メダカの越冬について
メダカや金魚は、寒さに強く0℃の水の中でも生きることができる。外で飼っているメダカの容器が凍ってしまっても、メダカ自身が氷漬けにならなければ、生き延びることができる。
なので、凍ってしまう地域では、メダカ容器の水の量を多めにしておくことが必要だと思う。


👇は、家の庭のたたき池である。
この池には、黒いメダカのサタンレッドテールの親が入っている。
周りを建物に囲まれているので、現在凍ってはいない。
20210112_064844_copy_2268x3024

3個あるたたきのうちの一つであるが、この池には大型種のオランダ獅子頭が入っている。
20210112_064926_copy_2268x3024

隣の庭の山茶花の花びらが我が家のたたき池に落ちる。毎度の事だ。
20210112_064935_copy_2268x3024


👇は、通りに面した家の花壇の横に設置してあるプラ船である。
現在は、メダカと昨年生まれたオランダ獅子頭の仔が入っている。
通りからの寒風で、がちがちに凍っている。
20210112_065031_copy_2268x3024

👇は、全面がガチガチに凍ったプラ船の全景である。
メダカや金魚は、氷の下の底のほうでじっとしている。
同じ場所でも、寒風に吹きさらされる外庭と中庭では、氷の張り方が全く違う。
20210112_065022_copy_2268x3024


下は、秘密基地のメダカのプラ舟である。
20210112_082513_copy_2268x1701

プラ舟は、下の画像のようにみんな凍っている。
氷の下には、サタンレッドテールの仔が底のほうにじっと冬眠している。
20210112_082519_copy_2268x3024

下は、金魚ハウスの中のプラ舟である。
やはりほとんどのプラ舟が凍っている。
20210112_082611_copy_2268x3024


氷の上からみると楊貴妃の半ダルマが底のほうに動かないでじっとしている。
メダカや金魚は、急激な温度変化には弱いが、氷の下の水の中では元気に生きている。
20210112_082623_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >