👇は、第2畑の葉物を主体とした畝である。手前のビニトン栽培では、大和真菜の幼苗が植え付けてある。
20220104_111549_copy_2268x3024

1641034158498

12月19日に植え付けた。播種は11月に入ってからだったと思う。大きくなる前に、春が来てトウ立ちしてしまうリスクが、ありそうだ。
20220104_111701_copy_2268x3024


👇は、ソラマメの苗が余ってしまって、急遽空いていた場所で、春に予定の無い畝に定植した。畝幅も狭かったので、防寒用キャップを被せた。
20220104_111946_copy_2268x3024

キャップを外して、撮った画像である。小さいけれど、しっかり活着して育っているようだ。
20220104_112017_copy_2268x3024


👇は、第2弾のニンジンである。第1弾は、虫にやられてほとんど残っていない。今回は、直前に馬糞堆肥を撒いた後に、播種した。それが原因か、二股、三股のニンジンが、たくさん出来た。食べる分には何ら問題ないが、旨く発芽したので、若干悔しさが残った。
20220104_112107_copy_2268x3024


👇は、葉物野菜を中心に、定植した畝である。
20220104_112124_copy_2268x3024

👇は、な花である。蕾が出て、今が収穫時期となっている。
20220104_112129_copy_2268x3024


👇は、のらぼう菜である。カキナとも、言われている。花蕾や茎を食べる野菜である。
20220104_112136_copy_2268x3024

👇は、ミックスレタスとレタス、ハーフムーンレタス、サニーレタスを、作付けした畝である。ほとんど、収穫が終わっている。若干ハーフムーンレタスが残っている。
20220104_112153_copy_2268x3024



👇は、大和野菜の飛鳥あかね蕪である。紫色の大根や赤カブに、似ている。固定種なので、自家採種してある。甘酢漬けにして食べると、パリパリして美味しい。小さい時は、葉と一緒に漬物にするようである。
20220104_112218_copy_2268x3024


ダイコンのように、大きくなっている。葉は食べないが、太くても輪切りにして漬けると、とても美味しい。
20220104_112222_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1