👇の画像は、3年前のものである。
ブドウハウスの前に、花壇があった。その花壇に、白のモッコウバラのアーチを拵えた。
チューリップや水仙、牡丹やシャクヤクも何種類か咲いていた。
無題311111111


蜜柑やブルーベリーが大きく育つにつれて、牡丹やシャクヤク、ユリやアイリスの花は、段々枯れて行った。
花壇の花がだんだん少なくなり、反対に蜜柑やブルーベリーが幅を利かすようになって行った。
生き残ったモッコウバラのアーチだけが、ミカンの木の日照を遮るようになった。 
そこで、今回はモッコウバラを剪定して、鉢植えにすることにした。

👇は、モッコウバラを1mぐらいの高さで切った画像である。
20221229_101026_copy_2268x3024


モッコウバラの上の部分が片付いて、アーチ支柱が残った。
20221229_105659_copy_2268x3024


👇は、残したモッコウバラである。
20221229_130142_copy_2268x3024




👇は、反対側に植えてあったものである。
20221229_101035_copy_2268x3024



この場所には、牡丹の木や水仙の花、チューリップの花がたくさん植わってあった。
しかし、蜜柑の木もモッコウバラも大きくなって、小さな花たちはだんだん消えて行った。
20221229_141440_copy_3024x2268





➡バラの植え替え時期は?
『 
植え替えは、バラの休眠期の12〜2月に行いましょう。』
20221230_092611_copy_2268x3024

『太い根を残し、細い根を取り除いておくと、春に新しい根毛が出やすくなります。』
20221230_093343_copy_2268x3024


👇は、もう一本の木である。
20221230_095819_copy_2268x3024


鉢に植え替えたモッコウバラは、春までブドウハウスで養生させることにした。
20221230_101216_copy_2268x3024



2本の蜜柑の木だけの場所となった。
20221230_101301_copy_3024x2268


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ