👇は、我が家の花壇のメインひな壇である。
ひっそりとしていて花は見えない。
春をじっくりと待っているようである。
20220116_102845_copy_3024x2268


近づいてみると寒さの中でもひっそりと咲いている花もある。
👇は、寒さに強いパンジーの花である。
20220116_102901_copy_2268x3024

西洋サクラソウも、ちらりほらりと花芽をつけているものも見られる。
花が終わってから、種を同じプランターに落とさせて、芽が出たものを秋から育てた。
もう何年も種を繫いでいる。
20220116_102939_copy_2268x3024



👇は、椿である。
挿し木苗であるが、小さいながらも毎年たくさんの大きな花を咲かせて、楽しませてくれる。
20220116_102959_copy_2268x3024

👇は、秋から冬にかけてたくさんの花をつけて楽しませてくれた小菊である。切り取った株の根元から新芽を出した鉢もある。
20220116_103027_copy_2268x3024

👇は、メダカの入ったプラ舟である。赤いのは2年前に生まれたオランダ獅子頭である。何匹かメダカの大きさで放して置いたが、1匹だけ生き残って大きくなっている。
20220116_103043_copy_2268x3024

パンジーの下には、オキザリスの花がたくさん咲いている。オキザリスは、霜よけをしてやると冬の間でも葉が枯れる事は無い。
20220116_103104_copy_2268x3024


👇も、オキザリスである。冬の花の無い時に、たくさんの花を咲かせて、にぎやかにしてくれている。
20220116_103115_copy_2268x3024

👇、春先に綺麗な花をたくさん咲かせてくれる。毎日の防寒対策が結構大変な作業のようである。
20220116_103136_copy_2268x3024



👇に、1花だけ濃いピンク色の花が見えている。
20220116_103146_copy_2268x3024


👇の不織布は、毎日夕方になると、防寒のためにオキザリスの葉の上に掛け、朝になったら太陽の光を浴びせるために撮っている。
20220116_103155_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1