踏み込み式温床が、ぼちぼち稼働し始めている。現在AブロックとBブロックを稼働させている。
20211124_082301_copy_2268x3024


Aブロックは、やや低温でサツマイモの保管に使っている。サツマイモは、ほとんど焼き芋と干し芋にして冷凍庫や冷蔵庫に長期保存してある。残りは2ケースだけとなった。👇の左側のケースの紅はるかは、種芋として越冬させる予定である。右側のシルクスウィートは、干し芋候補である。
a




先日稼働させたBブロックは、第3弾のほうれん草と第2弾のミックスレタスの発芽育苗をしている。まだ発芽していないのは、昨日播種した大和真菜である。
20211124_082310_copy_2268x3024


👇は、ミックスレタスの拡大画像である。
20211124_082314_copy_2268x3024


👇は、ほうれん草の拡大画像である。乾燥しすぎて、芽が出揃わない。
20211124_082318_copy_2268x3024


👇は、昨日播種したばかりの、大和真菜である。
20211124_082321_copy_2268x3024


👇は、Cブロックである。一度籾殻と馬糞堆肥と糠を混ぜて、軽く水を掛けて第1次発酵させてある。その後切り返しをしなかったので、乾燥して発酵がストップしてしまっている。再度稼働させるときは、糠を混ぜて水をたっぷりかけて、若干の圧力を掛ければ2,3日で、60℃ぐらいまで温度が上がる。
20211124_082330_copy_2268x3024


👇は、Dブロックである。こちらも第1次発酵はさせてある。現在は乾いてしまっていて低温発酵状態である。こんにゃく玉と種生姜を玉ねぎネットに入れて、湿らせた燻炭を掛けてある。サトイモを掘り起こして越冬させる段階で、まとめて残渣槽に穴を掘って、埋め込んで越冬させる予定である。
20211124_082345_copy_2268x3024
 





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1