👇は、私の畑の隣にある、大工さんの作業ハウスである。先日の朝、奥さんがやって来て、廃材を貰って欲しいと言ってきた。聞くと、旦那様が調子が悪くなり廃業するので、作業ハウスを整理すると言うことだった。
私は、二つ返事で喜んで頂くことにした。
20211126_073937_copy_3024x2268

👇の画像のように、柱の端材が、綺麗に保管されている。
20211126_073949_copy_2268x3024

👇は、入口奥に、垂木の端材が高く積み上げられている。
昔は、
現場で大工さんなどが仕事の前に何人かで、焚き火に当たりながら打ち合わせをしていた。今は、現場での焚き火は、出来なくなった。
20211126_073959_copy_2268x3024


👇は、入口右側に角材や垂木、板の端材が保管してある。
20211126_074015_copy_2268x3024



ずっと前には、作業ハウスの中で薪ストーブを焚いていたのを見かけたことはあるが、ここ10年位は見ていない。
20211126_074021_copy_2268x3024



👇は、私の秘密基地の薪材である。背の高さに3列重ねてある。1年分の薪材である。
20211126_074427_copy_2268x3024


毎回、ポツンと一軒屋のTVを見る。住人は、林業等をやっていたり、野菜の自給自足をしていたりすることが多い。
すると、決まって軒下などに、大量の薪が積み上がっていたりする。山からの湧き水を引いてお風呂にしたり、薪で焚いたりしている。
あの光景が、たまらなく好きである。
山奥に住むのは好きでは無いが、養老渓谷にすむ先輩の生活は、ポツンと一軒家の生活に似ていた。彼が元気な時は、年に2回は必ず遊びに行ったものだ。
20211126_074440_copy_2268x3024

今年は、薪集めが楽である。既に、2、3人の知り合いから薪の提供があった。
20211126_074443_copy_2268x3024




👇は、大先輩が生前に、隣の杉林と畑の間に建てた小屋である。2部屋あって、物置きと休憩所になっていた。現在は、私が畑と一緒に引き継いでいる。
20211126_080132_copy_2268x3024
 
👇は、物置小屋で、ここに大工さんに頂いた廃材を保管する事にした。
恐らく、部屋の半分ぐらいは、薪で埋まってしまうだろう。
20211126_080108_copy_2268x3024



もう1部屋は、籾殻とドラム缶を保管してある。籾殻は、燻炭用と温床資材に使っている。
20211126_080148_copy_2268x3024


内装が綺麗になっている部屋であった。
20211126_080158_copy_2268x3024


前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1