梅雨が明けて、カンカン照りの日が続いた。
すると元気だった里芋の葉が地面に着くほど垂れ下がってしまった。
あわてて、水を掛けた。なんとか元気を取り戻したので、次の日には灌水ホースを引いて、1時間ほど水を掛けた。
20200809_155952_copy_2268x3024


下の画像の手前の株が、まだお辞儀をしているが、水を掛ける前までは全部の里芋が同じようにお辞儀をしてしまっていた。
20200809_160006_copy_2268x3024


幸いにもここの畑は午前中しか日が当たらない。
他の畑を見ると、葉が焼けてしまっているところもあった。
ここの家庭菜園には、50坪ごとにその畑にも下の画像のように、水道設備が備わっている。
蛇口をひねれば、利根川水系の美味しい井戸水が出る。
20200809_160017_copy_2268x3024


灌水ホースの長さは30mぐらいあるので、里芋の隣の生姜にもホースを引いた。
20200809_160039_copy_2268x3024


下の画像の生姜は、芽の数がたくさん増えている株である。全部で8本の芽が出ている。
20200809_160056_copy_2268x3024


下の画像の生姜が一番数を増やしているものである。全部で10本の芽を出している。
20200809_160107_copy_2268x3024


しばらくの間、朝に1時間ぐらい灌水しようと計画している。
20200809_160129_copy_2268x3024


20200809_160140_copy_2268x3024


下の画像は、今日の昼頃の画像である。朝1時間ぐらい灌水した。画像の左端の大きな株の里芋も、お辞儀していたのが立ち上がってきた。
20200810_074126_copy_3024x2268


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >