👇は、ミニハウスの内部の画像である。
現在、このハウスで3つの実験を行っている。一つは2年目のトマトのストレス栽培で、2つ目は玉ねぎの自家採種である。そして3つ目は、房成ミニキュウリのF2の栽培と自家採種である。

20220514_160653_copy_2268x3024


今年のトマトの水ストレス栽培は、初期の栽培は普通に水を与えて十分に木を育て、実を普通サイズに育ててから、徐々に水を切って行く栽培法を実践している。

👇は、フルティカF2である。木もしっかりと大きく育っている。
20220514_160725_copy_2268x3024

フルティカF2は、4株作っている。昨年、一番おいしかったのはフルティカであった。
20220514_160803_copy_2268x3024


👇は、乙女の涙である。2株作っている。今年は、発芽率が悪く、何度か蒔き直しをしたため、生育が遅くなっている。
20220514_160835_copy_2268x3024


👇は、今年初めて作ったミニトマトのピンキーである。生育が旺盛である。
20220514_160850_copy_2268x3024



既に実がついて、育っている。ピンキーは、プチぷよと同じに薄皮である。
20220514_160857_copy_2268x3024


👇は、プチぷよF2である。昨年は、実が小さくなってしまった。
20220514_160910_copy_2268x3024



👇は、ピッコラルージュである。ハウスの一番奥であるが、今年はしっかり水をやっているので、生長は順調である。
20220514_161004_copy_2268x3024




👇は、玉ねぎの自家採種を試みている画像である。品種は、固定種のノンクーラーである。
20220514_161038_copy_2268x3024


支柱を立てて、ネギ坊主が倒れないようにした。
20220514_161043_copy_2268x3024




👇は、どかなり千成のミニキュウリである。ユンボさんが自家採種した、F2の種を頂いて栽培している。目的は、自家採種してF3の種を採ることである。
20220514_161112_copy_2268x3024


キュウリの改良品種の推移は、地這いキュウリのように親蔓には雌花は咲かないで、子蔓、孫蔓に雌花が咲く品種が一番古く、次に節生りが出来て、親蔓の節に雌花が咲く品種が出回った。次にミニキュウリが改良され、節生りで何本も房生りする品種が出てきた。有名な品種がラリーノである。
そして、節生り、房生り品種は、雄花が咲かないのが特徴である。
20220514_161123_copy_2268x3024


キュウリは、気温が高くなってくると雌花が少なくなり、雄花ばかりが咲く性質がある。現在のように気温が低いと、👇の画像のように、雌花ばかりが咲いている。
20220514_161150_copy_2268x3024



👇は、今年のトウ立ちした超極早生のスーパー春一番である。根を痛めないように、土ごとそっくりと掘り起こして鉢栽培している。何本かトウ立ちしたものを鉢植えしたが、ほとんど活着せず枯れてしまった。この1本だけうまく活着して、花を咲かせようとしている。
20220514_161214_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

にほんブログ村