👇は、第2菜園のニラである。今年中にもう一回ぐらい収穫できそうな感じである。
20211209_075717_copy_2268x3024


👇は、飛鳥茜かぶである。小さめの時に収穫して、葉と根の部分を一緒に食べる大和野菜である。私の所では、大きく育ててラッキョウ酢や梅酢で、甘漬けにして食べている。
20211209_075758_copy_2268x3024


第1弾のミックスレタス野菜の畝の一角に直播したものである。まだ10本ぐらい残っている。
20211209_075802_copy_2268x3024



ミックス野菜は、レタスやハーフムーンレタス、ミックスレタスが少し残っている状態である。
20211209_075815_copy_2268x3024


👇は、のらぼう菜である。こちらも直播した。
20211209_075826_copy_2268x3024


👇は、な花である。こちらも同様に直播したものである。
20211209_075830_copy_2268x3024


👇は、ようやく収穫が始まったニンジンである。ニンジンは、マルチの1穴に2本残しで育てたが、問題なく大きく育った。ただ、馬糞堆肥をたっぷり撒いた後だったので、股根がたくさんでた。
20211209_075836_copy_2268x3024



👇は、唐辛子の畝である。2条作付けたので大変な量になった。会社の下請けで働いている中国人とフィリピン人の女性が、唐辛子が大好きだというので、すでに2,3回プレゼントしている。
20211209_075855_copy_2268x3024


👇は、タイ料理のトムヤンクンで使うというプリッキーヌである。小さい唐辛子でが、とても辛い。我が家では花壇に飾る花として扱っている。
20211209_075904_copy_2268x3024


👇は、沖縄島唐辛子である。いつもはとっくの昔に撤去していたが、今年はそのままにしていたら画像のように、プリッキーヌのように実がたくさん生った。しかし、時間切れで黄色いまま終わりそうである。沖縄ならこれから真っ赤に熟すだろう。私の所で作付けするには、もっと早い段階で苗にしないと、間に合わないことになる。
沖縄では、島唐辛子は泡盛に漬け込んで調味料にするようだ。コーレーグースと言って、定番の調味料のようだ。
20211209_075923_copy_2268x3024



20211209_075930_copy_2268x3024


👇は、すっかり葉が落ちてしまったハバネロである。これ以上は、生らして置くのは無理なようなので、全部収穫して片付けることにした。
20211209_075940_copy_2268x3024


熟すと真っ赤になるがオレンジ色で止まっている。
20211209_075947_copy_2268x3024


👇は、収穫したものである。青いものまで全部食べるというので、日本人女性にも辛いのが好きな人がいたので、混ぜて4等分して4人にプレゼントする予定である。中国人女性は、赤いのを2,3個生で、昼に食べたと上司のフィリピン女性が教えてくれた。から2さんの知り合いでは、キャロライナリーパーやブートジョロキアなどを、生で平気で食べる外国人がいると言っていた。あな恐ろしや。
IMG_20211211_133918




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1