台風が来る前に、植え付けた白菜の苗である。
品種は、60日白菜、70日白菜、90日白菜(雪風)である。
011

👇は、台風が去った後の白菜畝の画像である。
20220920_150154_copy_2268x3024


👇は、続きを植え付けようと思った畝である。
雨が断続的に降っていたので、植え付ける隙は無かった。
20220920_150210_copy_2268x3024


👇は、2年連続で結球させられなかった、120日白菜の晩輝の苗である。
今年は、早生も超晩生種も一緒に種を蒔いて、苗作りをした。
20220920_150042_copy_2268x3024


👇は、大根の畝である。3品種播種してある。青首大根(一畝)と煮大根用の関白SP大根(半畝)は大きく育っている。
第1回目の間引きは、すでに済んでいる。次の間引きのために、1,2本立ちにしてある。
先日(9月16日)
残りの半畝分に、冬大根の冬みねを播種していたのが、綺麗に発芽していた。
20220920_150241_copy_2268x3024


こちらの大根も、間引き菜を食べるために3,4粒ずつ蒔いて置いた。
20220920_150252_copy_2268x3024


👇は、超超極早生と超極早生玉ねぎの幼苗の生長画像である。
20220920_150426_copy_2268x3024


👇は、超超極早生の「篠原早生白玉葱」の追加蒔きした苗の一部である。
ブロ友さんが自家採種した種を蒔いたが、初めての自家採種だったので種の成熟状態が思わしくなかったためか、発芽率が良くなかった。そのため、予備に残して置いた種を追加蒔きした。
20220920_150438_copy_3024x2268

👇も同様である。第一回目の播種した畝で、芽が出てないところに追加蒔きした。
20220920_150449_copy_3024x2268


👇の2条も、同じく追加蒔きした画像である。一回目よりも倍の量を厚蒔きした。
1,2回合わせて800粒ぐらい種を蒔いたので、100本ぐらいの苗が採れそうである。
20220920_150500_copy_2268x3024


👇は、超極早生の春一番である。こちらは、昨年と同じぐらいの発芽である。昨年は、後半に害虫に汁を吸われた感じで、先のほうがヨレヨレになったので、今年は定期的に殺虫消毒をしている。
20220920_150512_copy_3024x2268



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村