のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

2024年04月

👇は、レタス、サニーレタス、サラダ菜、ダイソーのミックス野菜の種を混ぜて、オリジナルミックスすレタスにした苗である。
IMG_20240417_25856


👇の画像の肥大奥の空いた畝に、植え付けた。
IMG_20240417_55737


👇は、80セルの分を植え付けた画像である。
約70株ぐらいになったようだ。
IMG_20240417_56476


IMG_20240417_59746


👇は、HAL_Kさんの作型を真似して育てた春キャベツである。
春キャベツ「春波」種播き10/11 定植11/27 収穫4/8~4/18
  HAL_Kさん作型
IMG_20240417_0482



キャベツの品種は、とんがりキャベツである。
10月23日にも種を蒔いたが、いつの間にか育ちが追いついてしまって、定植は同じ日になってしまった。
そのため、40株ほどが同じようなペースで育っている。既に10株ほどは、友人や知り合いにお裾分けしている。
キャベツの我が家の消費は、1週間に1個か2個である。このペースでは、自家消費だけでは手に負えない。

IMG_20240417_0110



👇は、絹さやとスナップエンドウである。
20240417_083737


まだ大きくは育っていないが、莢が次々と出来てきている。
20240417_084329


👇は、今年の初物である。
20240417_084536



👇は、早く種を蒔きすぎてしまったアロイトマトである。
出来るだけゆっくりと育てて、やっと普通サイズになってきた。
あと2週間ぐらいで一気に育てるために、1株ずつポットに移植することにした。
20240417_103841


👇は、ポットに植え替えたアロイトマトである。
約100株ぐらいになった。近所の知り合いに、1ケース24株をお裾分けした。
IMG_20240417_28889

5月に入ったら、露地に植えつける計画である。
IMG_20240417_29588


👇は、ミニトマトである。
こちらは、あすにでもポットに植え替える予定である。
IMG_20240417_29261


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


👇は、ブドウハウスの西側に植えてある巨峰の画像である。
巨峰は、数年前にカミキリムシの被害に合い、一番太い主枝に穴をあけられてしまった。
その後、細枝を伸ばしてきた。
昨年初めてブドウが生ったが、ハクビシンに食べられてしまった。
IMG_20240415_10987



👇は、4本の主枝からの長梢を伸ばして、花蕾が着くまでに育ってきた。
IMG_20240415_8910


👇は、巨峰の主枝の4本の枝から出た花蕾である。
IMG_20240415_7998



👇は、巨峰の第3主枝から出た花蕾である。
IMG_20240415_9520



👇も、巨峰の花蕾である。
昨年は、全体で12房のブドウが育った。
しかし、低い位置に垂れ下がっていたので、ハクビシンに侵入された時に食べられてしまった。
今年は、ハクビシンに侵入されても、届かない場所に枝を剪定、誘引した。
IMG_20240415_9240



👇は、2023年度の巨峰の房数である。
0109


👇も巨峰の花蕾である。今年は20房ぐらい実を着かせようと計画している。
IMG_20240415_1271



👇は、東側に植えてあるピオーネである。昨年は、70房から80房を収穫した。
IMG_20240415_11718

👇は、2023年度のピオーネの房数である。
3



👇は、ピオーネの第1枝である。
主枝から9本の長梢が伸びている。枝が細いので、強い新梢に1房だけ生らして、残りの弱い新梢(葉数10枚以下)は、すべての花穂をカットして
空枝にする予定である。
IMG_20240416_48619


👇は、第1種枝の長梢から出た弱い新梢や花蕾を剪定して、適度な房数にしていく。

まる八さんのコメントに、次のような文がありました。
頂芽優勢の先端の一芽二芽を芽欠きすると以下の発芽が揃うようです。

私のところのピオーネは、頂芽が出てから全体が揃うまでに、かなりの時間が掛かってしまう。
その原因を、枝がたくさんあるので時間が掛かっていると思っていた。
今まで芽が二つ以上出ている時は、1芽残しに摘芽していたが、全体を揃えるために頂芽をいくつかカットすることはやらなかった。
全体が揃ってしまうよりも、時間差があったほうが、家庭栽培には好都合であったからである。
花蕾の育ち方に差が出ることは、収穫も同様に差が出るので、一度に熟すよりも長い間収穫ができるので、気にも留めなかった。
IMG_20240416_47997



👇の5-1の札は、第5枝の1番目の脇枝(新梢)という意味である。
昨年は第5枝には、16本の脇枝(新梢)があったが、整理して9房だけ残した。
7本の弱い脇枝(新梢)が、空枝となったわけである。
今年は、残す房数が増えるかもしれない。
IMG_20240416_45566


👇も、第5枝から伸びている3本の脇枝に着いた新梢である。
こちらも新梢の整理と花蕾を残す作業(摘房)を後ですることになる。
IMG_20240416_46667


👇は、昨年の8月2日の画像である。
昨年は、1房35粒を標準に摘粒した。今年は、1房30粒にして粒の大きなブドウにしていこうと計画している。
814


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、孟宗竹と足場丸太を利用して、露地栽培のアロイトマトとミニトマトの棚と垂直仕立てのサツマイモの棚を組み立てた。
IMG_20240416_56753


👇は、西側から撮った画像である。
今年度は、マルチ無しで栽培する。
除草は、時間がたっぷりあるので手作業で行う予定である。
IMG_20240416_56392


👇は、作業予定の画像である。①から④までの畝の棚を設置した。
次は、⑥のナス・ピーマン・シシトウの棚、⑦のつくね芋・紫ダイジョの棚作りである。
2


👇は、2023年度の棚である。
使い勝手が悪かったので、2022年度の棚に戻す。
1


👇は、2022年度の棚である。今年はこの形にする予定である。
下は4条仕立てであるが、今年はアロイトマトは2条でミニは1条仕立てである。
1

👇は、秘密基地から直線距離で100m離れた山の中に、小さなミニ果樹園がある。
ユンボさんのタケノコ堀りの記事を見て、午後から準備をしてやって来た。
去年も、ユンボさんの記事を見てからだった。
まる八さんの所は、暖かいのでちょっと早い。
IMG_20240416_4714


👇は、隣の竹林から侵入してきたタケノコである。
IMG_20240416_48331


ちょっと大きくなってしまっていた。しかし、全く問題ない。
IMG_20240416_47675


👇は、掘り起こした画像である。
画像奥に放置された市の土地が、竹林になっている。そこで、毎年筍狩りをしている。
IMG_20240416_45880


👇は、我が家の花壇の正面ひな壇である。
冬場に家の壁の塗り替え工事があったので、いったん全部花を撤去した。
IMG_20240416_54921


👇は、正面横のひな壇である。現在はこちらが充実している。
IMG_20240416_55280


👇は、もうすぐ咲きだすモッコウバラである。
昨年剪定をして、3分の1の大きさにした。
IMG_20240416_55720


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第1菜園の西側半分の耕耘前の画像である。
IMG_20240414_10109

👇は、昨日耕耘して、畝割をした画像である。
IMG_20240415_3096

👇は、栽培場所を確定させた画像である。
これからの作業予定は、マルチ張りと棚作りである。
2




👇は、西側の北の端から撮った画像である。
IMG_20240415_3230


👇は、第1菜園の東側半分の画像である。
ジャガイモの3畝の中耕を行った。
画像左側は、シルクスウィート2畝と紅はるか1畝を作付ける予定である。
IMG_20240415_30843



👇は、第2菜園のイチゴ畝のランナーのカットと下葉を剥がす前の画像である。
IMG_20240415_9895

かなりランナーが伸びている。
IMG_20240415_11319



👇は、カットしたランナーと下葉である。
IMG_20240415_10632



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第1菜園のジャガイモ畝である。
IMG_20240414_12126



👇は、萌芽の揃った長崎こがねである。
IMG_20240414_11291




👇は、萌芽が始まったばかりのグランドペチカである。
同じ日に植えつけたが、長崎こがねより萌芽日数が長くかかってしまう。
IMG_20240414_13988




👇もグランドペチカである。
こちらは、芽当たりが確認できたものを多く植え付けた畝である。
IMG_20240414_13592


👇は、第2菜園である。
後から1畝だけ植えた、長崎こがねの萌芽が始まっている。
IMG_20240414_10860



👇は、第1菜園のエンドウの畝である。
絹サヤとスナップエンドウを、半分ずつ植えてある。
IMG_20240414_10488


👇は絹さやがいくつか莢になっている。
IMG_20240414_3223


👇は、スナップエンドウの莢である。
収穫できる数になるのは、もう少し先になるだろう。
とりあえず品種確認ができただけである。
IMG_20240414_12448


👇は、これから畝作りしていく場所である。
サツマイモ1畝、トマト3畝、つくね芋と紫ダイジョで1畝、ナス、シシトウ、ピーマンで1畝、サツマイモ1畝を準備していく計画である。
この場所に、7畝準備することになる。
IMG_20240414_10109


👇は、温床のあるブドウハウスの全景である。
IMG_20240414_2191



👇は、温床を囲っていたビニールを取り払った画像である。
これから種まきが残っているのは、オクラ、金時豆、インゲン豆、モロッコインゲン等である。
さらには、第2弾のトウモロコシである。
IMG_20240414_314


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ