芋が大きく育つので、脇芽は全て抜いている。。
20210825_083340_copy_2268x3024



下は脇芽を全部抜いた画像である。
20210825_083414_copy_2268x3024

下は抜いた脇芽である。
20210825_083418_copy_2268x3024

下も先頭の一番大きなまる八芋である。
20210825_083447_copy_2268x3024

下は奥に植えてあるセレベスである。奥は2畝になっている。
20210825_083511_copy_2268x3024




➡前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇は、こんにゃく畝である。2畝作ってあり、画像右側は、2年生、1年生、生子と大きな順に、植付けてある。種芋は、furuutuさんの所から来ている。右は、購入した2年生芋を植付けてある。
20210825_083207_copy_2268x3024

一番大きなこんにゃくの木である。今の所葉にダメージは受けていない。
20210825_083216_copy_2268x3024


大きくて、綺麗な葉である。このまま収穫まで保ってほしい。
20210825_083220_copy_2268x3024


👇は、購入芋の畝であるが、明らかに葉色が違う株がある。
20210825_083228_copy_2268x3024


一つの芋から、遅れて脇芽が出てきたものである。
20210825_083236_copy_2268x3024


👇は、別の芋であるが、あとから出てきた脇芽のほうが、背の高さも茎も太く育っている。
こんにゃく芋は、土の中でどのように育っていくのかわからない。ジャガイモなら、親芋は腐ってストロンを伸ばしてそこに芋を作る。山芋は、種芋の養分を吸収して隣に新しい芋を作る。さて、こんにゃく芋は、どのように芋を育てるのだろうか。
20210825_083250_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

生姜は、親分げつから子分げつ、孫分げつと芽を出し、どんどん塊茎が大きくなっていく。順調なら新芽が次々と出てくるのである。
20210825_083034_copy_2268x3024


👇は、今年一番成績のよい株である。全部で10本ぐらいに分げつしている。全部がこのようなら言うこと無しであるが、そうはいかないものだ。
20210825_083045_copy_2268x3024


👇は、太くて背の高い株である。3本に分げつした後しばらく休んでいたが、小さな芽が2本出てきた。
20210825_083055_copy_2268x3024


👇は、株元の拡大画像である。分げつして小さな芽が顔を出した。これからどんどん新芽が出てくればしめたものである。
20210825_083057_copy_2268x3024


👇は、2本だけ太くて背の高い株だ。
20210825_083108_copy_2268x3024


株元を見ると、3、4本の小さな芽が出ている。これも上と同じに、これからどんどん育ってほしいものだ。
20210825_083111_copy_2268x3024



👇の畝は、全体的に勢いが無い。自家産種芋で、越冬はうまく行ったが、その後の管理を失敗してしまった。芋自体にエネルギーが無かった感じだ。
20210825_083122_copy_2268x3024


その中でも元気のある株である。この株に期待するか。
20210825_083143_copy_2268x3024

 



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ