👇は、3月3日の温床の記録と育苗状況である。
20210303_082435_copy_2268x3024

👇は、Aブロックである。主にナスとトマトの台木、ネギ苗等の育苗ブロックである。
20210303_082446_copy_2268x1701


温床の内部温度は。60℃である。
1

👇は、Bブロックである。主にトマト、トウガラシ、レタス等の葉物の育苗である。
20210303_082458_copy_2268x1701


温床内部の温度は、69℃と高い。
5fc65423-s

👇は、Cブロックである。温度が45℃を下回ったので、早めに切り返しを行った。
20210303_082508_copy_2268x1701


切り返し直後の温度は、40度とかなり高い。
この温度だと、2,3日で60℃ぐらいに上がる感じである。
切り返しを早めに行ったのは、次にトマトの接ぎ木苗作りの作業が控えているので、自由に使えるスペースを確保したためである。
70bc2318-s

👇は、Dブロックである。現在、土を投入してサツマイモを伏せ込んである。既に発芽している芋もある。品種は、紅はるか、シルクスウィート、安納芋である。
20210303_082520_copy_2268x1701


温床内部40cmの深さの温度は、33℃である。
14986918-s

👇は、温床で発芽育苗していた、葉物野菜の幼苗である。
温床からハウス内の常温育苗に、切り替えた。発芽が出揃った事と、気温が暖かくなってきた事による。温床の場所確保も必要になったため、低温にもやや強い葉物野菜を、温床からハウス内に出てもらったわけである。。
20210303_082539_copy_2268x1701

👇は、ミックス野菜である。品種は「ちょい辛ミックス4」と「サラダレタスミックス5」である。
20210303_082557_copy_2268x1701

👇の品種は、ガーデンレタスミックスである。
20210303_082602_copy_2268x1701

👇は、苗数が少ないので、実生苗のまま定植まで育てるトマトである。
品種は、フルティカと乙女の涙F3である。
20210303_082716_copy_2268x3024


👇は、トマトの台木のLS-89である。固定種でアロイトマト、プチぷよ、トスカーナバイオレットの台木である。
20210303_082804_copy_2268x3024


👇は、アロイトマトの苗である。台木に合わせるために、多めに苗を作ってある。
20210303_082825_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >