のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

家庭菜園で沢山の美味しい野菜を作っています。また秘密基地を作って、にわとりを飼ったり、金魚やメダカを育てています。田舎風の暮らしを楽しんでいます。

👇は、唐辛子の畝の画像である。
20220826_151728_copy_1512x2016


👇は、鷹の爪である。鷹の爪の辛さぐらいまでなら、何とか利用できそうである。
毎年一味唐辛子にして、調味料として使っている。
20220826_151914_copy_1512x2016


👇は、日光唐辛子である。
日本の唐辛子の中ではそんなに辛く無く、香りも良いので一番好きな唐辛子である。
20220826_151959_copy_1512x2016

👇は、日本産の唐辛子で最も辛いと言われている、黄金唐辛子である。
種は、たまきちゃんから頂たものである。黄色い唐辛子は、珍しい。
『黄金唐辛子(オウゴン)は、鷹の爪(赤唐辛子)の10倍の辛味成分を持つ日本一辛い唐辛子。 江戸中期より書物に登場しており、歴史あるメイド・イン・ジャパンの激辛唐辛子。』という事である。
20220826_152206_copy_1512x2016


👇は、ハバネロである。今年は粉に挽かないで、そのままの形で干して保管する。
昨年、粉にした時に不織布のマスクを二重にしたが、匂いを嗅いだだけで鼻水とくしゃみが出て止まらなかった。それで懲りた。
20220826_152356_copy_1512x2016


今年は、アルバイトをやめてしまったので、貰い手がいない。
勤めていた会社の下請けの中国とフィリピンの女史が喜ぶので、プレゼントしていた。
中国人女性は、昼に2個ぐらい生でバリバリ食べてしまう。脅威だ。
20220826_152411_copy_2016x1512


👇は、1株だけ作っている沖縄島唐辛子である。こちらも非常に辛い。
沖縄では、泡盛に漬けて調味料として料理に使っているという。
20220826_152443_copy_1512x2016


👇は、トリガーである。タイ原産の激辛唐辛子
『美しさに反比例して激辛です。』とある。➡から2さんの記事へ
20220826_152452_copy_1512x2016


👇は、タイのトムヤムクンに使われるプリッキーヌという結構辛い唐辛子である。
我が家では、花壇の鑑賞用に育てている。
真っ赤に色づいたら、相方の花壇に飾ってもらっている。
20220826_155018_copy_1512x2016


👇の3鉢が、家の花壇用の鉢植えである。
20220826_155022_copy_1512x2016

👇は、あまり辛くないというフルーティーなブラジルの唐辛子である。名前は、
ビッキーニョである。ピクルスなどにして食べるようだ。
20220726_140047_copy_1512x2016

👇は、玉ねぎネットに入れて、ミニハウスで天日干ししている。
20220827_151415_copy_1512x2016

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット
顔
星

↑このページのトップヘ