下の画像は、坊主知らずである。
春に私のところから分家した株である。
本家は、梅雨時に植え替えてしまったために、軟腐病でヘロヘロになってしまった。

20200823_101554_copy_2268x3024


最近、友人は車で5分の所にある無料の置き場から、馬糞堆肥をせっせと運んでいる。
軽自動車の後ろに、鶏糞堆肥用の袋に15袋ぐらいずつ運んできては、畑に投入している。下の画像の坊主知らずネギに撒いてあるのが、馬糞堆肥である。
20200823_101542_copy_2268x3024


下の画像は、下仁田ネギと一本根深ネギである。
こちらにも馬糞堆肥をふんだんに撒いてある。知り合いのプロのネギ農家の知り合いが、ネギには馬糞堆肥が一番いいと言っていたことがあった。
馬糞堆肥は、土壌改良にはとても良い資材である。
20200823_101636_copy_2268x3024


カインズホームで馬糞堆肥の値段を見てびっくりした。
40Ⅼであるが、袋の大きさは鶏糞堆肥と同じぐらいである。
20200823_133906_copy_3024x4032

なんと値段は700円近い。友人が15袋を運んできて撒いている馬糞堆肥をその値段で計算すると、1万500円となる。朝に5分で取りに行って20分ぐらいで15袋を積み込んでしまう。わずか30分の作業時間である。30分で1万500円だから、時給にすると2万1000円になる。
それが無料で頂けるなんて、本当にありがたいことだ。
20200823_133900_copy_3024x4032


下の画像は、馬糞を10袋ぐらい投入した後、1回耕耘した。そのあとに6袋ぐらいの大量鶏糞を撒いたあと、2回目の耕耘作業をした。耕耘作業は私の仕事である。畑はすでにフカフカになっている。
20200823_101646_copy_2268x3024


下の画像も同様に、馬糞堆肥と鶏糞堆肥を撒いてある。上と同様に1回ずつ耕耘してある。
20200823_101659_copy_2268x3024



サツマイモが出来ない畑だとずっと長老たちが言っていた。それを、友人が鶏糞の大量投入で、大きなサツマイモをゴロゴロ生らせて、都市伝説を覆してしまった。今年も友人のサツマイモは、順調に育っている。鶏糞の肥料分の割合とサツマイモの専用肥料の配分比が似ていた。
20200823_101717_copy_2268x3024


柿の木の下に植えた里芋も、もちろん鶏糞堆肥が大量に投入されている。
20200823_101749_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >