下の画像は、2週間前の6月14日の画像である。防草シートが目立っている。
20200613_104958_copy_3024x2268


今回は、かなりの量のカボチャの葉が、畑全面に広がっている。
20200628_110217_copy_3024x2268


下の画像は、2週間前の画像である。畝と畝の間に隙間がある。
20200613_105015_copy_3024x4032


今回は、畝と畝の間が、完全にカボチャで埋まっている。
20200628_110235_copy_3024x4032


昨年度は、この状態の時に、草にカボチャが負けてしまっていた。今回はカボチャが勝っている。
20200628_110244_copy_3024x4032


草があるのは、カボチャを植えた畝に、一緒に生えたものである。

20200628_110251_copy_3024x4032


下の画像は、2週間前の6月14日の画像である。防草シートの面積が広く、カボチャと雑草が、拮抗している状態である。
20200613_105051_copy_3024x2268


カボチャが防草シートの方に逃げ出して、そこで蔓を伸ばしているのが分かる。
20200628_110305_copy_3024x2268



下の画像は2週間前の6月14日のがぞうである。通路側からの画像である。
20200613_110244_copy_3024x2268

畝と畝の間の防草シートが、ほとんどカボチャで埋まっていることが分かる。
20200628_110328_copy_3024x2268

今年は、厚手の防草シートが手に入り、カボチャの畝幅を狭くし、防草シートの畝幅を広くした。
カボチャの畝は除草しないで、ある程度雑草も伸ばし、カボチャと共存させる。
その代わり、防草シートにカボチャを誘引し、カボチャの勢力を強くして多収穫を狙っている。
雑草の生えていない農家の畑のカボチャ畑のように、畑全体がカボチャでいっぱいになっている。
これが、当初の構想であり、それに近い形になっている。


下は、昨年の7月21日の画像である。完全に草に負け、この日でカボチャを撤収した。
20190720_133211-2160x1620


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. まる八の家庭菜園
    • 2020年06月29日 07:43
    • おはようございます。
      防草シート作戦、思惑通り上手く行きましたね👍️
      第3畑のカボチャとユウガオは、草と共存しています。台木の種が採れればOKです。
    • 0
      • 2. のじさん
      • 2020年06月29日 10:14
      • >>1、まる八さん、こんにちは。
        耕作面積が増えて、栽培品種も増えると、手が回らなくなります。得意分野から攻めていって、あとは、目的が達成出きれば、良しとしてます。
        カミサンなんか、全部ちゃんと作れると思っているふしがあるので、それは無理な話というものです。
        (笑)
      • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット