のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

2021年10月

👇は、丹波の黒大豆である。何株か枝豆として食べた。今年は、右隣に小糸在来を作ってあるので、そちらは枝豆をメインにしているので、丹波の黒大豆は、正月用の黒豆に残しておくことにした。
20211018_082942_copy_2268x3024


実が、しっかり着いている。昨年は、黒豆が1.2㎏の収穫であった。今年も、1㎏以上が目標である。
20211018_083000_copy_2268x3024

葉が黄色くなりつつある。実が充実してきた証拠である。葉が紅葉した頃に、大豆の収穫期となる。
20211018_083019_copy_2268x3024




➡前回の記事へ  


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

春からの接ぎ木苗のカルガナスの畝である。秋用のナスは先日処分した。我が家では、ナスの消費が無くなったので、こちらのナスも自家採種用に残してある。
20211018_082317_copy_3024x2268

👇が採種用のカルガナスである。1本から種を採るだけで充分である。
20211018_082327_copy_2268x3024


👇は、現役で活躍しているとんがりパワーのピーマンである。
20211018_082410_copy_2268x3024

良い感じのピーマンが生っている。
20211018_082431_copy_2268x3024


ピーマンは気温が下がってくると成長速度がぐんと遅くなる。ただ、かなり温度が低くなっても葉が寒さで萎れたりはしない。霜が降りると一片で萎れてしまうが。
20211018_082534_copy_2268x3024


収穫期のピーマンが生っているが、まだ家に残っているので、しばらく木に生らせておく。
20211018_082558_copy_2268x3024


7株植えた内、2株は元気が無くなってしまった。残っている5株は絶好調である。
20211018_082618_copy_2268x3024


👇は、紫唐辛子である。シシトウで辛くはない。
20211018_082643_copy_2268x3024



紫唐辛子は、変わっていて芽が出た時に唐辛子やシシトウは緑色でみんな同じような形で、区別が使いない。しかし、紫唐辛子は、芽が茶色味を帯びていて、すぐに判別ができる。さらには、花が紫色に咲く。まるでナスのような花色である。最後に実は黒に近い紫色で大きくなっていく。
20211018_082708_copy_2268x3024


紫唐辛子は、大和の伝統野菜で昔から育てられてきた在来種である。京都の万願寺のように味の濃い美味しいシシトウである。
20211018_082713_copy_2268x3024



👇は、YUKIバナナペッパーである。ブロ友のYUKIさんが、海外から輸入して種を繫いできたものを、頂いたものである。バナナのような黄色が特徴である。サカタだったかバナナピーマンという商品名で売り出されているのと、そっくりである。在来種なので、育成して別の名前で登録したのだろう。
20211018_082740_copy_2268x3024


終盤はオレンジ色に変わり、さらには真っ赤になる。
20211018_082747_copy_2268x3024



👇は、有名な万願寺である。一昨年まで由緒ある萬願寺の種を頂いて、繋いでい保存袋の中身がバナナペッパーになってしまっていた。どこを探しても萬願寺の種は見つからなかった。
それで、今年は市販されている万願寺の種を買って植えた。
20211018_082822_copy_2268x3024


万願寺は、赤万願寺として赤くなったものを食べることがあるようだ。収穫するときに、必ず2,3本入れて持ち帰るが、食べるのは私だけのようである。甘みがあって美味しいので好きである。
20211018_082858_copy_2268x3024


シシトウは、今年は1畝作ったので食べきれないほどである。
20211018_082905_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇は、小糸在来の大豆である。香りが良くて美味しい枝豆である。昔、養老渓谷に住んでいる先輩のお宅で頂いたことがあった。千葉県の君津市の小糸川流域で、昔から作られてきた在来種である。幻の大豆と言われてきた。
20211017_121447_copy_2268x3024


今回の種は、ユンボさんから分けていただいたものである。徐々に莢が膨らみつつある。収穫時期は、もうじきだろう。
20211017_121532_copy_2268x3024


先日試し採りして食べてみたが、まだ早かったようだった。それでもとても美味しかった。
20211017_121548_copy_2268x3024


害虫被害も無く、綺麗の育っている。
20211017_121610_copy_2268x3024


➡前回の記事へ  


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
  

千葉県も緊急事態宣言が解除され、しばらく休止していた金魚の会を開いた。現在は、参加者は4人しかいないので、会というよりは、おしゃべり会である。

👇は、Ⅿ氏が持ってきてくれたらんちゅうである。らんちゅうは、育てるのが難しい割には、人気が無いので採卵する人は一人しかいなくなった。私も、昨年採卵したらんちゅうが、秋にアライグマに全部食べられてしまい、らんちゅうは採卵しなかった。

20211017_120447_copy_2268x3024




買えば高いのだが、よほどの優等魚じゃないと売れないし、無料でも飼育が難しいのでもらってくれる人がいなくなってしまった。
20211017_120500_copy_2268x3024


Ⅿ氏も、らんちゅうの飼育をやめてしまったので、飼っていた親魚の4匹を持ってきてくれたものである。
20211017_120607_copy_3024x2268




👇は、東錦である。東錦も人気のある金魚であったが、
20211017_120618_copy_3024x2268



見どころは、顔の先に豆のようなものが2つ付いている所である。それをフンタンというが、白くて大きく膨らんでいるのが魅力的である。
20211017_120643_copy_2268x3024



 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 


、確認はできなかったがネギアザミウマのような小さな幼虫に齧られた春一番である。
葉先がまっすぐ伸びないで白く枯れたり、ぐにゅぐにゅ曲がったりしていた。最初はベトビョウにでもかかったと思っていたら、ネギでネギコガを発見して、似た仲間に集られたと思った。
それで、幼虫は発見できなかったが、トレボンの粉剤を振りかけて置いた。
20211016_150959_copy_2268x3024

👇の画像は、春一番の葉先の曲がりや枯れた様子である。
20211016_151027_copy_2268x3024



👇の画像は、一夜明けて雨に薬剤が洗われた画像である。
20211017_122033_copy_2268x3024


👇は、最後に発芽したノンクーラーである。こちらはまだ害虫被害は無いが、予防でトレボン粉剤を塗して置いた。
20211016_151111_copy_2268x3024


👇が次の日の朝の様子である。夜の雨で粉剤が洗われた状態だ。
20211017_122043_copy_2268x3024


👇は、足長美人である。気づいてからトレボン粉剤を塗して、次の朝にはトレボン乳剤で殺虫消毒した。
20211016_151205_copy_2268x3024

集っていたネギコガとネギアザミウマは、退治できたようだ。
20211016_151209_copy_2268x3024


👇は、足長美人の全体画像である。2,3日前の状態から少し改善した。
20211016_151224_copy_2268x3024



👇は、3日前の足長美人の全体画像である。
2



👇は、坊主知らずである。こちらも新葉が伸びたようだ。
20211017_122049_copy_2268x3024


👇は、1本ネギである。
20211016_151239_copy_2268x3024


👇は、下仁田ネギである。ここにネギコガの幼虫や蛹が付いていた。
20211016_151302_copy_2268x3024


👇は、下仁田ネギの全体画像である。ネギは成長が早いので、立ち直りも早そうである。
20211016_151340_copy_2268x3024


👇は、1本ネギである。こちらにもネギコガやネギアザミウマが集っていたのだろう。
20211016_151348_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ