👇は、ミニビニールハウスで、秋ジャガイモを保管している画像である。
ハウス内の土をU字に掘って、下に厚目のビニールを敷いた。外からの水の浸入を防ぐためである。

土を30cm位の深さに掘って、ジャガイモの大きさ別に
ミカンネットに入れて、埋め込んである。上に土と馬糞堆肥を混ぜて被せ、更に籾殻を被せた。
20211208_085647_copy_2268x3024


ジャガイモの埋めてある底の温度は、11°Cである。ジャガイモの保存は、4.5℃ぐらいが理想であるが、氷点下にならなければ、凍みる事は無い。昨年度は、隣の野菜小屋に保管して置いたら、半分ぐらいが凍みてしまって、腐ってしまった。
20211208_085659_copy_2268x3024






👇は、野菜残渣槽である。
こちらには、土垂、生姜、蒟蒻、サツマイモをネット袋に入れて、底のほうに埋め込んである。
20211208_085733_copy_2268x3024


一番底のほうを測ったら、23°cから25°cぐらいまであった。これでは、芽が出てしまうのでの、野菜残渣を外に掘り出し、やり直すことにした。
20211208_085839_copy_2268x3024


『9℃以下で冷害を受け、10~15℃で休眠状態、16℃以上で発芽、発根を始め、温度が高いほど生育は良いが、35℃以上では生育が減退する。』記事元「日本いも類研究会」




👇が、掘り返した画像である。この中に、各ネット袋に入れて埋め込んである。
20211214_082016_copy_2268x3024



👇の画像の奥の袋は、取り出した籾殻が入っている。手前は、取り出した野菜残渣である。
20211214_081957_copy_2268x3024



中の野菜残渣ともみ殻を外に出して、1昼夜が経った。ようやく底の温度が、12°cに下がっていた。
この上に籾殻を投入して土を入れる予定である。
野菜残渣は、もう少し寒くなってから投入することにした。
今回の温度上昇の原因は、籾殻と一緒に馬糞堆肥を混ぜて入れたことで、馬糞堆肥が再発酵したのかも知れない。
20211214_081910_copy_2268x3024


根菜類の越冬最低温度
ジャガイモ  3.5℃~  参考元 

蒟蒻     5.0℃~  参考元
里芋     7.0℃~  参考元
生姜     11℃~  参考元
サツマイモ  11℃~  参考元


 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1