知り合いの農家の籾摺りハウスに、たくさんのもみ殻がある。夏に頂いて良いという許可をもらってある。9月の時は、もみ殻燻炭を作るために、たくさん頂いた。今回は4袋分だけ頂いて、温床の資材に使おうと思っている。
20201121_072903_copy_2268x3024


籾殻専用の袋ではないが、会社で大型冷蔵庫を買ったときに包装されてくる丈夫な袋なので、同僚に捨てないで頂けるように頼んである。すでに20袋ぐらいたまっている。
もみ殻を入れて置くのにぴったりの袋である。籾殻専用の袋よりもはるかに丈夫である。
20201121_072911_copy_2268x3024


もみ殻は、9月の頃の半分ぐらいに減っている。
結構需要があるようだ。
20201121_072920_copy_2268x3024


いつものように、ワゴンRに積んで運んだ。
20201121_075255_copy_2268x3024



もみ殻の保管場所は、温床の設置してあるブドウハウスの中である。
温床は、3月ごろまで稼働させるので、切り返しをやるたびに、新しい資材を投入することで、微生物のエサが不足しないようにして行く。
20201121_095421_copy_2268x1701


もみ殻の資材集めが終わった後は、休耕地の雑草を刈っり取って、藁代わりになる資材を集める作業である。👇の画像は、休耕地に生えているチガヤの仲間である。
20201121_083445_copy_2268x1701

50坪の3分の1ぐらいを刈った。
20201121_083500

👇刈り倒した後に、10束ぐらいになるようにまとめた。
20201121_083753_copy_2268x3024


👇がチガヤの拡大画像である。1週間ぐらい干した後、束ねて縛ってハウス内に保管する予定である。

20201121_083813_copy_2268x3024




👇は、昨年刈り取って、ハウス内に保管して置いたチガヤの画像である。
3-1

👇は、昨年チガヤを、敷き藁代わりに使った画像
3-2




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1