YUKI紫ニンニクを収穫した。
下の画像は1週間前のが画像である。昨日、全部収穫した。
中国ニンニクと同じく、多肥栽培でどれだけ大きくなるか試したが、2球、3球と分げつしてしまった株も出た。YUKIさんからばらした状態で種を頂いたので、玉の状態がどうだったのか、あるいは鱗片の数等はどうだったのかはわからない。


229c46db-s

下の画像は、いただいた時の種の状態である。
すぐ下の中国産ニンニクは、友人が鶏糞大量栽培で、巨大化させた中国産ニンニクの鱗片である。
それと比べても、遜色ない大きな鱗片である。
3


下の画像は、昨日の朝に収穫してビニールハウスの中で乾かして置いた画像である。

20200529_083835_copy_2268x3024

今回、多肥栽培で育ててみたが、効果は逆効果だったようだ。
私の場合、化成肥料を使ったので窒素が多かったようで、蔓ボケしてしまったようだ。
そのため、分げつしてしまった株が多数出た。種を増やす目的でもあったので、1本にしないでそのまま育てた。
今日、根と茎を切り全体を確認した。かなり暴れた状態のニンニクになってしまった。
中国ニンニクのように、10片以上の鱗片ができてしまった株もあった。また、茎にも鱗片ができていたり、玉の周りにさらに鱗片が回っている株もあった。

結論としては、多肥栽培には向かない品種であるかもしれないと思った。

20200529_083901_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1