👇は、ナスとピーマンの棚である。暴風対策を兼ねて、合掌作りにした。
20220531_082745_copy_2268x3024

👇は、千両二号である。私は、カルガナスだけで良いが、カミさんが普通のナスも食べたいというので、半々に作付けした。
20220531_082753_copy_2268x3024

👇が、緑のナスのカルガナスである。今年は、接ぎ木苗が遅かったので、実生苗を植えた。おそらく半身萎凋病にやられてしまうので、梅雨頃には接ぎ木苗を植えて、秋ナス用にしようと計画している。
20220531_082802_copy_2268x3024


👇は、とんがりパワーのピーマンである。4株植えてある。トンガイパワーは、とても丈夫で霜が降りる頃までたくさんの実を着ける。
20220531_082814_copy_2268x3024



👇は、南側からナス棚の全体を撮った画像である。
20220531_082826_copy_2268x3024




👇は、隣にあるネギの畝である。
20220531_083042_copy_2268x3024


現在収穫中の足長美人である。この時期は、ネギの消費量は少ない。
20220531_083049_copy_2268x3024


👇の画像の右側は、秋から冬用の足長美人である。
昨年は、この時期から軟腐病やネギコガやネギアザミウマ、ハスモンヨトウなどに食害されて散々な目に合った。今年は、黒いアブラムシが着いていたので、殺虫消毒をした。
20220531_083055_copy_2268x3024



👇は、温床でポット蒔きして置いた下仁田ネギである。苗が育っていなかったので、適当に移植して大きくなってから、改めて植え付けようと予定している。
20220531_083105_copy_2268x3024

👇は、下仁田ネギの自家採種が終わったものである。親木から分げつした苗である。
20220531_083124_copy_2268x3024

👇も種採りが終わった親木から新しい芽が分げつしたものである。
20220531_083130_copy_2268x3024

1本ネギは、トウ立ちしても分げつして子孫を残す。
20220531_083144_copy_2268x3024

親木を抜いて、分げつしたネギを植えかえれば、苗から育てるよりも早く収穫できそうだ。
20220531_083201_copy_2268x3024


👇の画像のように、すっかり枯れてしまった株もある。
20220531_083230_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ