ナスの畝が乾いていたので、水やりをする前にいくつか収穫をした。
前回は、二日前に収穫したので、カルガナスは大きくなっていた。

20220810_111922_copy_1512x2016


👇は、カルガナスである。下の葉も大きく育ってきて、勢いがついている。
この時期は気温が高いので、半身萎凋病もまったく活動していない。
仕立て方は、1本の支柱に垂直仕立て栽培を行っている。
これからの時期は、台風による暴風対策等が必須であり、この仕立て方は風にはめっぽう強い。
20220810_111932_copy_1512x2016


👇は、千両二号である。
カルガナスに比べて、葉の大きさが小さく茎の太さが細い。
しかし、生っているナスの本数は多い。
20220810_111946_copy_1512x2016


👇は、右側の絹さやの後作に新たにバナナペッパーの苗を定植した。
第1弾が調子が悪くて1,2本しか生き残っていない。
下の画像でもわかるように、葉が水不足で萎れかかっている。
20220810_111953_copy_1512x2016


👇は、ナスの台木の赤茄子である。
固定種なので自家採種することにした。
3年続きでトリバムビガーを台木にしてきたが、今年は温床の不具合で苗を枯らしてしまって、接ぎ木がうまく行かなかった。
赤茄子は、種の大きさが穂木のナスと同じぐらイなので、太さを合わせるのが簡単である。
20220810_112039_copy_1512x2016


👇は、赤茄子の畝である。
20220810_112045_copy_1512x2016


👇は、第3菜園の全体画像である。
この畑は、昨秋に一度耕しただけで、後は不耕起栽培で行っている。
左側の棚は、インゲンで右側は絹さやの棚である。
その前は、白菜やキャベツ、ミックスレタス等を作っていた。
20220810_112059_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村