以下の画像は、友人の玉ねぎ畝である。
鶏糞大量投入の一発肥料栽培である。
手前の方は中晩生玉ねぎであろう。奥はサラダ用の赤玉ねぎのようだ。

20191227_151114-2268x3024


苗はしっかりと育っている。
今回も立派な玉ねぎが収穫できそうである。

20191227_151121-3024x2268




さらに下の画像は別の畑の友人の玉ねぎである。
苗はすべて購入苗である。
栽培の仕方は同様に大量鶏糞の一発肥料栽培である。
過去2年にわたって、同じ方法で成功しているのでちょうどいい具合なのだろう。

20191227_151225-2268x3024


品種はわからないが、おそらく中晩生玉ねぎであろう。

20191227_151231-3024x2268




以下は私の玉ねぎである。
画像は手前の70株ぐらいは晩生種のもみじ3号である。

20191227_151338-2268x3024



画像は、奥の自家産苗の早生種の泉州玉ねぎである。
平べったく大きくなる品種である。

20191227_151348-3024x2268




もう1畝は中晩生の晩生種のもみじ3号80株とネオアース300株である。

20191227_151359-2268x3024



購入苗だけあって、ちょっと大きく育ちすぎている感じがする。
第1回の追肥は終わっており、肥料が効いている感じだ。
2回目以降の施肥の量を加減する必要があるか。

20191227_151411-3024x2268



本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6