👇は、半日陰の第4菜園である。毎年、サトイモは良く育っている。
この畑は、三方を建物と山に囲まれているので、台風が来てもまったく影響を受けない環境である。水さえやっていれば、サトイモはどんなに日照りの夏でも、容易に乗り越えられる。

👇は、セレベスである。親芋を種芋に使っているで、すでに花が咲いている。
 20220726_091805_copy_1512x2016





👇は、食用に残して置いた「まる八芋」の1本を越冬させ、定植したら、6,7芽出ていたので、6等分して植え直した。
その時芽も根もしっかり出ていたので、容易に活着して、6株とも元気に生長している。
20220726_091820_copy_1512x2016





➡過去記事 2022年06月06日 

👇が、掘り出した画像である。芽が6,7本出ている。根もしっかり出ているので丁度良い。
20220604_143620_copy_1512x2016


全部で6株に切り分けた。
切り分けて植えるのは、初めての試みである。サトイモは丈夫なので大丈夫だろう。
20220604_143735_copy_2268x3024
 


👇は、土垂である。我が家は土垂が人気なので、今年は2畝作付けした。
子芋と親芋を種芋に使った畝を、別々に作った。
昨年、親芋を種芋に使った株を1芽残しにして、施肥と追肥をしっかりやった。
そうしたら大きな子芋、孫芋がたくさん出来た。
大きな芽が3芽ぐらいできたものを育てたら、子芋、孫芋が少ししかできなかった。
20220726_091836_copy_1512x2016



👇は、大生姜を2畝作っているが、自家産種芋の右側は、ほとんど腐ってしまった。購入種の左側はかろうじて4,5株出ているが、まったくの不作である。今年はこの時点で、不作決定である。
20220726_091846_copy_1512x2016



👇は、こんにゃくである。
今年は、3年生も2個ほど植えたので、大きなこんにゃく玉が出来そうな予感である。
20220726_091905_copy_1512x2016


👇は、2年生である。
大きなものは食べて、残りは3年生で種芋に使い大玉を狙う。
20220726_091940_copy_1512x2016


👇は、花オクラである。
昨年も、おのればえで発芽したものを育てて、花を咲かした。
その種が零れて、今年も何株か発芽している。
20220726_091957_copy_1512x2016


👇は、セレベスの残り芋を、空いた畝に定植した。
我が家では、セレベスはあまり人気が無いので、たくさん余ってしまった。
20220726_092040_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ