昔、トマト畑は下の画像のように露地栽培が一般的だった。竹で棚を作って育てていた。

アロイトマトは、初代桃太郎トマトを4、5年掛けて固定させた品種だそうである。

一般の大玉トマ卜は、ハウス栽培向けに品種改良されて来たようだ。その為、普通の大玉トストを露地で栽培するには、農薬等を使わないと、栽培が難しそうである。

アロイトマトは、固定した方が露地栽培でも作れるように育成して来たのだろう。
昨年初めて、今年と同じ方法で40株ほど露地栽培をした。全く問題なく作る事が出来た。
20200528_081247_copy_2268x3024

昨年は、苗のうちに花を咲かせ、トマトトーンで着果させてから定植した。
今年は、何もしないで花が咲いてないものも定植した。
20200528_081228_copy_2268x3024

そのため、第1花は着果していない株もある。
ただ数が多いので、全く問題は無い。
20200528_081204_copy_2268x3024

昨年は、トマトの場合第一花が着果すると植物ホルモンの関係で、以後の着果がスムーズに行くという事だった。それで着果させてから定植した。

しかしながら、木がまだ未熟なのに3個も4個も着果させてしまって、摘果しなかった。
するとヒョロヒョロの木になってしまった。
次の花が咲くどころでは無かった。株の生き死にに関わる状態になったものもあった。
1個か2個を残して、摘果するのが正解だった。

というわけで、今年は余計なことはしないで、自然任せにした。
20200528_081109_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1