今年は丹波の黒大豆を1畝だけ作った。それがよかったのか大豊作であった。秋に枝豆としても十分に食べることができた。
かみさんの要望もあって、多くは正月用の黒豆に使うために残した。1回に500g使うので1kgぐらいほしいとのことだった。
収穫後、ミニビニールハウスの中でカラカラに乾かし、おばあちゃんの豆叩きのごとく、手作業で脱穀をした。私の場合には、板金屋が使うような厚手の手袋で、手の中で擂り潰すようにして、殻から豆を出させた。
殻を取り去って、豆だけにしたものが下の画像である。
20201222_081042_copy_2268x3024

選別しない前に測ってみたら1,5kg以上あったので、クズ豆を捨てても、1kg以上の要望はクリアーできる感じだ。

20201222_081254_copy_2268x3024


次は、クズ豆を選別する作業である。
ピンセットで、クズ豆を拾い出していく。
20201222_081402_copy_2268x1701


拾いだしたクズ豆である。虫に食われたと言うより、割れたものが多い。
20201222_081918_copy_2268x1701

👇の画像は、ざっと選別した物である。もう一度、丁寧に選別する予定である。
20201222_081907_copy_2268x3024

第1回目の選別で、残ったものを測った。1,3kg強あったので、もう一回選別しても十分な量である。
20201222_083927_copy_2268x3024

出たグズ豆であるが、捨てるのに忍びない。思い付いたのが、鶏の餌である。
20201222_083938_copy_2268x3024

早速ミキサーにかけた。いい具合に砕けた。
20201222_084142_copy_2268x3024

皮は黒いが、中は乳白色である。
20201222_084203_copy_2268x3024

飼料と混ぜて、朝の餌さとなった。
20201222_084236_copy_2268x3024

いつもよりも、夢中で食べているように見えたのは、気のせいか。
20201222_084317_copy_2268x3024

下は、毎日産んでいる1才の若鶏だ。
20201222_084447_copy_2268x3024



しっかり卵を生んでいたので、遠慮なく頂いた。
20201222_084443_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >