メダカの繁殖は、すっかり飽きてしまっている。鉄仮面を繁殖させて、ヤフオクに出品していた時は、面白かったが、値段の下落スピードがものすごく早いので、手間の割には儲からないのでやめてしまった。サタンレッドテールを手掛けたが、こちらは固定種では無いので、卵や稚魚での出品が多く、ごまかしの販売のような感じである。なので、1匹も売らなかった。
20210905_152206_copy_2268x3024


👇は、自宅の庭のプラ舟に飼っているメダカである。今年の子で、色々なメダカのミックスである。
20210905_152210_copy_2268x3024


今まで飼っていた品種を混ぜて、卵を孵したので色んなものが混じっている。品種を並べると、雲州三色、楊貴妃、透明燐三色、ラメミックス、半だるま、鉄仮面等である。
20210905_152259_copy_3024x2268


三色と三色を掛け合わせても、三色の出る確率は低いので、数万匹単位で採卵しないと、売るほどは作れない。
20210905_152303_copy_3024x2268


👇は、上の画像の中からダルマになったものを選んで、画像に撮ったものである。ピンクのダルマ、楊貴妃ダルマ、三色ダルマ等が出ている。一匹早熟鉄仮面が混じっていた。
20210905_152115_copy_2268x3024

瓶の蓋を黒く塗装して、ヤフオクに出品するときの画像を撮るのに利用した。赤や朱色を引き立たせるには、黒のバックで撮ると綺麗に見える。
20210905_152025_copy_2268x3024


👇は、秘密基地の中のメダカ舟である。一つの品種を大量に深さるには、プラ舟が良い。
 20210905_154129_copy_3024x2268


👇は、半だるまの血が入っている楊貴妃メダカである。このメダカが産んだ卵を30℃の温度で孵化日数を早めるとダルマメダカの発現率が上がる。ダルマメダカをたくさん作るときの方法である。
20210905_154407_copy_2268x3024


👇は、サタンレッドテールの親である。購入した親は、すでに死んでしまっているので、2世である。この子供が今年の稚魚である。
20210905_155122_copy_2268x3024



👇は、今年の春に生まれたサタンメダカである。体色が黒色だけ残している。
サタンは、真っ黒なオロチメダカとヒレの長い松井ヒレ長との交配種である。黒くてヒレの長いのがサタンである。そして、私が購入した親は、サタンレッドテールであった。サタンにヒレの赤いメダカを掛け合わせて、体色が黒で、ヒレが赤いメダカを作出しようとしたわけである。
私が買った時の親の写真は、かなり誇張された画像であった。はなから信用はしていなかった。
稚魚を買ったわけであるが、親に育ったらヒレが黄色から朱色に近い色のものが何匹か出た。満更インチキではなかった。しかし、レッドテールは、ちょっと誇張しすぎだと思った。
20210905_154958_copy_2268x3024

👇は、7月に孵化させたものである。春先のものは、孵化率が悪かったが7月に採卵したものは、孵化率が良くて、たくさん孵った。
20210905_155322_copy_2268x3024

👇は、駐車場の隣のある、第2金魚ハウスである。金魚は、アライグマがやって来て、全部食べてしまうので、メダカだけを買っている。サタンと鉄仮面と楊貴妃半だるまの3品種を飼っている。
20210905_155812_copy_3024x2268


春に孵化させた、サタンレッドテールである。
20210905_155821_copy_3024x2268


👇は、早熟系の鉄仮面である。
20210905_160017_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1