👇は、トマトの接ぎ木苗作りに使うものである。
チューブは、スーパーウィズ23㎜と20㎜を用意した。緩い時にクリップで抑える。竹ひごはダイソーで購入した。

IMG_20210306_105623


ダイソーで購入した安全カミソリ、切りやすいように刃を引き出した。
20210306_074029_copy_2268x3024


今回の接木苗 
◎プチぷよ  3株    台木TM-1 LS-89 
◎アンジェレ 3株    台木TM-2   ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒ³ã‚¬ãƒ¼ãƒ‰ã€€
◎フルティカ 6株    台木TM-2   ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒ³ã‚¬ãƒ¼ãƒ‰ã€€

👇の画像は、プチぷよを接木したものである。使用したチューブは、23㎜である。

20220321_125820_copy_2268x3024

大きなポットに植えてあるのは、穂木の「プチぷよ」である。台木は「LS-89」を使用した。
纏めて植えてあるのは、台木と太さの同じ苗を切り取って、接ぎ木するためである。
20220321_125849_copy_3024x2268


👇は、養生箱に接ぎ木苗を入れた画像である。養生箱の中には、水に湿らせた燻炭の入ったケースに、接ぎ木苗を置いた。これは、湿度をできるだけ上げるためである。
20220321_145212_copy_2268x3024


接木苗の養生は、10日間ぐらいを前半後半に分けて、湿度管理をする。
前半4~5日は、ビニールを締め切りで、湿度を100%近くで養生する。
後半4~5日は、ビニールを片側だけ2~3㎝ぐらい開けて、湿度を徐々に下げて行く。
20220321_145152_copy_2268x3024


ビニールを締め切って、ビニールに着く水滴で中の湿度が100%に近いことを確認する。
20220321_145307_copy_2268x3024



👇は、台木と穂木である。
トマトの穂木は、2種類必要である。TM-1とTM-2である。


2021年度 実施記録
◎アロイトマト      TM-1 LS-89 ※初代桃太郎はTM-1
◎トスカーナバイオレット TM-1 LS-89
◎プチぷよ        TM-1 LS-89
◎アンジェレ                       TM-1 LS-89  ※TM-2と両方接木する
                     ※昨年、両方とも相性は良かった。

◎ピッコラルージュ            TM-2 グリーンガード 
◎ピッコラカナリア         TM-2 グリーンガード
◎カプリエメラルド         TM-2 グリーンガード
◎ゼブラアマゾン             TM-2 グリーンガード
◎アンジェレ            TM-2 グリーンガード 


👇は、2021年度の参考画像
アロイトマトの接ぎ木した画像である。
切り口をぴったりと合わせるのは、慣れが必要である。
20210306_074432_copy_2268x3024


👇は、ピッコラカナリアである。 台木 グリーンガードF2 TM-2
20210306_075025_copy_2268x3024


☆腐敗と徒長を減らすための留意事項☆

①初期から出来るだけ多く光に当てる。
②軽くしおれる程度の湿度で管理すると傷口の融合が早い。➡難しい。
③養生床内に微風があると更に良い。➡難しい。
④水や温度を控えた硬く締まった苗で接木する。

◎接木後の管理

①養生  4~5日間(養生箱)
温度 25度~30度  湿度 70%~100%   遮光 0%

②順化  4~5日間(順化箱)順化箱はビニールを外して、湿度を下げる
温度 15度~25度   湿度 50%~70%   遮光 0%


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村