👇の画像は、私の畑である。そして、奥に見える大きなハウスは教え子の稲苗作り専用ハウスである。その手前の畑に、毎年サツマイモを作っている。今年は、私も同じような土のこの場所に、サツマイモを作ろうと思っている。
20210422_074540_copy_2268x3024

👇の画像が、教え子のサツマイモ畑である。何やら白いものが撒いてある。

20210422_074557_copy_2268x3024


👇が、サツマイモの専用化成肥料を撒いた画像である。結構な量を撒いている感じだ。
ここで、2年続きでサツマイモが豊作となっている。

「この畑で、どうやったらサツマイモができるの?」
「無肥料で作ったらできなかったので、野菜農家に聞いたら、専用化成肥料を使えばできると言われたよ。やっぱり、お金使わないとね。」と笑って教えてくれた。
20210422_074606_copy_2268x3024





👇は、ソラマメの畝である。2条ずつ2畝作ってある。苗を植えた後は、トンネルをしてそのあと何もしない状態の放置栽培だ。消毒も何回かやっていた。ベトビョウ対策かもしれない。
20210422_074639_copy_2268x3024




1畝2条作りなので、放任すればこうなるだろう。そういえば畝幅は違うが井原本でも、5本仕立てなどしないで、そのまま20本ぐらいで育てるようだ。肥料をたっぷりやってあることだろうから、それでも収穫量は上がるのだろう。
20210422_074648_copy_2268x3024


右側の畝の様子。

20210422_074730_copy_2268x3024



👇は、カボチャの畝である。さすがユーラックを使っている。これ高い。
20210422_074751_copy_2268x3024


中を撮った。白い粉のようなのは何だろう。後で会ったら聞いてみよう。
20210422_074829_copy_2268x3024


品種は「極甘かぼちゃ栗天下」だ。
20210422_074917_copy_2268x3024
 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1