ソラマメに、花がたくさん咲いてきた。
20210323_083019_copy_2268x3024


下の画像のように、花がどんどん咲きだしてきた。
前日は、木灰を撒いて置いた。根と茎をしっかり育てるために、カリ分の追肥だ。
20210323_083032_copy_2268x3024


今回は、窒素とリンの追肥をした。
井原本を参考に、1㎡当たり硫安と過リン酸石灰を1握りずつ撒いた。
20210323_083654_copy_2268x3024

井原本のソラマメの追肥について
5fc65423-s
井原本でよく使われる1握りの量の重さは、約50ℊである。
硫安過リン酸石灰を1㎡当たり50ℊを撒くと、窒素が10ℊ、リンが10ℊという計算になる。
70bc2318-s



マルチを捲ってばらまいた。
20210323_083716_copy_2268x3024


そのあと、マルチを戻して置いた。

20210323_084020_copy_2268x3024

今まで化成肥料は、14-14-14の高度化成肥料を使っていた。
8-8-8の低度化成肥料と同じ値段であったので、お得感があったので使っていた。
ところが値段の安い化成肥料は、カリが値段の安い塩化カリが使われていることを知った。
塩酸カリウムは、芋類に使うと塩素のせいで、筋っぽくなってしまうので、ジャガイモやサツマイモに使うなら値段の高い硫酸カリウムを使ったほうが良いことが分かった。

今年度より、化成肥料を使うときは、硫安、過リン酸石灰、硫酸カリを使っていくようにした。
そこで、それぞれの野菜で1㎡当たりの成分量を計算して、必要な分を拵えて、元肥や追肥に使っていくことにした。

もちろん、施肥は化成肥料だけを使うわけではない。
土壌改良の馬糞堆肥や温床堆肥を、積極的に畑に投入したり、さらには鶏糞堆肥なども有機肥料として使っていく。今まで14-14-14の高度化成肥料を中心に使ってきたものを、単肥に置き換えたわけでる。
また、葉物野菜等は、14-14-14高度化成肥料も使っていく。


以下は、私が使うことにした窒素、リン酸、カリの単肥の特徴をまとめたものである。


硫安  N(窒素)21
20210323_082812_copy_2268x3024
特徴 
硫安は、水に溶けやすく、すぐに効果が現れる速効性の窒素肥料。
尿素より窒素含有量は少なく、価格も比較的安価なので、扱いやすい肥料。
効果の持続期間は、1ヶ月ほどであるが、高温で雨が多い時期にはさらに短くなる。
速効性なので追肥に向いているが、元肥にも利用可能。

使い方
作物が肥料分を吸収した後、副成分の硫酸が残って土壌を酸性にする性質がある

そのため、作付け前に石灰資材の投入によるpH調整が欠かせない



過リン酸石灰  P(リン酸)17〜20
20210323_082749_copy_2268x3024

特徴
過リン酸石灰は、速効性のリン酸肥料
すぐに水に溶けて根が吸収できる形になるが、追肥で施してもリン酸は、土の中を移動しにくく、すぐに根まで届かないため、元肥で施す。

使い方
土に混ぜると、リン酸が土壌中のアルミナや鉄に吸着されて、根からの吸収が難しくなる。
そのため、土と直接触れないように、堆肥と混ぜて畝の下に施すと、効率よく肥料分を利用できる。
また、酸性土壌ではリン酸を吸着してしまうアルミナが活発になって効きにくくなるため、土壌のpH調整が欠かせない。


硫酸カリ  K(カリ)50
20210323_082731_copy_2268x3024


特徴
硫酸カリは、水に溶けやすく、すぐに効果が現れる速効性のカリ肥料。
土壌にも多少保持されるので、追肥だけでなく元肥にも利用可能。
尚、作物が肥料分を吸収した後、副成分の硫酸が残って土壌を酸性にする性質があるため、土壌のpHには注意が必要。
また、カリ肥料には、他に「塩化カリ」もあるが、イモ類に使うと繊維質が多くなる。
硫酸カリは、その心配はない。

使い方
効果が長続きしないので、元肥と追肥に分けて施す。
また、水で100〜200倍に薄めて液体肥料にすることもできる。
果菜類などの追肥に使うと、すぐに効果が現れる。


以下は、芋類や豆類などの果菜類のための専用肥料を作るための計算方法をまとめたものである。

 👇は、100均グッズ 500g軽量カップ、500ℊステン、1㎏桶
20210323_082846_copy_3024x2268

いも・まめ専用肥料に使う『3‐10‐10のような専用化成肥料』を、単肥を使って配合するための計算法をまとめてみた。

例えば、ジャガイモの場合
窒素9ℊ、リン20ℊ、カリ16ℊで計算。 
硫安の量は 9ℊ÷0.2=45ℊとなる。
過リン酸20ℊ÷0.2=100ℊ
硫酸カリ16ℊ÷0.5=32ℊ
1


いも・まめ専用肥料
618qZLKPP+L._AC_51o4RI39QQL._AC_



1
上記の計算式は、エクセルで作っておいて、色々な野菜の施肥量をウェブ等で調べて、自分が作付けする畝の面積を調べて、例えば1.5m×10m=15㎡の畝に撒く肥料の量を計算して、硫安272g+過リン酸石灰 910ℊ+硫酸カリ365ℊを測って、混合化成肥料を作るという具合である。



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >