今年初めての、もみ殻燻炭作りである。
結果は下の画像のように、おおむね良好であった。
ただ、燻炭製造機のドラム缶の底が抜けてしまった。
急遽、蓋に使っていると同じものがもう一つストックしてあったので、下に敷いた。
今年度は、このドラム缶を使うが、もう一つどこからか調達する必要がある。

20200918_084855_copy_3024x4032



さっそく、第2弾を準備して着果した。
トタン板にあけた燻炭は、水を掛けて強制消化した。
乾いたら、1年分を入れて置く燻炭置き場に移動する。
20200918_090908_copy_3024x4032


半焼けのもみ殻は残っていなく、すべて真っ黒に焼けた。
若干吸気口近くのものは、白い灰になっていた。
20200918_084904_copy_3024x4032



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >