ホワイト6片とYUKI紫ニンニクの収穫をした。2週間ぐらい前に、黒ニンニクを作るために第1回目の収穫をしてある。
👇の画像で、右側の黄色になっている畝がニンニクの畝である。その手前の歯抜けになっているのが第1回目の収穫をした場所だ。

20210514_074101_copy_2268x3024



👇の画像は、ホワイト6片である。15㎝×15㎝に植えた物の残りを収穫した。
20210515_150240_copy_2268x3024



そして、👇がYUKI紫ニンニクである。
20210514_074106_copy_2268x3024


👇の画像で、買い物かごに入っているのがホワイト6片で、手前に倒れているのがYUKI紫ニンニクである。
20210515_152419_copy_2268x3024

 20210515_162656_copy_2268x3024


👇の画像が、綺麗に掃除したホワイト6片である。明日は雨が降るとの予報なので、ハウス内で乾かそうと計画している。
20210515_162228_copy_3024x2268


👇は、取り遅れて皮が溶けてしまったホワイト6片である。
20210515_162232_copy_3024x2268


👇は、まだ収穫には若干早かった、ホワイト6片である。
20210515_162251_copy_2268x3024

青森産ニンニクを参考
1


直径7.7㎝の2Lサイズ
20210515_162441_copy_2268x3024


重さは、採りたてなのであまり参考にはならないかもしれない。
20210515_162606_copy_2268x3024



👇は、皮がむけてしまったYUKI紫ニンニクである。去年と鱗片の形が全く違う。去年は、ペッちゃんこであった。➡参考 
20210515_165728_copy_2268x3024


このまん丸な形は、鶏糞の大量一発栽培によるものではないかと思う。鶏糞は、どちらかというとリンとカリ分の多い有機肥料である。
3週間前に、収穫した中国ニンニクも同じような形のものがあった。➡参考 
20210515_165757_copy_2268x3024




👇が完成した黒ニンニクである。
今年初めての黒ニンニクである。鱗片をばらして、黒ニンニクメーカーでプチニンニクモード9日間にセットした。一部黒くなっていないのは、短かったためか。

20210515_171549_copy_2268x3024



👇は、上手くできた黒ニンニク。
20210515_171628_copy_2268x3024


皮を剥いて食べてみた。
20210515_171718_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1