👇は、超極早生玉ねぎの篠原早生白玉葱、春一番の畝である。
今回は、10月30日にビニトンを掛けた。

20221028_102009_copy_1512x2016


まだ、ビニトンを掛けるほどの寒さではないが、朝方に急に冷え込むこともあるので、早めにビニトン栽培に切り替えた。
中が蒸れないように、何か所かに棒を刺して、裾を開けてある。
20221030_094732_copy_1512x2016



大風が吹いても大丈夫なように、ビニトンの上から海苔網を使って押さえている。
20221030_095107_copy_1512x2016



海苔網が、ビニトンの幅よりもやや狭いので、今回はマイカ線を両端に通して、何か所かをピンでとめてある。
20221030_095118_copy_1512x2016


ここからは、昨年度まる八さんが篠原早生白玉葱を、12月29日に初収穫した栽培の記録から画像をお借りしたものである。
自分の植えた苗が、どのくらいの生育状況かを比較するためである。

👇は、昨年のまる八さんの11月7日の篠原早生白玉葱の画像である。
1107




そして、👇は、まる八さんの篠原早生白玉葱の11月28日の画像。
1128-2

すでに玉が膨らんでいる。
1128


👇は、まる八さんの現在の篠原早生玉ねぎの画像である。
『今年の8月17日に自家採種を直蒔きして、唯一生き残った篠原早生白玉ねぎ(f2)。』

まる八さん画像 2022年10月30日
1107


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ