👇は、ブドウハウスにある温床である。
20230202_085323_copy_1512x2016




👇は、Bブロックである。ナス科とサツマイモの芽出しを行っている。
温床の内部温度は、74.2℃になっている。ほぼ頂点の温度である。
20230202_084926_copy_1512x2016


主な果菜類の発芽適温と育苗温度

3gatuhaname



トマトの発芽温度の適温は25℃~30℃と言われている。
適温なら1週間ぐらいで発芽するようであるが、温床ではポット苗の温度が10℃~25℃ぐらいと幅があり、平均で15℃ぐらいなので、10日以上か掛かっている。
20230202_084946_copy_1512x2016



👇は、発芽が始まったミニトマトである。
例年は、発根させてからポットに植え付けていたが、今年は直接ポット蒔きして、発芽させている。
20230202_084955_copy_1512x2016



👇は、唐辛子とナスの画像である。ナスの発芽適温は、25℃~35℃である。
平均が15℃ぐらいの低温だと、発芽には2週間以上は掛かりそうである。
20230202_085016_copy_1512x2016


ネギの発芽適温は、15℃~30℃なので、こちらも時間が掛かりそうである。
20230202_085036_copy_1512x2016


👇は、スイカの種も撒いてある。
スイカの発芽適温は、25℃~30℃と高いので、こちらも発芽までには2、3週間かかるかもしれない。

20230202_085107_copy_1512x2016


👇は、サツマイモの芽出しをしている画像である。
サツマイモの発芽適温は、25℃~30℃と結構高い温度である。
20230202_085130_copy_1512x2016


👇は、タッパ内の土の温度を測ったものである。25℃ぐらいである。
20230202_085137_copy_1512x2016


👇の白ポットに、どかなり千成F3の種を植えた。
暮れに、発芽実験し越冬させていたものは、途中で生長が止まり、葉が萎れてしまったので廃棄した。ユンボさんの経験だと、今頃の播種では移植が3月頃で、4月から収穫が出来たそうである。
栽培は、ハウス内でトンネル栽培する必要がありそうだ。
ミニハウスで栽培する予定である。
以前、島唐辛子を越冬させて、種を採種したことがある。この時は、ハウス内で二重のビニトン栽培であった。
20230202_091720_copy_2016x1512



ポット内の温度を測ったら22.5℃であった。ちょうど良い温度である。
20230202_091805_copy_1512x2016



👇は、芋類の越冬をさせている野菜残渣槽である。
紅はるかを掘り出して、芽出しを計画している。
20230202_103845_copy_1512x2016


『さつまいもの 9℃以下で冷害を受け、10~15℃で休眠状態、16℃以上で発芽、発根を始める。』とある。
寒波のあった時期も、残差槽の底の温度は10℃を下回らなかった。
20230202_101521_copy_1512x2016_1


4本とも、冷害は受けてなかったようである。
20230202_101932_copy_1512x2016_1


1本からは芽が3つ出ていた。
11月頃に埋めたが、そのころは16℃以上になっていた。
20230202_101950_copy_1512x2016_1


👇は、温床で芽出しをやるために、タッパに土を入れて水を掛け湿度を高くした。
土内の温度を、25℃前後に調整する予定である。
20230202_103620_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村