👇は、自家産苗のノンクーラーである。ここ2年続きで苗作りに失敗していた。
今年は、順調に生育して十分な大きさに育った。
種は、9月16日に播種してある。定植は11月14日であった。160本ぐらい植えた。
活着して元気に育っているようだ。

20221128_145140_copy_2268x3024


👇は、ノンクーラー160本、泉州黄玉葱130本、ネオアース100本を植えた全体画像である。
20221128_145152_copy_2268x3024


👇は、泉州黄玉葱の畝である。こちらもまあまあの苗の大きさに育った。
20221128_145225_copy_2268x3024


👇は、購入苗のネオアースである。
苗はとても細い苗だった。何とか活着して、新葉が伸びてきたようだ。
20221128_145243_copy_2268x3024

ここ2年ぐらい中晩生種は、収穫してから9月から10月ぐらいに芽が出てしまったり、腐ったりしてしまっている。
原因は、苗作りに失敗して細くて小さい苗を植えたために、越冬で体力を使ってしまうのか、春先に小さい球なので、化成肥料で少しでも大きくしようと3月まで追肥したことで、窒素切れが出来ていなかったのではないかと思っている。

なので今年は、現在も中晩生の吊り玉ねぎがたくさん保存できているブロ友さんの、玉を締める作業を参考にしようと思っている。

👇は、ブロ友さんの青パパイヤさんのコメントの転載である。

球を締める作業

・消石灰をバケツの3分の一位入れる。
・水を一杯いれて良くかき回す。
・1日置いて、上澄み液を300倍に薄めてじょうろで掛ける。
・収獲の1ヶ月から2か月前までに2回かける。
・2回目は有機カキガラ石灰になるかも
今年結果が良かったので、来年の中晩生種の収穫時にも、根っこを切り落としたら消石灰を塗布します。


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村