のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

2021年09月

大根の畝である。害虫に食害され無いように、直播き後防虫ネットでトンネルにした。裾から害虫が侵入出来ない様に裾に土を被せた。
20210914_075505_copy_2268x3024


👇は、トンネル内の画像である。葉は綺麗で、殆ど害虫被害はない。
20210914_075542_copy_2268x3024

間引き苗は、みそ汁の具にしたり漬物にするので、もう少し大きく育てる。
20210914_075555_copy_2268x3024

全体的に綺麗に育っている。
20210914_075605_copy_2268x3024

幾つかの葉は穴が空いているが、ネットの破れ目から虫が侵入したのかも知れない。
20210914_075610_copy_2268x3024



👇は、キャベツの畝である。
畝幅が広くて防虫ネットの幅が足りなかったので、裾が少し開いた所があった。
ハスモンヨトウが外から這って来て、葉を囓られた。
20210914_075710_copy_2268x3024

👇は、キャベツの畝のトンネル内部の画像である。
20210914_075741_copy_2268x3024



芯を囓られたので、3本植え替えた。
20210914_075804_copy_2268x3024


トンネルの裾が開いてしまった分、大根よりも被害が大きかったようだ。
👇は、キャベツである。
20210914_075836_copy_2268x3024


👇は、茎ブロッコリーである。
20210914_075844_copy_2268x3024


外から侵入したハスモンヨトウである。
20210914_075928_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
  

秋冬野菜の苗作りの時期である。
20210914_073259_copy_2268x3024

👇は、白菜の苗である。
早生の70日白菜が大きく育っている。芽が出たばかりのものは、中晩生の「冬峠」である。
最後に蒔くのは、晩生の「晩輝」である。
20210914_073357_copy_2268x3024

白菜の種蒔きは発芽が早いので楽である。
20210914_073401_copy_2268x3024


👇には、色々な葉物野菜が発芽している。
ベビーリーフ、ガーデンタス、のらぼう菜、大和真菜、ミックス5、ハーフムーンレタス、レタス、な花の8品種である。
20210916_083126_copy_3024x2268

👇は、来春収穫のキャベツ苗の育苗である。手前の大きなものは、茎ブロッコリーの残り苗である。
20210916_083149_copy_2268x3024

👇は、70日白菜の予備苗である。
20210916_083153_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

昨年、親しくなった農園主の籾摺り精米所である。
今年も必要な分だけ、分けて貰っている。
20210915_173602_copy_2268x3024


この精米所は、私の家から直線距離で2㎞弱である。 
20210916_064602_copy_2268x3024


ワゴンRの後ろに積めるのは、4袋迄である。
12袋で、1年分の籾殻燻炭ができる。
 3


4袋で一杯である。
526

昨日のタと今朝の2回分である。あと1回頂いてくると、1年分の籾殻燻炭が出来る。
20210916_074614_copy_3024x2268


今年も、2器のドラム缶籾殻燻炭製造器で作る。この装置は、たまきちゃんのお勧めである。
ほとんど煙が出ないので、苦情を言われた事は無い。
もっとも30年近く薪ストーブを焚いているので、煙突からの煙は、結構な量である。
燻炭作りの煙は、その10分の1も出ない。
20210916_074558_copy_2268x3024





昨年の籾殻燻炭作りの様子

焼きあがった燻炭に水を掛けて、一気に消し止める。
25240f88-s

杉林の中に設置した、籾殻燻炭槽である。
この槽に一杯で1年分である。
6aa367df-s




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

👇は、超極早生の春一番である。
苗がしっかり立ってきた。
20210915_074203_copy_3024x2268


根が出ているのもあるので、全体に土を掛けた。
20210915_074650_copy_3024x2268

苗の数を数えた。
前回  42-73-83-74-91     364
今回  37-72-81-77-85     352

前回より少なくなっているので、数え間違いか、溶けたりしたのかも知れない。
去年は同じ種袋で、100本しか使える苗が出来なかった。
今年は、200本出来れば大成功である。井原本の計算によると4mLだと400粒で、その8割の320本出来るとある。今の所は、そのペースであるがそんなに甘くは無いだろう。

👇は、斜め上から撮った画像である。小さい苗もあるので数には入っているが、苗には無理だろう。
20210915_074657_copy_2268x3024


👇は、第2弾の早生『ソニック』である。2.3mLしか種が入って無かった。計算では、200本ぐらいしか苗は出来ないだろう。
20210915_075848_copy_2268x3024

今回は、新聞紙ではなく不織布を雨除けに掛けた。
新聞紙は雨に降られると、剥がす時に、破けたりしてしまって都合が悪かった。
種を蒔いて5日目であるが、所々に発芽がみられる。
20210915_075856_copy_2268x3024


あと2、3日で、不織布が外せるだろう。
20210915_075917_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1 

👇は、丹波の黒大豆である。ハスモンヨトウに集られ、葉を囓られた。
20210913_073026_copy_3024x2268


何度か殺虫消毒して、今は収まっている。
20210913_073155_copy_2268x3024


7月上旬に直播きした。莢が少しずつ膨らんできた。
20210913_073219_copy_2268x3024


莢の大きさにバラつきはあるが、たくさん着いている。
去年上手く行ったが、今年もいまのところは、順調である。
20210913_073236_copy_2268x3024


前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

↑このページのトップヘ