小玉スイカが育って来たので、昨年同様ハクビシン対策をした。
20210614_080229_copy_3024x2268


下の裾から入り込まないように、ピンで止めた。
20210614_080529_copy_3024x2268

特に角は、隙間が出来るので、しっかり止めた。
後で、土を掛けて置こうと思っている。
20210614_080612_copy_3024x2268

『授粉を行ってから大玉スイカで約50小玉スイカは、約35収穫適期を迎えます。 果実が付いている節の巻ひげが茶色くなり枯れた頃が収穫時期の目安です。』という事で、👇の紅小玉は、7/7の七夕の頃に、収穫だろうか。
20210614_081113_copy_3024x2268



形の違うものがある。飛行船ラルクかも知れない。種を蒔いたけど出なかった。1株位、出たのかもしれない。
20210614_081232_copy_3024x2268

2個育っている。こちらは、紅小玉である。
20210614_081328_copy_2268x3024


ここからは3,4日前の天気の良い日に、人工受粉したものである。着果率が高かった。
20210614_081422_copy_2268x3024

2個着果している。
20210614_081508_copy_3024x2268

比較用ビニポットは7.5cm用である。
20210614_081523_copy_2268x3024



20210614_081556_copy_2268x3024


こちらは、レタス類があった蔓の遊び場である。
20210614_081712_copy_2268x3024


➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1