👇は、キャベツの畦である。第1弾は、収穫が終わり現在は、第2弾の収穫となっている。しかしながら第2弾は、どういうわけか育ちかたに差が出てしまった。
20220105_075129_copy_2268x3024

👇は、大きめのサイズで収穫期を向かえている。
20220105_075300_copy_3024x2268

👇は、結球半ばである。
20220105_075335_copy_2268x3024

👇は、やっと結球を始めたばかりである。
20220105_075342_copy_2268x3024


不織布の上に防虫ネッ卜で、霜除けして育てていた。
20220105_075142_copy_2268x3024

➡越冬方法
『秋まきキャベツは、耐寒性の高い品種です。
ポリフィルムなどで、完全に防寒する必要はありません。美味しいキャベツを育てるには、ある程度寒さを経験させることが必要ですから、防虫ネットや不織布のトンネルで被覆してください。トンネルは支柱を1.2~1.5m間隔で挿し、その上から不織布や防虫ネットをかければOK。』


秋蒔きキャベツでは無く、四季蒔きキャベツだったので、耐寒性は未知数である。冷害が心配なので、更にビニールを掛けることにした。
20220105_075316_copy_2268x3024


👇が、ビニールを掛けた画像である。
20220105_080127_copy_2268x3024



➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1